一般社団法人 新潟県言語聴覚士会

新潟県言語聴覚士会は、コミュニケーションの面から豊かな生活が送れるよう、ことばや聴こえに問題をもつ方とご家族を支援します

すこやか・ともしびまつり2017

2017-10-09 12:10:42 | 日記

 言語聴覚週間の取り組みも兼ねて、9月16、17日長岡市で開催された福祉と健康の祭典「すこやか・ともしびまつり2017」にブース出展し、市民に向け言語聴覚士の仕事や役割を大いにアピールしました。台風18号の接近という悪条件の中、県士会ブースには子供から高齢者まで両日で300人近くが訪れ、コミュニケーションや食支援の相談コーナー、脳トレ、お口の健康チェック体験など大盛況でした。

 「言語聴覚士を初めて知った」という方が多く、まだまだ知名度が低い職種だなと感じる一方「パンを喉に詰まらせそうになった。どうしたら良いか?」など実体験の相談もあり、私たち言語聴覚士をより身近な存在と感じてもらうためには、医療や介護だけでなく生活や健康に焦点を当てたアピールをしていく必要を感じました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吃音の臨床~幼児期から成人... | トップ | 一般社団法人新潟県言語聴覚... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。