クグロフトの趣味

このブログには酒・煙草を趣味とする記事があります。
ご不快と思う方の書き込みはご遠慮ください。

マックバレンビンテージシリアンを喫んでみた。

2016-10-16 09:01:24 | 煙草

2010年頃に入手した煙草で6年越しで開封。
匂いは、ラタキアになれた人と慣れていない人で違うので笑ってしまった。
私が嗅ぐとあのラタキア独特の匂いで少し酸味・刺激のある燻煙臭で柔らかい感じ。
ただし非喫煙者の嫁が嗅ぐと都屋の酢昆布の匂いと言う。
少し風きみの私より嫁の方が正解かもしれない。

ラタキアの場合 私はこのダンヒルのグループ4や火皿の大きめなパイプで楽しむのが好きなのだが
みんなはどうなんだろうね。
開封したとき缶シーリングがつぶれてて渇き気味だったので少し調湿して喫煙した。
パイプ煙草が出荷される時の水分含有量は、20%と言われている。
70%で調湿されたシガーの中心葉の水分含有量が約14%である為 パイプ煙草の水分含有量がいかにウェットかわかる。
加湿しすぎに注意して自分が塩梅良い所(結局自分で触ってこれくらいかな)に今回戻し作業を行った。
最初にやる儀式は、以前この打ログの記事で書いた詰める前の準備をしっかりやりました。
http://blog.goo.ne.jp/kouglot2175/e/ae3497965d8004418d5ac81732c80cbb
なぜなら葉脈や塊は多い煙草だったからです。
さっそく味わいですが味の強い順に単語を並べていくと 甘い、酸味、土っぽい 後複雑
ラタキアを過燃焼しちゃうと色々な味が出過ぎるのでだし汁の味ですがきちんと吸えば
ラタキアは、甘い煙草というのが私の所感です。
965や飛鳥とかもろもろのラタキア煙草 甘ーーいとかんじます。
シリアンラタキアは以前単葉での所感では、


オリエント的な味わいを残してのラタキア煙草というのが感想です。
土っぽいというのがオリエント(トルコ)の特徴と思いますのでこの辺が出てると思います。
後は、ケンタッキーとバージニアが各煙草のつなぎをして味に広がりを持たせているのかと思います。
ニコチンというか煙草の強さは、強くないほうでミディアムボディと言われる所でしょうか
甘くて、酸味があって、土っぽいのと複雑な味わいの調和がとれた美味い煙草です。
よって私が所有していた100g缶で当分楽しめるかな。


にほんブログ村


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山本周五郎 曲軒の吸い方 | トップ | フォーマーバーズアイフレー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。