gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

背骨矯正とカイロプラクティック

2015-10-31 04:38:48 | 日記


今でもテストする場所を探すことで苦労している」と述べた。

その上で「実際に自動運転を導入する準備ができている国があるとすれば、それは日本だと思う。

信頼できる技術、デバイスが揃い、市街地での自動走行が可能になるのが2020年。

従って20年には私達は準備ができているということ。

ゴーンCEOは「私たちの仕事はまず技術を揃えるということ。

なぜなら日本では公道での自動運転のテストが可能だからだ。

ただそれを量販できるかどうかというのはやはり誰が何を決めるかによる。

欧州では公道でのテストはできない。

量販できるか否かは行政次第になる」と指摘。


東洋ゴム工業が、性能を偽装していた免震ゴムへの対応などのため、100億円超の特別損失を2015年12月期連結決算に追加で計上する見通しとなった。

15年12月期の業績予想の下方修正は3度目。

特別損失の内訳は、免震ゴムの交換に伴う建物所有者への補償や代替品の生産費用が70億円程度で、自動車部品の価格カルテルを巡り、顧客の自動車メーカーに支払う和解金42億円も計上する。

ただ、主力のタイヤ事業は好調で、120億円を見込む税引き後利益は目減りはするが、黒字は確保できる見通しだ。









この記事をはてなブックマークに追加