句写美1

俳句と写真で美を追求している、「句写美じぃじ」です。
ハックション!!バックシャン!!
 

曼珠沙華(咲かねばと咲く十月の曼珠沙華)写真15枚・俳句15句

2016-10-12 16:55:50 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

 

・喜寿祝ひとて贈られし米・タオル

・恵庭市の広報誌に77歳の喜寿の人と百歳の人には、お祝い品をお送りしますと書いてあった。

・・恵庭市の一村一品は「南瓜」なので、カボチャでも来るかと思って待って居たら「恵庭米」と「今治紋織タオル」が届いた。

・・・百歳では何をもらえるか。生きて確かめないと。ただ、先日の肺の検査で「あなたの肺は95歳以上」と言われた。

 

 

・秋の日へ真白き馬が幌を引く

 

 

・道都(どうと)行く馬の銀太は秋日負ひ

・娘夫婦が札幌のど真ん中に中古ではあるが、中古のマンションを購入した。

・・一ヶ月ほどかかってリフオームも終わったので、「お祝い金」を届けてきた。

・・・そのおりに見た札幌の観光馬車である。この銀太で三代目であろうか。無性に懐かしくなって撮影していた。

 

・ななかまど啄(ついば)み散らす鳥の群れ

 

 

 

・紅葉の初陣(ういじん)を切りななかまど

 

 

 

・神々の焚く火の火種ななかまど

・紅葉の初陣を切ってナナカマドが紅葉してきた。

・・冬になって雪が街を覆い尽くすと、葉が総て落ち、真っ赤な実だけが残る。その実の上に雪が冠っているのは美しい。

・・・食べるもののなくなった、小鳥達には最高のごちそうなのだろう。雪の上に真っ赤実が零れているのも美しい。

 

 

 

・はまなすの深き紅色恙(つつが)なし

 

 

 

 

・はまなすや水道挟み礼文島

 

 

 

・晩秋のはまなす沖に白兎(はくと)飛ぶ

・中国語ではこちらの「はまなすの花」を「薔薇(qiang/wei)」といい、

・・日本でいうところの「バラの花」を「枚槐(どちらも木偏を王偏に)(meigui)」と呼んでいる。

・・・所変われば呼び方も、品も変わるのである。

 

 

・秋のバラ十七音の詩に憩ふ

 

 

 

・秋の薔薇繚乱の紅解れけり

 

 

 

・情熱の色もて秋のバラ満開

・こちらが日本では「バラ」だが、中国では「メイ・グイ」である。

・・俳句の友達で、バラだけを植えている人がいる。「バラの館と呼ばれ、窓のガラスなども色ガラスで、バラをはめている。

・・・育てるのが難しいから、育て甲斐があるのだという。鴻など難しいと言われれば敬遠しているのだが。

 

 

・曼殊沙華夜明けの峠は雪ならむ

 

 

 

・北の地に咲く彼岸花いとほしや

 

 

 

・咲かねばと咲く十月の曼珠沙華

・4年前に九州の俳句つながりの方から、球根を送って戴いた。いつもすばらしい曼珠沙華の写真を送っていたので、

・・北海道でも咲かせたいので、根を送ってもらえないだろうかと言って、送って貰った。来た年も翌年も土にかぶせられる物を被せ

・・・だいじに育てだが芽も出なかった。まる3年土の中で眠っていた。今年4年目、何を思ってか茎が伸び花が咲いた。

 

☆お願いです:15句のうち、どの句が良いと思われるか、一句おとりあげください。

俳句とは関係の無い方のおとり揚げの方が嬉しいのです。

写真15枚・俳句15句

 

 

 

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白色の露草(蟋蟀や夜通し明... | トップ | 彼岸花(此岸より彼岸へ行く... »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (紀子)
2016-10-13 07:59:33
写真は白場の銀太もかわいいし、な中窓もハマナスも薔薇もまんじゅしゃげも素敵です。
こちらのまんじゅしゃげ、終わりました。こちらの葉、花の色がもっと赤く見えます。

曼殊沙華夜明けの峠は雪ならむ
この九好きです。北海道の自然が目に浮かびます。
紀子さん、ありがとう (句写実じぃじ^-^)
2016-10-13 08:41:39
 紀子さん、コメントありがとうございました。

 相当慌てて打ち込んでいますね。
 それと、打ち終わって、読み返さずそのままで、
 打ち間違え、誤変換が目に付きますね。

 それは別として、本当にありがとうございました。
ななかまど (雅宏)
2016-10-13 08:49:28
の句。三句とも心に沁みました。北海道はやはり紅葉も早いですね。5年ほど前、孫夫婦と大雪山と旭山動物園に行きました。黒岳?の紅葉は素晴らしかったです。
恵庭岳の紅葉も間近で見られていいですね。
雅宏さん^-^ (句写実じいじ^-^)
2016-10-13 10:39:42
三句ともと言っても」、見えませんよ。

 恵庭岳は、こんな形のよい山なのに、登山家には、
超A級の山で、先日も、滑落したと思われる女性の遺体が
見つかりました。
 そんな山なんですよ。鴻は上らないで終わりそうです。
Unknown (Unknown)
2016-10-13 11:31:17
>喜寿祝ひとて贈られし米・タオル

77歳、おめでとうございます。
ななかまど (千枝)
2016-10-13 11:35:33
>神々の焚く火の火種ななかまど

鹿児島には神々の焚く火は届きません。
紅葉はありません。
千枝さん・ありがとう①② (句写実じぃじ^-^)
2016-10-13 14:23:41
千枝さん、①のコメント、ありがとうございます。^-^
 
 77歳ですよ。ちっとも嬉しいとは思わないんですよ。
 千枝さんは、今いくつなんですか?
 あと、ン年かすると、喜寿になるんですよ。
 嬉しいとおもいます?
千枝さん・ありがとう② (句写実じぃじ^-^)
2016-10-13 14:32:03
千枝さん、そちらはまだ温かいので、
 神々はまだ火を焚く必要は無いのでしょう。
 火を焚くための火種は、桜島の火を戴いてくると
 良いのですから。
 
 鹿児島の紅葉は12月なんですか?
 それとも、紅葉は無いのでしょうか。?

 屋久島に1月にいったとき、
 一人のお母さんは、北海道の秋といい、
 一人のお母さんは北海道の秋と言っていました。
 
 
・北の地に咲く彼岸花いとほしや (かぐや)
2016-10-13 20:22:06
じぃじ様今晩は^^十三夜はいかがですか?此方は残念ながら無月です。
 先ずは喜寿のお祝いとお情様のマンションの購入おめでとうございます。嬉しいニュースは良いですね^^
 銀太も玫瑰も秋薔薇も元気でいいですね~^^きれいです。
中でも曼珠沙華が晩秋の北海道で咲いてくれているのに超感激^^長い間養生して来た賜物です^^花も人の愛情に応えることが出来るのですね素晴らしいです。
 これからはずっと彼岸には庭にその容姿を見せてくれることでしょう^^じぃじ様も確り養生して彼岸花を愛でてください。
私も「彼岸花の秘密基地」が有ります^^それはそれは真赤な絨毯を敷きつめた広い林です。まだ知れ渡っていない私の秘密基地です。^^
 ・曼珠沙華天の岩戸に飛び火せり  と陳腐な句を詠んでその彼岸花の林を讃えてあげたことが有りました^^
 毎回素晴らしい俳句と写真有難うございます。かぐや
済みません!変換ミス (かぐや)
2016-10-13 20:24:16
お嬢様です。変な変換で失礼しました!><;
夜明けの峠 (清月)
2016-10-14 08:04:24
北海道ならではの措辞ですね。
お彼岸に咲く花が、10月に入ってから咲くと同時に、雪のニュースに触れる。
北海道では咲かないどころか芽も出さないのに、数年に及ぶ丹精の賜物ですね。
素晴らしいです。
かぐやさん、ありがとう (句写実じぃじ^-^)
2016-10-14 16:25:05
 かぐやさん、こんにちは^-^

 あれだけ長く書いた返信が、今日見たらないとは、
一瞬顔から、値が引きましたよ。
 あれだけのめいぶん(名文か迷文か^^)はそうそう書くことの出来ない物でした。

 じいじもいつの間にか「喜寿」だよとは「喜ぶ寿(とし}」
何だろうけれど、誰も恋の相手をしてくれないね。
「悲哀の寿」だよ。

 お孃さんが情けになったのは、その時にはまだ情けをかけて出来た娘なんでしょうから、決して間違いでは決して無いですよ。

 銀太もはまなすも薔薇も元気でいいですが、肝心な
じぃじが元気がないのは困った物です。


 彼岸花が北海道では10月に咲くなんて凄いでしょう。じいじが一番驚いているのですから。

 今年は又、ラベンダーやギボやそのほか、根本から
切り取らなければならない草花を切り取って、花が終わったら被せてやりますよ。来年まで又養生をして咲いて貰いますよ。

 いいね。じぃじも曼珠沙華の秘密基地につれて行ってよ、

>曼珠沙華天の岩戸に飛び火せり  
>北の地に咲く彼岸花いとほしや

 二句ともいいですね。「天岩戸」なんて、やはり詩人ですね。

 かぐやさん、ありがとうございました。
 

 かぐやさん、お気に入りの俳句はありませんでしたか。><

 
清月さん、ありがとう (句写実じぃじ^-^)
2016-10-14 16:34:55
清月さん、コメントありがとうございました^-^

 「措辞」というのは、「ことばの使い方、詩歌や文章で、文字の用法と言葉の配置」を言うのですが、
 どの句に、そのように思われたのか、俳句を取り上げてほしかったですね。

 10月・曼珠沙華・雪・・本州では考えられないことでしょう。寒いのに咲かなければならないなんてね。

 ありがとうございました。
見事な花・白馬 (ごとう)
2016-10-14 21:11:49
喜寿をお元気で迎えられおめでとうございます。さすが恵庭、市民への優しさがあふれています。
娘さんは札幌でマンション生活。いいですね。
本当に花は美しい見事です。ナナカマドはもう少し青空を背景にできたらもっとよかった。
白馬、開拓の村にも居るが、大きくて札幌の街の中は気持ちよさそう。頑張れ。
 秋の日へ真白き馬が幌を引く 
  村の馬の仕事ぶりと重なりよかったが、
 咲かねばと咲く十月の曼殊沙華
  余生を余生と思わせない努力の人生と重なりこれもいい。
寒くなってきました。昨日、村で雪虫を見ました。
ご自愛ください。
全句素晴らしいです。 (かぐや)
2016-10-14 22:05:52
 じぃじ様拙い俳句をほめていただき有難うございます。
長いコメント有難うございました!長い名文の吹っ飛んだコメントも見たかったです。

 皆好きな俳句ですがこの2句は「晩秋の声」が聞こえてしんみりとなりました。」
 ・晩秋のはまなす沖に白兎飛ぶ
 ・北の地に咲く彼岸花いとほしや
 どちらもこれから厳しい冬に向かっていくじぃじ様の心の中が見られたような気がします。彼岸花は3年目にようやく咲いてくれて奇跡みたいな花ですね^^花にも人の心が解っていたのでしょう。じぃじ様も益々養生をして来年の彼岸花を迎えてあげてくださいね^^
 尚、秘密基地にはご一緒出来ませんが下のURLを貼り検索してみてください。「私の秘密基地」のDBです。
俳句が入っていますがこれは素通りしてください^^

http://www.digibook.net/d/8ac48fd7a19a811d2582f5a1c9069e32/?viewerMode=fullWindow&isAlreadyLimitAlert=true

 リンクが貼れなかったのでごめんなさい。   かぐや
リンクになっていましたね^^ (かぐや)
2016-10-14 22:43:09
そそっかしい私です。リンクをクリックして「秘密基地」を覗いて下さい^^  失礼いたしました!  かぐや
白馬の銀太可愛いね (江梅)
2016-10-15 07:57:28
じいじ様おはようございます。

精出し働く、白馬の銀太可愛いですね。
曼珠沙華は、じいじ様が精魂込めて育てているのに答えて
雪降る北国で、よくぞ咲いてくれたと、思いました。

道都行く馬の銀太は秋日負ひ

神々焚く火の火種ななかまど

咲かねばと咲く十月の曼珠沙華
ごとう君・ありがとう (句写実じぃじ^-^)
2016-10-15 11:10:03
ごとう君、コメントをありがとうございます。

 恵庭の駅前も随分と変わりました。というか、変わりつつあります。町を変えるときはまず道を作りそれに合わせて出来ていくのだろうと思っていましたが、最後に道路を作るものなんですね。

 我が家の裏が今度は小さな公園になります。
 そうしたら、誰も手入れする人がいないんだから、
曼珠沙華でも植えて、曼珠沙華公園にするか、
紫陽花公園にでもするかと思ったりしています。

 もうすこし若かったらとも思います。
 俳句も中途半端。
 花を育てるも中途半端
 何もかも中途半端です。
 
 そんな中で、4年目にしてですが、曼珠沙華が咲いたものと感動しています。

 奥さまと一度恵庭にもいらしてくださいね。
 ありがとうございました。

 かぐやさんの彼岸花のブログは感動ものです。
これも奥さまとご一緒にご覧ください。
かぐやさん、ありがとう (くしゃみ・じいじ^-^)
2016-10-15 11:51:22
かぐやさん、再びのコメントありがとうございました。

 昨日のうちに返信をしたかったのですが、
 風呂から出たのが、10:40分。それから、
 かぐやさんの、本当に泣けてくるような素晴らしい
 ブログを見ていたらとうに11時をすぎていました。
 湯冷めもするので、そのまま寝てしまいました。
 返信が遅れて本当にごめんなさい。

 かぐやさんの曼珠沙華は今年のですか?
 そちらでも10月では咲いているのですね。
 北海道で10月に咲き出すんですから、咲いていても
 少しもおかしくありませんですものね。

 ただ、鴻の日記の中で、
 「本州の方(県は忘れました)からこちらではもう終わったのに、まだ咲いているんですか」とあったので、
 本州ではもう終わったのかと思っていました。

 ともかく、「秘密基地」の一面の曼珠沙華には
ただただ感動です。
 「天岩戸」の俳句、前にも見たことがありそうだったので、これは今年のかと思ったことと、
 以前にもかぐやさんのブログで、曼珠沙華を見たことがあったのでそう思うのでしょうか。

 俳句で、「天岩戸」より素晴らしい俳句が2句あり、
書き留めようとしましたが、待ってくれませんので、
書き留めることが出来ませんでした。ザンネン><

 昨夜は本当に良い物を見せて戴きました。
 ありがとうございました。
江梅さん、ありがとう (句写実じぃじ^-^)
2016-10-15 12:11:17
江梅さん、コメントありがとうございました。

 俳句をたくさん取り上げて戴き、ありがとうございます。

 北海道で咲く曼珠沙華、いかがでしょう。
 本州では、あたりまえのお花で、珍しくも無いでしょうが、鴻には感動の花なんです。
 
 修学旅行の引率で伊賀上野、芭蕉さんの里に行ったときに、生まれて初めて曼珠沙華を見ました。
 その時の感動が尾を引いていました。

 それがいつしか北海道でも咲かせて見たいという気持ちになり、一度は花惠さんから苗を送って戴きましたが、これは消えてしまいました。

 この咲いているのは、鹿児島の美秋さんから、お送り戴いたもので、これも3年間は咲かないで4年目にして
咲き出した曼珠沙華なんです。
 この次は、いかにしたら増やすことが出来るかです。

 生きている間に、見応えのあるものにするには無理なんでしょうか。

 応援してくださいね。
 ありがとうございました。鴻風

 
祝 喜寿誕生日 (利久)
2016-10-15 17:10:26
  喜寿祝ひとて贈られし米・タオル
喜寿・・めでたく誕生日をお迎えになられましたことお祝いを申しあげます。病を克服されお迎えになられ素晴らしい誕生日に乾杯*****
  道都行く馬の銀太は秋日負ひ
  紅葉の初陣を切りななかまど
北海道は早や晩秋の気配・・・関西はまだ暑い日もあり幾分涼しくなりましたが紅葉は見られません。
雨の多かった初秋・・・害虫の発生が多く畑の大根・蕪
などは無残な姿になっています。

昨年の曼珠沙華です。 (かぐや)
2016-10-15 20:17:19
 じぃじ様 体調はいかがですか?耳は?気を付けてくださいね。
 済みません。今年は足の手術などで全くどこにも行けていません。
 「私の秘密基地」は昨年の9月21日にアップしたものです。
あのデジブックの花たちは皆、昨年の9月20日過ぎのものです。
 俳句も以前に詠んだものを花をバックに取り上げたものもあります。じぃじ様も見てくださった俳句も有ったかと思います。
来年こそはこの秘密基地に又行きたいと思っています。
 孫たちを送りに外に出たら大きな十五夜が明るく輝いて、何処からか遠花火の音が聞こえてきます。なんか、一寸得した感じです^^
 DBお褒め頂き有難うございました。   かぐや
利久さん、ありがとう (句写実じぃじ^-^)
2016-10-15 23:34:57
利久さん、コメントありがとうございます^-^

 俳句3句もおとり揚げくださりありがとうございます。
いつの間にか喜寿で、誕生日が来ると78歳です。

 北海道はすでに晩秋です。雪蟲(ワタムシ)がたくさん飛んでいます。
 この虫が飛ぶと雪が間近いと言います。
 そんな北海道です。
 ありがとうございました。
  
かぐやさん、ありがとう^^ (句写実じぃじ^-^)
2016-10-15 23:42:44
かぐやさん、3度目のコメントありがとうございました。

 確かこれはかぐやさんがUPした時に見たものと思いながら、最後まで見ました。
 それだけ人を引きつけるブログですものね。
 前の返信にも書きましたが、何枚ぐらいの写真が
有れば、あれだけ立派なブログを作ることが出来ますか?
 今日は十五夜ですものね。
 言われるまで、忘れていました。
 日記を書いていました。
 鴻の日記は結構面白いと思いますよ。
 ご覧くださいね。
 おやすみなさい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む