デリカテッセン 紅玉 ブログ

安心安全な手づくり惣菜 紅玉 秋田県横手 十文字 地域の野菜で手作りそうざい・スィーツ・デリランチ・デリセット 

そして、希望へ

2011-05-23 19:49:12 | その他
こんばんは。
秋田県横手市十文字町の地産地消デリカテッセン「紅玉」の「何にも専務」です。

廃墟の陸前高田に降り立ち、心に虚ろなものを残しながら、私たちは「高田ドライビングスクール」に向いました。

高田ドライビングスクールは現在、壊滅した陸前高田の様々な公的機能を代替しています。
かつて寮だった建物は「ろうきん」「社会福祉協議会」などとして使われ、敷地内には仮設住宅の建設が進んでいました。

その敷地の一角で「けせん朝市」が開催されていました。


▲国連から支援された大テントで開催されています


▲仮説の飲食店舗も設置


当日は「大阪府中小企業家同友会」がお好み焼きと一口餃子を提供していました。


▲大阪点天の移動餃子販売車


▲ピリ辛の一口餃子


地元の海産物はもちろんのこと、日用品や野菜や作物の苗等も販売されていました。


▲乾物屋さんではコウナゴや鰹節が


▲名物のワカメや昆布も


▲青物も豊富に並んでいました


この朝市は岩手県中小企業家同友会気仙支部の皆さんがその運営に尽力されています。
その岩手同友会の代表理事であり、気仙支部長である「高田ドライビングスクール」の田村満社長がひょっこり現れました!


▲やあやあといつもの調子で現れた田村さん


▲一緒に行った秋田県商工会連合会青年部長と


この土地に生き続けようと決心した人々。
その暮らしを支え続けると決心した商人たち。

私たちが今この困難な時代に生まれ、地域に密着して生きる小さな企業の経営者として存在していることに、はっきりとした使命感と誇りを感じました。

一関市への帰路、忘れられない光景がありました。
それは、被災地にありながら田植えを行っている農家の姿です。
ガレキと泥に埋もれた被災地の傍らで見せつけられた不屈の百姓魂。

復興への狼煙は確かに上げられました。
不撓不屈の姿をしっかりと見させて頂きました。
私はこの人々の姿と想いを生涯忘れないでしょう。


デリカテッセン&カフェテリア 紅玉
〒019-0509 秋田県横手市十文字町梨木字沖野66-1
TEL 0182-42-5770
E-mail:kougyoku_deli@mail.goo.ne.jp
秋田県横手市十文字のデリカテッセン&カフェテリア
紅玉のホームページ


▼応援の1クリック、宜しくお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陸前高田へ | トップ | 陸前高田の布海苔 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事