kouchanのブログ

日々の出来事、思うこと、パソコンや飛行機・鉄道・車に関することなどを投稿していきます。

出た! 権力の犬! 大阪地検 「忖度」捜査

2017-06-19 23:24:17 | 日記

大阪地検特捜部が森友学園の強制捜査に入った。補助金詐欺の疑いと言うことだが、見え見えの安倍首相への『忖度』捜査である。もう半分忘れられたような「森友学園」問題であるが、これ以上籠池氏にしゃべらせないための圧力である。

大阪地検と言えば小沢一郎を追い落とすために厚生労働省事務次官の村木さんを冤罪で逮捕した「国策捜査」を思い出す。小沢氏を追い落とすことで誰が一番得をしたかは、今の安倍一強体制を見れば明らか。政府の意のままに動く。

大阪地検がすべきことは「巨悪」を正すことだ!国民の財産を「お友だち」にたたき売りさせようとした安倍をたたかずして、大阪地検特捜部の名誉回復はない。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「小さな巨人」安倍バージョン

2017-06-03 19:34:48 | 日記

日曜のテレビドラマ「小さな巨人」とまるで同じことが現実に起きている。

元TBSの山口敬之のレイプ揉み消し事件。

女性ジャーナリストに薬をもって前後不覚にしておいて強姦するという卑劣な犯罪。逮捕状が出ていて逮捕寸前に警視庁刑事部長からの命令で逮捕も捜査も中止! 逮捕状を持った捜査員の前を山口が通っていった。

ドラマそのままのことがまかりとおってている。

安倍おかかえのジャーナリスト山口が安倍に泣きついたのだ。これまた安倍おかかえの中村格警視庁刑事部長が強権を発動した。

おい安倍!いい加減にしろ。日本は世界中から笑い者だ。なにが「美しい日本」だ。人権無視の「醜い日本」におまえがしている❗

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ・ワースト だから米製品は買いません

2017-06-02 16:45:23 | 日記

愚かな男、トランプはついに、パリ協定離脱を発表した。

世界を敵にまわしてもこだわる「アメリカ・ファースト」は「アメリカ・ワースト」にすぎない。

「協定は他国に利益をもたらし、米国の労働者には不利益をしいる」と言うが、すでに地球温暖化で巨大ハリケーンがアメリカを襲い多数の被害が出ていることを忘れたのか。アメリカだけが地球温暖化から逃れられるわけがない。

さて、トランプ大好きの安倍はどうするのか。森友や加計などのお友達を大切にする安倍は大好きなトランプに歩調をあわせたいであろう。

トランプがその気なら、世界はアメリカ製品をボイコットすればいい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

復興相 おバカのあとは東電のポチ吉野正芳

2017-04-26 10:30:50 | 日記

今村復興大臣がまたおバカぶりをはっきして「東北でよかった」発言で辞任させられた。遅すぎた更迭であるが、その後が吉野正芳である。

吉野正治は東日本大震災のあとの国会で東京電力のためのやらせ質問をしている。

吉野は「莫大な災害が起きた場合に東電の責任を無視して全部国がみる規定になっている。東日本大震災を過小な災害と認定するのか」として国が一義的に責任を負うよう主張した。

これに対して菅直人首相は「財源は国民の税金。国がすべての賠償責任を負うのは違うのではないか」と答弁。枝野幸男官房長官も記者会見で「国会などでも大津波によって事故に至る危険性が指摘されていた。免責条項に当たる状態ではないと明確に言える」と否定した。

当然である。吉野氏の主張について自民党の石破茂政調会長ですら「東電の社会的責任を認識したうえでの発言と理解している」と説明、免責の是非については明言を避けた。東電側は清水正孝社長が28日に「そういう理解があり得る」と述べるなど、免責条項の適用を求める姿勢もちらつかせている。

吉野は福島県の選出であるが、東電にヨイショする男が福島県の原発被害者の立場に立てるはずがない。原発マネーに毒された男が復興相とは安倍は国民や福島県民をどこまでバカにしているのだ!!!

