みんなの畑の日記~農業実践教室

フォトシンセシスが運営する農業実践教室の講義の内容、様子を公開。週末を活かして野菜作りを学びたい方に。

農業実践教室第22期:4回目~ズッキーニの定植、ピーマンの定植

2017-04-20 13:45:14 | Weblog

4回目の教室講義では、ズッキーニの定植をいたしました。

 

1回目の定植は4月5日、2回目の定植は4月15日です。

1回目定植の苗は、4月5日に定植してから10日間くらい、地上部が停滞気味でした。

うんともすんとも言わない感じです。

 

しかし、4月15日から気温の高い日がしばらく続くと、ルックスに変化が現れました。

茎が太くなりシャキッとして、ズッキーニらしい葉の模様も出てきて、早朝、葉の様子を見ると根もしっかり畝に張ってきた様子がうかがえます。

 

定植モノの苗は、早い時期に植えてしまうと遅霜被害があるので、本当はゴールデンウィーク明けくらいの定植が無難かと思いますが、ズッキーニだけは、気温が高くなると花がつかなくなるので、ちょっと手間がかかりますが、早めに定植するのも魅力的だと思います。

 

さて。

昨日の水曜コースでは、ピーマンの苗を定植しました。

このところ、上着を着なくても良いほどに暖かい日が続いており、緑色のマルチを張った畝では、最高地温が25度を超える日が増えてきました。

 

そんな時期に入ってきたので、今回ピーマン苗を植え付ける畝は、藁を敷き詰めることにしました。

 

季節の変わり目のこの時期は、人間だと衣替えをするタイミングですが、野菜栽培もまた環境を整える方法を切り替えていく時期です。

人間の都合で、ちょっと早めに畑デビューさせてしまっているので、ちゃんと野菜に寄り添って面倒を見てあげないといけないですよね。

がんばりまーす!

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 ★フォトシンセシスでは、

①2017年夏季開催のBLOF理論入門講座

②2017年5月13日(土)開催のBLOF理論講座 中級編

参加者を募集しております。

 詳細はこちら

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農業実践教室第22期:4回目~とうもろこしの間引きと換気開始

2017-04-17 21:36:01 | Weblog

土曜日。

晴れてすごく風が強い中で教室を開催いたしました。

この日は、だいぶ大きくなってきたとうもろこしの間引きをしていただきました。

講義がスムーズに進むよう、予めポリフィルムの被覆を開けておいたら、さっそく風で傾いてしまいました。

でも、心配無用です。

トウモロコシは強いので、このくらいの大きさであれば、風で倒れてもだいたい起き上がってくれます。

 

温度が高い日が増えたとはいえ、まだまだ肌寒い日も多いので、間引き後は、再びポリフィルムで覆って保温を続けます。

ただ、風がホントに強いので、これが難しいのです。

なので、一致団結!

1畝ずつ、ほぼ全員でかかり切りになりながら、再び被覆をしました。

 

さらに、毎日段階的に気温が上がってきているので、ポリトンネルの中でトウモロコシが熱気で焼けないよう、換気のための穴あけもしていただきました。

被覆資材に穴をあけちゃうのは勿体ないんですけれどね。

これで、少しずつ保温レベルを下げていきながらトウモロコシを大きくしていきます。

今年は、3月の低温続きで生育がゆっくりなので、一気に巻き返したいところです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 ★フォトシンセシスでは、

①2017年夏季開催のBLOF理論入門講座

②2017年5月13日(土)開催のBLOF理論講座 中級編

参加者を募集しております。

 詳細はこちら

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農業実践教室第22期:3回目~端境期で冬野菜はみんな花に!!!

2017-04-14 21:10:30 | Weblog

今年は、冬が暖かく、春が寒い印象の千葉市です。

畑の近くの桜は、つい先日満開を迎え、時々強い風が吹くと散り始めるくらいになりました。

畑の隅に植えてあるチューリップは、やっと1つだけ咲き始めました。

春らしく華やいだ景色には心躍るのですが、畑もまた、とうだちして開花する野菜が続出しています。

 

この間まで美味しく食べられていた食べ物が、みんな花になってしまいました!!

 

そういうわけで、畑では、食べられる野菜が底を尽きました。

今が旬の野菜は、ハーブゾーンに広がるパクチーくらいでしょうか。

パクチーは、1度定植したら、そのあとはずーっとこぼれ種であちこちから生えてきています。

放っておいても毎年徐々にエリアが広がっています。

 

でも、ワタシは、残念ながらパクチーが好きではありません。

なので、パクチーが好きな受講生の皆さん、よかったらたくさん持ち帰ってくださいね!

パクチーもそのうち花になってしまうので・・・・。

 

ちなみに、開花後、パクチーは種をつけるのですが、その種はとても良い香りがするスパイスになります。

ワタシは、パクチーの種は好きです。

コリアンダーシードといって(ちなみに、コリアンダーは英語、パクチーはタイ語ですね)、タイ料理の他、ハーブティーで他のハーブとブレンドして飲まれたりします。

ご興味のある方は、種になるまで待っていてくださいね!

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 ★フォトシンセシスでは、

①2017年夏季開催のBLOF理論入門講座

②2017年5月13日(土)開催のBLOF理論講座 中級編

参加者を募集しております。

 詳細はこちら

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農業実践教室第22期:ジャガイモの芽、出ました!それとナスの畑デビュー

2017-04-06 23:57:54 | Weblog

やっとジャガイモの芽が出てきました!

 

今週に入ってから急に暖かい日が増えてきました。

だからでしょう、一気にいろんな品種のジャガイモの芽がパっと出てきました。

 

先週から今週にかけて、ものすごい季節の変わり目です。

 

数日前の土曜コース開催日は、ホントに寒くて、冬かと思いました。

雨上がり直後で、しかも寒いという悪いコンディションだったのですが、ナスの苗の定植をしました。

どんよりした空のもと定植。。。。

 

あんな寒い中植えられてしまうナスがちょっとかわいそうだったのですが、仕方ありません。

 

 

一方、水曜コースでは、風は強かったのですが、暖かい日差しの中、ナス苗を植えることができました。

ただ、どちらも昨日今日とすごい強風にさらされて、なかなか大変です。

南北畝にしているので、被覆資材が東西方向の風をかなり防いでくれているのですが、あいにく今日なんかは南風がドーンときて、すごい揺れています。。。

劣悪なタイミングで畑デビューしたナスたちがスクスクと生きていけるよう、教室の皆さん、一緒にできる限りのサポートをしていきましょう!

  

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 ★フォトシンセシスでは、

①2017年夏季開催のBLOF理論入門講座

②2017年5月13日(土)開催のBLOF理論講座 中級編

参加者を募集しております。

 詳細はこちら

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農業実践教室第22期3回目~トマトの定植をしました

2017-04-04 20:50:06 | Weblog

第3回目の講義では、トマトの定植を行いました。

水曜コースの皆さんには、先行して真ん中の畝をやっていただき、土曜コースの皆さんには両サイドの畝への定植をやっていただきました。

ビニールハウスの中は、今朝はマイナス2度まで冷え込みましたが、基本、日中は暖かいので最初から白黒マルチにしています。

 

この辺では毎年遅い大霜が降ります。大霜の日は、ハウスの中でも霜被害が出ます。

これからゴールデンウィークの頃までの間に、あと2回くらいありそうな大霜に備えて、ハウスの中にもう一つトンネルを作ります。

出来ました!!

トマトは霜被害に遭っても復活できますが、せっかく早く植えたのですから早くから収穫がしたい!!

まずは、しっかりと根を伸ばしてもらえるよう、誘導したいと思います。

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 ★フォトシンセシスでは、

①2017年夏季開催のBLOF理論入門講座

②2017年5月13日(土)開催のBLOF理論講座 中級編

参加者を募集しております。

 詳細はこちら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農業実践教室第22期:3回目~カボチャの定植

2017-04-03 17:47:46 | Weblog

水曜日。

農業実践教室では、カボチャの定植をいたしました。

この時期にカボチャを植えるのは、ちょっと早めです。

教室では、7月の収穫祭で「追熟がある程度終わったおいしいカボチャ」を料理に使いたい・・・というニーズがあるので、この時期に植えています。

 

 

この時期に植えると、霜対策・寒さ対策・風対策をしつつ、さらに突発的に跳ね上がる日中温度で焼けないように・・・ということで、いろいろと環境を整えないとなりません。

 

教室ではおなじみの2重被覆!

ポリトンネルの上から不織布のトンネルです。

今年は、春先の気温が低いようなので、念のためこの中でさらにもうひと手間かけています。

 

先週は土曜日まで本当に寒い日が続きましたが、今週になって一転、気温が上がってきました。

最高気温の予報は22度とか。

でも、最低気温はまだまだ低いんですよね。

受講生の皆さん、春はトウモロコシから始まり、すっかりとトンネルづくりが上手になりました!

 

ゴールデンウィークが明けるまで、あと1、2回は来るだろう大霜の日に備えて、やれることはすべてやっておいて無事に収穫を喜ぶ夏にしたいと思います。

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 ★フォトシンセシスでは、

①2017年夏季開催のBLOF理論入門講座

②2017年5月13日(土)開催のBLOF理論講座 中級編

参加者を募集しております。

 詳細はこちら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農業実践教室第22期:オプション講座で皆さんの家庭菜園の土壌分析をいたしました

2017-03-27 14:47:20 | Weblog

農業実践教室では、野菜を作る前に「土壌分析」をしています。

土壌分析というのは、どんな成分が土の中にどのくらい残っているのか、ということを調べるものです。

調べているのは、土壌のPHに加えて、アンモニア態窒素、硝酸態窒素、リン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガン、鉄、という成分です。

 

