惑星ひきこもり通信

ひきこもっている人の、とある1日です。
ツイッターアカウント @kourin_kouhaku

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひとりはつらいよ

2017年02月08日 22時37分41秒 | 日記
今日は寒さがいくぶん弱かったです。いつも通りジョギングに行ってきましたが、風が無いというだけで助かります。
1日に5km走ることを目標にしていますが、今のコースだとおそらく5kmとちょっとあるはずです。
ジョギングが終わり、家に帰ってきてひと休みしていると疲れて眠くなります。

昨日の夜にツイッターをいじっていたら、20代女性でひきこもりの方のアカウントを偶然に見つけました。
その方のタイムラインをさかのぼると、孤立感や寂しさなどが書かれていて、同じひきこもりとして共感できる内容でした。

それで、自分がひきこもりで一番寂しいと思う瞬間っていつだろうと考えました。
僕は、面白いものを見つけてもそれを「こんなすごいものがあるんだよ」と伝える相手がいない時に、ああ寂しいな、と思います。
ゲームとか本とか映画とか、素晴らしい作品を見つけても共有できる人がいないと寂しいし、つらいです。
ただ、別にひきこもっていなくても、自分の趣味をわかってくれる人が周りにいないと同じような状況になることはあるでしょう。幸いネットがあると、そういう思いもある程度は解消されます。
自分の趣味趣向を理解してもらえなくても、「自分はこれが好きで、これを面白いと思っている人間なんだ」、と周囲に伝わるだけでそこそこ満足は出来るはずです。

面白いものを見つけた時、思いついた時って「やった!」と思うし、それは幸せな瞬間ですが、それを伝える相手が誰もいない事に思い当たると、寂しい気持ちと切ない気持ちで、なんだかモヤモヤします。
幸せな瞬間と、寂しい瞬間が隣り合わせなので強調されてしまうのです。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行くだけ行ってみた | トップ | 池上さんの記事を読んで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事