もちろん安倍が任命するのだから神道政治連盟国会議員懇談会・みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会に属している右向け右のお友達であり、東大ではなく早稲田である。 

おそらく化けの皮は長くは持つまい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今村復興相 おまえは何様!!

2017-04-05 12:24:58 | 日記

久しぶりに腹が立ったので投稿します。

記者会見での今村復興相の態度は断じて許せない!

被災者・避難者の立場に立たなければならない復興相が自主避難は「本人の責任」と言いなはち、「福島県と相談して国が補助していく」と発言。

原発を推進し安全を保障してきたのは国である。それを事故が起これば他人事のように言い、無責任と言われて激昂するのは筋違いだろうが。

復興相としての資格どころか国会議員としての資格無し。

奢れるものは久しからず!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんも言えねえ ポチだから

2017-02-02 08:03:44 | 日記

トランプのやりたい放題、言いたい放題に世界中が怒りの声をあげている。

その中で安倍だけは入国規制に対しても「コメントする立場にない」と言

い、だんまりを決め込んでいる。

どこまでアメリカの言いなりを続けるのか❗

祖父岸信介がCIAから資金提供を受けていたことを孫になっても未だに引きずるのか❗

安倍にとってはリベラルなオバマより保守の塊のトランプの方が気が合うであろうが、あまりに酷すぎる❗

会談をするというが、言われ放題で「密約」を交わして、工業製品の輸出は涙ばかりのおこぼれを頂戴するかわりに農業は切り捨て、アメリカの農産物輸入は拡大するであろう‼

アメリカ・ロシア・イギリスと共に世界中から孤立する道を歩んではいけない❗

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍の戦争準備 共謀罪

2017-01-13 10:07:52 | 日記

安倍は「共謀罪」を国会に上程しようとしている。犯罪の計画段階で処罰可能とする、いわゆる「共謀罪」を創設するための組織犯罪処罰法改正案を20日召集予定の通常国会に提出する方針を固めた。東京五輪開催を理由として、「テロ対策」を前面に出すため、名称を「テロ等準備罪」とし、資金調達などの具体的準備行為を処罰要件に加える。

日弁連のHPでは、「共謀罪とは、2人以上の者が、犯罪を行うことを話し合って合意することを処罰対象とする犯罪のことです。具体的な「行為」がないのに話し合っただけで処罰するのが共謀罪の特徴です。しかし、単なる「合意」というのは、「心の中で思ったこと」と紙一重の段階です。近代刑法は、犯罪意思(心の中で思ったこと)だけでは処罰せず、それが具体的な結果・被害として現れて初めて処罰対象になるとしています。「既遂」処罰が原則で、「未遂」は例外、それ以前の「予備」は極めて例外、しかも、いずれも「行為」があって初めて犯罪が成立するというのが刑法の大原則です。共謀罪は、この「予備」よりもはるか以前の「合意」だけで、「行為」がなくても処罰するというものです。このように処罰時期を早めることは、犯罪とされる行為(構成要件)の明確性を失わせ、単に疑わしいとか悪い考えを抱いているというだけで人が処罰されるような事態を招きかねません。」ということである。

そして日弁連広報課は「過去の共謀罪法案についても、全てかほとんど全ての単位弁護士会が反対声明を出しており、共謀罪について弁護士会が数度にわたって反対声明を出したことになる」とし、声明では「広範な括(くく)りでテロ行為とはおよそ無縁な罪種についても『共謀罪』の対象としており、テロ対策目的との関連は見いだせない」(千葉県)、「内心を処罰対象とする点で思想・良心の自由を侵害するものであり、その捜査のため市民の私生活を監視することになる」(愛媛)、「電話による通話内容が犯罪を構成することになるため、これを察知するための盗聴が常態化する」(秋田)などと、問題点を指摘して批判しています。

かつて、小泉政権も共謀罪法案を3度提出したが、「犯罪の話しをしただけで罰せられるのでは」などと懸念が強まり、市民と野党の反対でいずれも廃案となった。

安倍は国会での議席過半数のこの時期に、アメリカに追随して戦争を始めるためのあらゆる悪法を成立させようとしている。戦前の「治安維持法」に相当するこの「共謀罪」を成立させることで、政府に対する批判勢力を根こそぎ犯罪者として捕まえてしまおうとしている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界に逆向 太陽光発電切り捨て

2016-12-31 21:54:02 | 日記

2016年の太陽光関連事業者の倒産件数が過去最多となったという。

民主党政権で始まった再生エネルギー買取り価格が自民党政権に戻って段階的に引き下げられたためである。

ドイツをはじめ先進国は再生可能エネルギーを保護し、脱化石燃料の取り組みをすすめているにもかかわらず、日本は原発生き残りのために再生可能エネルギーを目の敵にし、潰しにかかっている。住宅用太陽光発電の買取り価格も引き下げるという。

日本政府・経済産業省は原発マフィアの手先でしかない!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

反原発 鹿児島県知事の裏切り

2016-12-23 11:34:57 | 日記

7月の鹿児島県知事選挙で脱原発を掲げた三反園訓氏が当選したが、今月九州電力川内原発一号機の再稼働をあっさり許した。いったい何があったのかと思ったが、たまたま週間文春12月15日号を読んでがっかり。とんでもない男に心ある県民は騙された。

三反園は指宿高校から野球推薦で早稲田大学に入り、テレビ朝日に自民党二階堂氏の秘書の推薦で入社したという。

ニュースステーションで上がった知名度を武器に知事選に立候補し「脱原発」で支持を集めて当選した。当初、共産党が支持をする平良行雄氏が立候補を表明していたが政策合意ができたため立候補を見送った。

当選後は手のひらを返すように、後援者を遠ざけ、絶縁していった。そして10月には「原発政策のめざす方向性は自民党と同じ」と発言し、「私がどう対応をとろうとも、九電は稼働させていくことになる」と再稼働を容認した。

態度が変わった時は原発マフィアの魔の手が伸びたかと思ったが、とんでもない食わせものだった。県民を騙したつけは払ってもらわなければならない!!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トランプ政権の顔ぶれ 軍人と大金持ち

2016-12-21 15:56:22 | 日記

トランプは就任前に早くも支持率が50%を割り、42%だという。オバマの就任前の70%と比べいかに人気がないかがわかる。

選挙中は共和党を批判し、中間層をだまして票をかすめ取った。かつて「自民党をぶっつぶす」といって政権をとった小泉純一郎の手口と似ている。

トランプの新政権の顔ぶれは、強硬派の軍人と選挙中は批判したはずの金融界関係者億万長者大企業幹部ばかり。さらに二酸化炭素排出規制に反対の石油資本の代弁者

大統領補佐官・・・マイケル・フリン(元国防情報局長)イ元陸軍中将、イスラム教を癌と呼ぶ

財務長官・・・・・・スティーブン・ムニューチンゴールドマンサックス幹部)」

国防長官・・・・・・・ジェームズ・マティス(海兵隊退役大将)

CIA長官・・・・マイク・ポンペオ(陸軍士官学校卒業の強硬派の下院議員)

国務長官・・・・・レックス・ティラーソン(エクソンモービル会長兼CEO)

エネルギー長官・・リック・ペリー(前テキサス州知事)二酸化炭素排出規制に反対

環境保護局長官・・スコット・プリュット(オクラホマ州司法長官)二酸化炭素排出規制に反対

商務長官・・・・・ウィルバー・ロス(投資家の大富豪)

労働大臣・・・・・アンディ・パズダー(ファストフードCKEレストランCEO)

国土安全保障長官・ジョン・ケリー(海兵隊退役大将)

教育大臣・・・・・ベッツィー・デボス(共和党員の富豪)

中小企業庁長官・・リンダ・マクマホン(トランプと交流のあるプロレス団体元幹部)

 

この顔ぶれでは軍事優先・大企業優遇の政権になるのは明らか。

さらに石油企業の代表が実権をしめた政権はパリ協定から離脱することは間違いない。

きわめて危険なアメリカになっていく。アメリカ国民はとんでもない選択をしてしまった!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オスプレイ飛行再開 アメリカのポチ ロシアのタマ

2016-12-20 07:21:11 | 日記

安倍政権は米軍のオスプレイの飛行再開を二つ返事で承諾し、昨日、飛行を再開した。わずか6日で。

菅官房長官は「米側の説明は合理性が認められ、理解できる」と言っているが、危険な軍用機の下で生活している沖縄県民や沖縄以外の米軍基地や訓練地域の人々のことは理解できない。

あいかわらずアメリカのポチである。そんな外交姿勢だからロシアにもなめられ、ロシアのタマになってしまう。

ダウンタウンの松本人志さんがテレビ番組の中で次のように言っている。

12月18日にフジテレビ系で放送された「ワイドナショー」の一幕だ。まず松本は、日米両政府はオスプレイが13日夜に沖縄県名護市の東の海上に「不時着した」と表現していることについて「完全に墜落ですからね」と違和感を表明した。

その上で、在沖海兵隊司令官のローレンス・ニコルソン氏が安慶田(あげだ)光男・沖縄県副知事と会談した際に、「パイロットは住宅、住民に被害を与えなかった。感謝されるべきだ」と発言したことについて以下のように批判した。

これは絶対、皆さん怒ってニコルソンを反省させないとダメですよ。発言を撤回しないなら(安倍首相の)真珠湾訪問もなし。こいつ(ニコルソン)はオスプレイに乗せて帰しましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オスプレイ墜落 不時着ではない

2016-12-18 08:28:51 | 日記

沖縄での米海兵隊のMV22オスプレイの墜落事故を米軍と日本政府は「不時着」と言って事故を過小に見せようとし、マスコミもそれに準じている。沖縄県のみが墜落としている。

墜落と不時着のどちらか?航空関係のweb上の辞書、「航空軍事用語辞典」では

【墜落】
航空機が二度と離陸できなくなるような不適切極まる手順で着陸する事。

軍用機の場合はもちろん敵機や高射砲、ミサイルなどの攻撃によって撃墜される事が主要な原因である。
しかし、交戦せずとも操縦ミス、整備不良、天候、パイロットの急病、管制などの事実誤認、乗客のテロリズムなど、航空機が墜落に至る原因は数多い。墜落時の衝撃や燃料漏れによる火災などで著しい損傷が発生するため、事後の調査でも原因が判明しない事例も少なくない。

航空機の墜落事故はその性質上、一度発生すると射出座席や落下傘なしに生存するのは困難であり、特に訓練されていない乗客を乗せる旅客機では深刻な事態が想定される。
このため、特に旅客機を扱う企業は機体運用に細心の注意を要求され、あらゆる乗り物の中でも特に厳重な安全対策と罰則規定が敷かれている。
機長など運航スタッフにも責任が求められており、「最後の瞬間まで乗客の命を優先する義務がある」という観点から、射出座席など乗員の命を守る処置をあえて廃されている。

軍用機であっても、市街地の上空などで墜落の危機に陥った場合、住居・建造物や民間人への被害を防ぐために機体を安全な墜落地点まで誘導した結果、脱出が間に合わずに殉職する事がある。

ちなみに、「航空軍事用語辞典」には「不時着」で検索してもでてこない。飛行機には着陸か墜落しかないのである。あの墜落現場の写真を見れば、もう一度離陸できる状況ではないことは明らか。きわめて「不適切極まる手順で着陸」した「墜落」である。

オスプレイはもともと、エンジンが止まった場合、飛行機やヘリコプターのように滑空して不時着することが出来ない欠陥があると言われてきた。映画にもなった「ハドソン川の奇跡」といわれる事故ではエンジン停止後、エアバスA320はハドソン川に着水して一人も死者を出さなかった。3分間の滑空時間に機長が川へ機体を導いた。着水したとき機体は原型をとどめていたので全員の命が助かった。