土壌分析は、肥料を新たに入れる前、主には野菜の種を播いたり苗を植える前の土に対して行います。

土壌分析をした結果を受けて、過不足のないように肥料を入れる量を決めていきます。

講義の中でも、土壌分析をして肥料の量を決めているということを皆さんにご理解していただいています。

しかし、そうなると、受講生の皆さんからしたら、教室で学んだことを家庭菜園に反映させるのには、どうしたら良いのだろう??土壌分析をワタシもしてみたい!という話になるわけです。

 

ですので、今期は、そこまで追求したい方向けに、オプション講座で「皆さんの家庭菜園の土を土壌分析する会」を開催してみました。

 

とりあえず試験的にやってみようと思ったので、ウェブサイトで卒業生の皆さんにも告知せず、そーっと始めてみたんです。

初回なので、どうなることやら・・・と思ったのですが、皆さんのご協力のおかげで無事、皆さんが持ち寄った土をすべて分析することができました。

今、そのとりまとめをしているところです。

分析の結果は、それぞれの土が本当に個性的でした。

石灰の量とリン酸の量でかなりばらつきがありましたが、マグネシウムという成分については、一人の方を除いて皆さん共通して同じくらい低かったです。

農業実践教室の土もサンプルとして併せて分析しましたが、なんというか、見慣れた数値傾向で、マグネシウムもカルシウムもリン酸もある程度の数字がありました。

数年前から分析しながら入れるべきものを入れ続けているので、当たり前ですね。

分析にご参加された皆さんには、この後、主にミネラル肥料について、こんなものをこのくらい入れておくと汎用的に良いかも、というご提案をしていきます。

教室と一緒に、スバラシイ野菜がとれるようになるといいですね!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農業実践教室第22期:2回目~トウモロコシ発芽!

2017-03-24 19:00:18 | Weblog

土曜コースの皆さんが先週播種してくださったトウモロコシの発芽が始まりました!

ポリフィルム越しで撮ったので、ぼんやりしていますが、穴の中央付近に見える黄緑色っぽい線が芽です。

予定通りの日数での発芽で、どの畝も同じような感じですので、皆さん全員種まきはバッチリです。

これから先、日々の成長を楽しみましょう!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農業実践教室第22期:2回目~トウモロコシの種まき

2017-03-22 21:56:08 | Weblog

第2回目の講義日には、トウモロコシの種まきをいたしました。

トウモロコシの種まき、と一言で言っても、これに関する作業は色々あって、種まきの前にマルチ張り、マルチの穴あけがあって、そして種まきがあって、その後トンネル張り、です。

 

農薬を使わないでトウモロコシを無事収穫する方法の一つとして、早く種まきをして早く大きくして、害虫がたくさん出る時期よりも前に収穫してしまう、というやり方があります。

農業実践教室では、そのやり方で毎年トウモロコシを農薬不使用で作っています。今くらいの早い時期に種まきをすると、トウモロコシの発芽に必要な温度にはまったくもって足らないので、フィルムで被覆することで保温をして発芽と生育を促すのです。

保温すると、この時期であれば1週間程度で発芽します。

 

 

本日、水曜コースの皆さんにも作業をしていただき、今シーズンのトウモロコシの仕込みが完了しました。

丁寧に確実に作業をしていただき、とても上手にトンネルができました。

早く芽が出ますように!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農業実践教室第22期:2回目~マルチフィルム張り

2017-03-19 22:19:45 | Weblog

22期2回目の農業実践教室。

水曜コースは、雨天のため来週に延期させていただきましたが、土曜コースは無事開催することができました。

 

この日のテーマは、マルチフィルム(マルチ)張りとトウモロコシ播種、ウリ科の自分苗の種まき。

 

マルチ張りのために散水して準備しているエリアもあったので、それが乾かないうちに、いくつかのチームに分かれて、さっそく作業に入っていただきました。

マルチというのは、保温や保湿、雑草除け等様々な目的のために土の上に張るフィルムのことです。

色等によって機能面や利便性での違いがあります。

とても便利な資材なので家庭菜園でも使っている方が多いと思いますが、張り方にスキがあると、強風が吹いた時に吹き飛ばされてしまいます。

マルチは、見た目良ければすべて良しで、キレイに張れていると、風で吹き飛ばされにくいです。

 

手作業でのマルチ張りは、立つ位置を気を付けたり、足の側面に力を入れて横方向にうまくフィルムを引っ張ったり、ちょっとした工夫をするだけで鏡のようにキレイに張れます。

鏡のようにキレイに張れていると、強風で吹き飛びにくいのであります。

マルチを張るこの時期に限って強風が吹く日が多いので、基本中の基本ですが、とても大事です。

 

共同作業でのマルチ張りは、一人でも気を抜いたり、周りの方の動きを無視すると、マルチが弛んだり突っ張ったりするので、全員で歩調を合わせながらの作業になります。農業ですが、チームプレイそのものですね。

 

皆さん、作業にもチームプレイにもすぐに慣れて、いい感じで作業は進みました。

 

小一時間で無事、たくさんのマルチを張っていただくことができました。

 

今日、天気予報にはなかった強風がビュンビュン吹いていたのですが、皆さんに張っていただいたマルチはビクともしませんでした!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加