染織工房豆ブログ

染織工房「豆」の日々の記録

遠くを見てしまう気分

2017年06月18日 10時32分09秒 | Weblog
先日、娘が
「弱くたって数が多い方が強いんだよ」って唐突に言いました。
何だ何だと思って、どう言うことだと問うと、
「どんなに強い相手だって、弱くても、いくらでもたくさん出てくる方が強いし、勝つんだよ」

ゲームかなんかのことなんだと思いますが、
どうも引っかかって仕方がない。

その思考は正しく使えば民主的になるかもしれませんが、民主主義のとても悪い所でもあります。
高い理想や長期的な思考で考えられた個人の考えが、
従順かつ短絡的な多数の人たちを束ねる排他的な思考の元、ないがしろにされてしまわないかなと感じました。

ものを考えないで、ただ従属するだけの思考の方が多いので、いかんのですが、日本中にかなりの高純度で、権威主義が残っていることが関与していると思います。

権威のある人に追随していれば、まあ丸く治まることもあるかもしれませんが、大概おかしなことになるんですね。
表面上は、丸く収まったとしても、下層の方の鬱憤はたまる一方であるのですが、権威主義の信者は下の人なんか見えないんだから、それが正しいと思っている。

日本の家族構成にもそんなことが残っているから、ってのも原因かもしれません。

権威主義の方に、本当に悩まされているので、話がそれましたが、どうも最近民主的とは何だろうと考えさせられます。
最終的には多数決しなくてはならないとは思いますが、小さな声にも真摯に対応することも大事ではないかなと思います。
思考回路をどこかに置いてきた多数の兵隊を持っているとしても、否持っているからこそ、その力の行使には最善を尽くしてほしいと思います。

以前言っていたことと違っても、いいんですよ。
だって今とは違うんだから。じゃあ何で変わったのかって話をすればいいんですよ。
それをしないで、「俺は偉いいんだから、俺について来ればいいんだ」じゃダメでしょ。
それがダメじゃない人が多すぎて困る。あなたゲームみたいに死んでやり直すわけにはいかないでしょ。

日本の政治は民主主義の体裁は持っているけれど、資本主義な全体主義なんじゃないかなって思う。

でもまあ、今度静岡県知事選挙なんですが、何とも残念な二択。
話を聞いても、実績と批判のみの内容で、まあもうどうしろって言うんだ。内容を聞く限り、浜岡原発はどちらも容認だからなあ。

じゃあ自分で何とかする技量も資金もないわけですが、保守的な静岡では、どうにもならないものですかねと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 個展も終盤です | トップ | マダニ君の季節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL