KCF的徒然草

KouChan's Factory管理人の心の叫びor反省文

よみがえるビンテージシンセ

2016-10-17 23:01:49 | 音楽
 今回はシンセサイザーのはなしです。
しばらく楽器店に行かなかったり、キーボードマガジンを読んでいなかったうちに、いろいろと新しい製品が。

最近知った、ローランドのRoland Boutiqueシリーズ。
JUPITER-8やTB-303、VP-330など、テクノ好きが聞いたら気にならずにいられないような往年のシンセサイザーが小型モジュール(!)になって復刻。

ヤマハのrefaceも、やはり超有名なDX7、CS80、CP(電気ピアノ)を、コンセプトそのままに小型化した製品が以前より充実している!

ビンテージシンセを小型化して復刻するのが、もしか最近ブームなのだろうか?それともアープオデッセイが成功した(!?)ことへの影響か?

という意味では、オーバーハイム(これ知っている人は相当なシンセ通か!?)のシンセも小型化復刻されるというし。

あぁ、どれもほしいけど、最近出費が増え、これからも増えていく一方だからなぁ。でもどれかは買いたいぞ。

・・・で、何が言いたかったかといえば、今回の楽器フェアは何としても行きたい!と思うKouChanなのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュージシャンのほうが・・・? | トップ | ことしも日本鉄道模型ショウ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL