新生日本情報局

日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。

12月13日(水)のつぶやき その8

2017-12-14 06:02:53 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月13日(水)のつぶやき その7

2017-12-14 06:02:52 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月13日(水)のつぶやき その6

2017-12-14 06:02:51 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月13日(水)のつぶやき その5

2017-12-14 06:02:50 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月13日(水)のつぶやき その4

2017-12-14 06:02:49 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月13日(水)のつぶやき その3

2017-12-14 06:02:48 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月13日(水)のつぶやき その2

2017-12-14 06:02:47 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月13日(水)のつぶやき その1

2017-12-14 06:02:46 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝鮮半島情勢は周辺諸国も臨戦態勢で平昌五輪の観戦のために韓国を訪れるのは得策ではない!!

2017-12-14 00:00:00 | 報道/ニュース
朝鮮半島情勢は、正に正念場を迎えています。

12月13日12時45分に産経ニュースが「【北朝鮮情勢】菅義偉官房長官「北朝鮮政策に変わりはない」 ティラーソン米国務長官の「前提条件なしの対話」発言に対し」の題で次のように伝えました。

『菅義偉官房長官は13日午前の記者会見で、ティラーソン米国務長官が講演で核・ミサイル開発を進める北朝鮮と「前提条件なしで最初の会議を開く用意がある」と述べたことについて「日米首脳間の考え方は百パーセント一致している。先ほど、ホワイトハウスも大統領の北朝鮮に関する考えに変更はないと発表した」と説明した。

その上で「米国と緊密に連携しながら、北朝鮮に政策を変えさせるために、あらゆる手段を通じて圧力を最大限まで高める政策に変わりはない」と強調した。』

菅官房長官は、日米両国は正に連携して対応する、という「強固な関係」を強調した訳です。

一方、12月12日にzakzak by 夕刊フジが「平昌五輪開催ピンチ、米国「不参加」検討ウラに韓国の信頼喪失 正恩氏“聖地巡礼”は戦争覚悟の表れ」の題で次のように朝鮮半島情勢や平昌五輪について警告しています。

『北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が「異例の行動」に踏み切った。同国の「聖地」である白頭山(ペクトゥサン、標高2744メートル)に登頂したのだ。朝鮮半島の軍事的緊張が高まるなか、何か行動を起こすつもりなのか。欧米諸国の中には、韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪への参加に懸念を示す声も出始めた。ジャーナリストの加賀孝英氏が最新情報に迫った。

私は前回(11月27日掲載)の当欄で、旧知の米情報当局関係者の以下のような話を伝えた。
 「米本土を攻撃できる北朝鮮のICBM(大陸間弾道ミサイル)『火星14』の開発が、年内にもほぼ完成する。米国には時間がない」

 この2日後、北朝鮮は高い軌道で打ち上げるロフテッド軌道で日本海にICBMを落下させた。「火星14」を進化させた「火星15」で、通常軌道なら飛距離は1万3000キロに達し、米全土が射程に入った。

 この米情報当局関係者は先週末、「正恩氏の『異例の行動』は見逃せない。平昌五輪(来年2月開幕)は厳しくなってきた」と語った。

 北朝鮮の国営メディア「朝鮮中央通信」は9日、次のように報じた。
 《正恩氏が(中国との国境にある北朝鮮最高峰の)白頭山に登頂し、『国家核戦力完成の歴史的大業』を輝かしく実現してきた激動の日々を感慨深く振り返った》

 歴史的大業とは、核弾頭の量産化と、前出の「火星15」のことだ。
 白頭山は、正恩氏の祖父で「建国の父」である金日成(キム・イルソン)主席の抗日活動の拠点で「革命聖地」とみなされている。

正恩氏が突然、ここを訪れた意味は何か。米軍関係者が「正恩氏のそばにいる協力者」から得た情報は、こうだ。
 「正恩氏は聖地で、朝鮮戦争を戦った祖父に、第2次朝鮮戦争開始の覚悟を告げ、勝利を神頼みした。今月17日は父、金正日(キム・ジョンイル)総書記の命日だ。日本海の北部か太平洋上で、核実験(=水爆の可能性も)を強行するつもりではないか。最大限の警戒が必要だ」

 さらに、こんな情報がある。複数の米韓情報当局から入手したものだ。
 「正恩氏は水面下で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に対し、『米韓合同軍事演習(ビジラント・エース、4~8日)を中止しろ。そうすれば平昌五輪に参加する』と取引を持ちかけていた。それが失敗し、激怒している。平昌五輪をターゲットにしたテロを起こす可能性がある」

 ニッキー・ヘイリー米国連大使は6日、FOXニュースのインタビューで、平昌五輪への米国選手団の参加について「未確定だ」「米国市民をどう保護するかに関する問題だ」と発言した。

 韓国の猛抗議を受けて、ホワイトハウスは7日、「米国は五輪参加を心待ちにしている」と表明したが、選手団や観客の生命と安全を考え、不参加の検討は止めていない。フランスやオーストリア、ドイツなども、選手団派遣の是非について検討に入っている。

 米韓間の信頼喪失も影響している。

ドナルド・トランプ政権は「文政権=従北・親中・反米・反日」と判断し、嫌悪していて、「必要以上の機密情報を流さないようにした」(米軍関係者)とされる。
 韓国は果たして、現状を理解しているのか。

 韓国国会の丁世均(チョン・セギュン)議長は今年6月に来日した際、平昌五輪に来る日本人が少なければ、「(2020年)東京五輪には、1人の韓国人も行かせない」と恫喝したという。ふざけるな、だ。

 日本も、欧米諸国と同様、選手団や観客の生命と安全を、何よりも第一に考えるべきだ。

 ■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍し、数々のスクープで知られている。』

引用記事の言葉通り、『平昌五輪に来る日本人が少なければ、「(2020年)東京五輪には、1人の韓国人も行かせない」』なら、韓国さん、どうぞご自由に。
無理をして来て頂かなくても結構。
なにしろ、韓国の文在寅大統領率いる韓国政府は、日本や米国ですら「文政権=従北・親中・反米・反日」と見做されているのですからねえ。

こんな危険極まりない朝鮮半島情勢に対して、既に日米両国など周辺諸国も臨戦態勢です!!

平昌五輪の観戦のために韓国を訪れるのは得策ではない!!
ぼったくりの高額チケットなど惜しいとは思わないで!!
命には換えられない!!



舞鶴港に停泊した大型DDH「ひゅうが」
出典:防衛省・海上自衛隊ツイッター

朝鮮半島有事などの際には、海上自衛隊の大型DDH「ひゅうが」などの出撃が既に想定されています。


在韓米国人の避難訓練の様子
出典:時事ニュース報道局ツイッター

これが訓練ではなくなる日も近い!?


下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお
願い申し上げます。



朝鮮半島情勢は既に日米両国など周辺諸国も臨戦態勢です!!

平昌五輪の観戦のために韓国を訪れるのは得策ではない!!
ぼったくりの高額チケットなど惜しいとは思わないで!!
命には換えられない!!



と思う方は以下をクリック!!

防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

有料記事では、あなたが知らないと損をする、報道されない国内外情勢や政治、軍事、外交、経済、技術などの深層や戦略などを、丁寧にお伝えします。

有料記事掲載サイト:以下リンク先→
新生日本情報局 ※(有料記事サイト)1ヶ月1000円で期間中は有料記事が読み放題、見放題で定期購読ができます。

定期購読の方法については、以下リンク先→
※(ヘルプ欄)課金記事を読む 有料の記事を読むには?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加