今回のオスプレイは空中給油中に、給油機の給油ホースにローターが接触して損傷し操縦困難になり、普天間に帰る事をあきらめ辺野古のキャンプシュワブに向かった。住居・建造物を避けるのは当然であり、ニコルソン米軍調査官が「感謝されるべき」なんて言えない。結局、たどり着けず、海に墜落した。たまたま落ちたところが海であったので乗員が助かった。これは奇跡に近い。

おそらく米軍は今回の墜落事故をパイロットの操縦ミスですませるだろう。しかし、大きなローターが二つ前を向いたオスプレイに、空中給油ホースを近づけたら巻き込む危険性は高い。それも夜間の訓練では、事故は起きて当然だろう。このような危険な機体を使う事や危険な訓練を行う事が間違いである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍の歴史的失策!!!プーチンの思う壺!!!

2016-12-16 15:13:51 | 日記

予想どおり安倍は「ウラジミール」に敗れた。安倍は「ウラジミール」の思う壺。ところで、この「ウラジミール」という言い方はやめてくれん!安倍首相よ!

欧米はウクライナやシリアでプーチンのとっている行動に経済制裁を行っている。ウクライナでマレーシア航空が撃墜され罪のない命が奪われたのは、ロシアによる反政府勢力への支援によるもの。ヨーロッパのシリア難民問題はプーチンがアサド政権を支援していることから起きている。そのプーチンにファーストネームで呼んですり寄る安倍は「醜い」のひとこと。プーチンが世界から孤立している今なら、すり寄って北方領土問題で成果をあげ、歴史に名を残したかったのであろうが全くの情勢判断ミスと相手を見抜く力不足!

孤立しているプーチンに「愛の手」を差し伸べ、経済制裁により経済危機にあるプーチンに、3000億円の経済協力までするとは、日本は完全に欧米をも敵にまわすことになる。ヨーロッパ諸国はあきれかえっていることだろう。

そういえばプーチンは大統領の任期を4年2期から6年2期に延長し、権力保持の体制を固めているが、安倍も自民党の総裁任期を2期から3期に延長している。権力に異常に固執する似たもの同士である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンゾウ、プーチンに破れたり

2016-12-15 13:13:00 | 日記

今日、安倍がプーチンと長門市で会談するが、すでにシンゾウは破れた。

安倍が会談場所に長門市を選んだ。いつものように地元びいきの公私混同であるが、皮肉なことに武蔵・小次郎の決闘の行われた巌流島から遠くない。

プーチンは遅れてくるということだが、小次郎と同じく待たされた安倍はプーチンに負けるであろう。

そもそも今回の会談は北方領土で良い回答が引き出せると思い込んだ安倍の予測違い。拡張主義のプーチンが領土を狭めるわけがない。

プーチンという男がいかに非情な人間かは先日NHKBSで放送されたアメリカの放送局の作ったドキュメンタリーを見れば明らかである。KGBにいたプーチンが故郷ペテルブルグで副市長に潜り込み、汚職で私服を肥やした。その金を元にクレムリンに入るやエリツィンに取り入り、さらに首相になるやアパート爆破事件をでっち上げ、チェチェンの仕業と称して残虐な攻撃をチェチェンに仕掛け、国民の人気を得て、汚職まみれのエリツィンから政権を引き継いだのである。自分が大統領になるためには人の命など何とも思わない冷酷な独裁者である。

そんな男と手をつなごうという安倍の浅はかさは世界の笑いものである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カジノ解禁 博打で「お・も・て・な・し」

2016-12-04 08:51:12 | 日記

安倍政権はカジノ解禁法案をわずか6時間の審議で強行採決した。

松井大阪府知事は反対する者を「バカ」呼ばわりしている。

賛成する連中は外国観光客の誘致には必要と言い何千億円もの経済効果があるというが、所詮カジノは博打であり、賭場から稼ぐヤクザと同じ。

博打で身ぐるみ剥いで「おもてなし」はないだろう!

カジノ目当てに日本に外国人観光客が来るとも思えない。そうなるとターゲットは日本人。ギャンブル依存症で破産するものが続出するであろう。

金の亡者どもは手段を選ばない!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加