惑星ひきこもり通信

ひきこもっている人の、とある1日です。
ツイッターアカウント @kourin_kouhaku

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4月23日 何を求めて

2017年04月23日 23時10分52秒 | 日記
午前中にジョギングをしようといつもの公園に行ったら、今日は草野球やそれ以外のイベントで沢山の人がいました。
公園内の通路は人の往来が頻繁に有るので、キャッチボールなどの練習は危険だという事でルールによって禁じられているのですが、通路をふさいでキャッチボールどころか金属バットの素振りまでやっている人達がいました。
最低限のルールも把握できない草野球の集団にイライラしつつ、なるべく人がいない方のコースを選び5㎞を走りました。
午後は特に当ても無く自転車で街中をウロウロしたりして、夕方に疲れて家に帰ってきて2時間ほど寝ました。



特にここ1週間は落ち着きが無くてソワソワしています。
ゲームにも集中できないというか、ゲームをやろうという気力が湧いてきません。
変わりたいけど変われない、新しいことを始めたいのだけれどうまくはいかない、過渡期特有のモヤモヤしたものが頭の中を渦巻いていて、今まで楽しかったことが楽しめなくなっているのかもしれません。
その代わり音楽はよく聞いています。
図書館やツタヤで洋楽ロックのCDを次々に借りてきています。
ゲームだと映像、音楽、文章を把握して自分で操作するわけでかなりの情報量です。
今の僕のモヤモヤした頭の状態には情報過多で、やや重い感じです。
その点音楽、とりわけ洋楽だと英語の歌詞など分かりませんし、すんなりと頭の中に入ってくるのが良いです。
今はオアシス、ブラー、レディオヘッド、ベックなどを聴いています。

少し前にこのブログでNHKの「ニッポンの教養」という過去に放送されていた番組について触れました。
斉藤環先生の回以外で、あの番組で僕が印象的だったのは哲学者である東京大学の野矢茂樹教授の「心とは何か」の回です。
ちなみにその番組の中では、情報とか性質とか言葉や数字で表されるもの以外の全部が心と言えるのではないか、という結論でした。
あくまでも僕なりの解釈です。
爆笑問題と野矢教授のやり取りで、自分を表現するのも他人を理解するのも難しいけど、普段はバラバラの人達が何かをきっかけとしてひとつになる奇跡の瞬間があってその動きが面白い、というのがありました。
結局、僕がブログを書いているのも、デイケアに通っているのもそれで全部説明がつくのかなと思います。
ブログをいくら書いても一銭も儲からないし、デイケアに至っては自分でお金を払って参加しているわけです。
誰かとつながる事ができた、理解してもらえた、そんな瞬間を求める日々です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月22日 どうしたら良いのか... | トップ | 4月24日 進んではいるんだが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。