工房八重の部屋

京都の紹介、日々の出来事や思いを綴ってます

明石たこ祭りと舞子公園

2017年07月16日 | Weblog
15日は読売旅行のツアーで「明石たこ祭りと神戸開港150年記念、海フェスタ神戸」

というツアーに参加しました。

3連休の始まりの土曜日でしかも高速道路の西宮で事故発生ということで

最初の明石の魚の棚商店街には1時間も遅く到着しました。

魚の棚商店街は明石焼やあなご、タコの柔らかになどが有名とか!

なにも買う予定なかったのに、2時間近く自由時間あるので

たこの塩辛、タコ飯のもと、たこの柔らか煮、豚の角煮などなど

沢山の買い物して、荷物が重たい!

ツアーはバスに荷物置いて置けるのがありがたいです。

次に行ったのが舞子公園!

1時間の自由時間に海面47cmのガラス張りの遊歩道「舞子プロムナード」

は明石海峡大橋の下にあります。

「舞子プロムナード」から2つの洋館が見えます!

孫文記念館だけ行けました! 旧武藤山治邸は時間なくて行けませんでした。

1時間の自由時間では駆け足の見学でした。

まじかに見る明石海峡大橋は迫力ありました。



明石の魚の棚商店街でのたこ祭り
パンフレット頂き,三店の店から平天、タコの柔らか煮など
無料でもらえました。休憩所では団扇やタコせんべい、お茶のパックなど
頂けました!


焼あなご


明石焼の店が多い!


明石銀座通の花


舞子公園地図


舞子公園の「舞子プロムナード」は明石海峡大橋の下にあります。


「舞子プロムナード」


「舞子プロムナード」の海面47cmのガラス張りの遊歩道


「舞子プロムナード」の海面47cmのガラス張りの遊歩道から見た下の景色


「舞子プロムナード」から見える景色
洋館は孫文記念館「移情閣」です!




下に見える孫文記念館と旧武藤山治邸


下に見える孫文記念館と旧武藤山治邸


孫文記念館「移情閣」に入ってみましょう!
ノスタルジックな面影を漂わす3階建ての八角堂がシンボルの「移情閣」は、大正4年に
神戸の貿易商・呉錦堂が建てた別荘です。昭和59年には「孫中山記念館」として一般 公開され、
かつてここを訪れた中国革命家孫文に関連する資料を展示しています

孫文記念館内部


孫文記念館内部


孫文記念館階段




孫文記念館から旧武藤山治邸が見えます。
旧武藤山治邸は時間なくて行けませんでした。


まじかに見る明石海峡大橋は迫力ありました。


明石海峡大橋の下に「舞子プロムナード」があります。
エレベータで七階まで登ります!
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食べログ3,51のととやで... | トップ | 「明石たこ祭りと神戸開港1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL