工房八重の部屋

京都の紹介、日々の出来事や思いを綴ってます

大蓮寺は、文字どおり大きな蓮の咲く寺でした

2017年07月01日 | Weblog
大蓮寺にハスの花が咲いていることを知り、6月29日に行ってみました。

境内は小さく、大蓮寺の本堂前には、たくさんの花はすの鉢がありました。

寺の前の道には小さな寺がのきをならべている地域です!

大蓮寺は、文字どおり大きな蓮の咲く寺でした。

蓮は、阿弥陀経でも極楽に咲く花として説かれておるように仏教とは縁の深い花として知られています。

大蓮寺の花はすは、白、赤、黄、ピンク等40数品種あり、6月下旬から8月中旬頃まで咲くということです。(全盛は7月中)



大蓮寺のある通りは寺ばかりの道でした!


大蓮寺門


大蓮寺境内にはたくさんの鉢植えのハスの花がありました。







ジャンル:
食と健康・美容
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お中元に喜ばれる品物 | トップ | もと山岳部の方が藍綬褒章を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事