異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

アベ倒閣勢力発足 「加計学園問題」に業煮やす村上議員が中心 〔田中隆作ジャーナル 2017.5.16〕

2017-05-16 23:45:11 | 政治 選挙 

 

田中龍作ジャーナルhttp://tanakaryusaku.jp/2017/05/00015837より転載

アベ倒閣勢力発足 「加計学園問題」に業煮やす村上議員が中心

村上誠一郎議員(左・着席)と野田毅・税制調査会最高顧問(右)。二人ともI am not Abe で鳴る。=16日、衆院会館 撮影:筆者=

村上誠一郎議員(左・着席)と野田毅・税制調査会最高顧問(右)。二人ともI am not Abe で鳴る。=16日、衆院会館 撮影:筆者=


 自民党内の反安倍勢力が「水面上」に出てきた―

 村上誠一郎議員や野田毅議員など安倍首相に批判的なスタンスをとる実力派のベテラン議員が中心となった勉強会が、きょう、発足した。国会議員約60人が参加した。

 村上誠一郎議員(愛媛2区)は、お膝元の今治市を揺さぶる「加計学園問題」を腹に据えかねていることで知られる。学園の加計孝太郎理事長は安倍首相のお友達中のお友達だ。

 自民党内最リベラルだった三木派の大番頭・河本敏夫の秘書を経て1986年、衆院選に初当選。現在、10期目のベテラン議員である。

 村上議員は自らのDNAにかけて反安倍の狼煙を上げたともいえる。
 
 勉強会の会長を務める野田毅・税制調査会最高顧問は、安倍政権の消費税増税先送りを批判したことから、2014年末の衆院選で党公認を外されかけた。

 きょうの勉強会のテーマは「日本財政の現状と展望」。アベノミクスの名称こそ出てこないが、安倍政権の経済政策に警鐘を鳴らすものだ。

勉強会はやがて派閥となる。テレビ局6社はじめマスコミ各社が取材に来た。=16日、衆院会館 撮影:筆者=

勉強会はやがて派閥となる。テレビ局6社はじめマスコミ各社が取材に来た。=16日、衆院会館 撮影:筆者=


 村上議員はあいさつで、国の借金対GDP比を挙げ、「日本国家は国民の資産を守る気があるのか」と疑問を呈した。

 野田毅・税制会最高顧問は「少なくとも今の状況が続けば財政破綻。どういうことに繋がっているのか、足音が聞こえてきている」と危機感を示した。

 自民党内は派閥再編の波風が立ち始めた。きっかけは党内議論を経ないまま安倍首相が読売新聞に発表した改憲案である。

 谷垣派、麻生派、山東派のうち60人が合流して新派閥を作る。これに額賀派(55人)、岸田派(46人)が力を貸せば、総裁派閥である細田派(96人)を凌駕することができる。倒閣は可能となるのだ。

 「タガが緩み始めたってこっちゃ」― 幹事長などを歴任し、自民党の事情をよく知る小沢一郎・自由党代表は指摘した。

 まともな生活を取り戻すには、民進党をアテにするより、自民党内の「非アベ」を頼りにするしかない。

 

****************:::

 テレ朝 news http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000100891.htmlより転載

行き詰るアベノミクスに不満?自民議員の勉強会発足

2017/05/16 17:24

 自民党に、アベノミクスに否定的な議員の勉強会が発足しました。

 自民党・野田前税調会長:「危機状況というか、財政破綻ということがどういうことにつながっていくのか、足音が聞こえてきている状況下にある」
 政府が掲げる2%の物価上昇の目標が達成できないなどアベノミクスの限界が指摘されるなか、大胆な金融緩和政策に否定的な議員が勉強会を立ち上げました。16日に行われた初会合では日本の財政や金融をはじめ、社会保障制度の立て直しについて議論が行われました。安倍総理大臣の憲法改正発言で揺れる自民党内からアベノミクスに対する不満も噴出した形です。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <ご案内>5/29(月)森友問... | トップ | <写真報告>「5/16共謀罪廃... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。