くろちゃんの甲府城つづりⅡ

やまなしの甲府城跡や文化財のようすや活動を、
くろちゃんと仲間たちがなんとなく紹介するため再登場!

ざびえる

2017年03月06日 | 甲府城Office
先日、職員Sさんから、九州出張のお土産をいただきました
その名もズバリっざびえる

そう、皆さん学校で学んだであろう、あのフランシスコ・ザビエルさんの『ざびえる』です
ちなみに、こちらを販売している会社の名前は、『ざびえる本舗』さん


ビロード(?)調の箱
ついつい、なでなでしたくなる肌触り


金ならラム酒漬けレーズン入り、銀なら白餡
包装紙も、異国情緒満点です(背面のやつです)

ざびえる本舗さんは、大分県にある会社なのですが、宣教師というと、なんとなぁく長崎のイメージで、
事務所みんなで「大分でなんでざびえる」だったのですが、お菓子の箱に入っていた栞によると、

フランシスコ・ザビエルは、天文20年(1551)豊後の国を訪れ、大友宗麟の保護を受け、神の教えを広めると共に、
デウス堂・小学校・コレジオ・大病院などの施設も次々と作ったので、当時の府中の町は大変に賑わい、
南蛮文化の花が咲き乱れていたそうです

余談ですが、
ザビエルといったら、皆さん、パッと思い浮かぶのが、教科書に載っている河童のようなあのヘアースタイルじゃないかと
思うのですが、どうやら、実際のザビエルは、実はフツーな感じだったようです


大分市内に立つ、聖フランシスコザビエル像(大分市HPより)←こちらをクリックしてご覧ください。
光ってしまっているのですがこれは、日光によるもののようです


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変わりゆく甲府駅南口 | トップ | 山梨の遺跡発掘展2017 のご案内 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL