工房八重の部屋

京都の紹介、日々の出来事や思いを綴ってます

琵琶湖の水生植物園みずの森、琵琶湖のはす群生地は全滅

2017年07月27日 | Weblog
京都市内は盆地で山に囲まれているので、海や湖など水のある景色

が見たくなります。

琵琶湖の東湖岸の道を車で北上し、烏丸半島にある草津市立水生植物園みずの森

へ行きました。

昨年から琵琶湖湖岸1面覆い尽くしているはす群生地は原因不明で全滅というニュースが

ありましたが、本当に、湖面にはあの圧巻の蓮の花はなにもなかったです! 

今まで何十年も見た、あのハスの1面の絶景がなくなっているのを、実感しました。

ただ、今までよりも草津市立水生植物園みずの森の園内は充実していて

入口前のアメリカふようは白、ピンク、濃いピンク、赤と大輪の花が素晴らしく!

池のオニバス、スイレン、蓮の花、などは見事でした。

今の季節は、今までは湖岸のハス群生を見る人達で混んでいましたが、ハス群生のない

今はいつもより人が少なくて、いろいろな水性植物などを静かに楽しむことが

できました。たくさんの花の写真を写したので、次の日のプログも、

「草津市立水生植物園みずの森」の花の写真を記載します。













アメリカふようの花は大輪です


アメリカふようの花


アメリカふようの花


入口の細長いに池にはいろんな種類の睡蓮の花がありました!








花影の池は橋が2本かかり、オニバス、スイレン、蓮の花、などは見事でした。


パラグアイオニバス


パラグアイオニバス


パラグアイオニバス


スイレン











昨年からハスの湖面に咲く、ハス大群生はなくなっていました!


昨年からハスの湖面に咲く、ハス大群生はなくなっていました!


いつも湖岸のハス大群生を一望に見ていた場所

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちぎり絵でひまわりの花を作成 | トップ | 「草津市立水生植物園みずの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL