惑星ひきこもり通信

ひきこもっている人の、とある1日です。
ツイッターアカウント @kourin_kouhaku

3月20日 おはぎ、と思いきやぼた餅

2017年03月20日 22時55分17秒 | 日記
今日は暖かかったです。
午後に出掛けようと玄関から一歩外に出た瞬間に、ウインドブレイカーはいらないな、と思い、それを脱ぐために家の中に引き返しました。
自転車で近所を散策したついでに、靴下などの生活必需品を買いました。



ふと思い出したのですが、今月にデイケアを始めた時もそうだし、4年前に就労支援施設に通いだした時もそうなのですが、同じことで、軽くなんですが不安になります。
それは、デイケアとか就労支援施設に、もし昔の同級生が在籍していたらどうしよう、ということです。
結論からいうと、そんなことはなかったし、考えすぎなのですが、もし、そうなったらばということを想像すると不安だし怖いです。

仮定の話ですが、その場合は何を話したらよいのでしょうか。
そこに至るまでの経緯とかをお互いに話すのでしょうか。
僕はそんな事は話したくないし、向こうも聞かれたくないかもしれません。
相当に気まずいことになるのかもしれません。

昔の同級生で、今もひきこもっている人はどれほどいるのでしょうか。
そんな人はいない、とも思えません。
ひきこもりの人達の実数の把握は難しいようですが、一説には全国で100万人ぐらいではないのか、という意見もあります。
だとすると、昔の同級生や顔見知りでひきこもっている人は結構な数で存在しているんじゃないか、と思っています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月19日 よく歩くので、靴下... | トップ | 3月21日 出掛けられないと憂... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。