異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

税金で沖縄に機動隊派遣 警視総監に2億8千万円の返還請求 〔田中龍作ジャーナル 2016.12.20〕

2016-12-20 23:18:01 | 沖縄

http://tanakaryusaku.jp/2016/12/00015032より転載

税金で沖縄に機動隊派遣 警視総監に2億8千万円の返還請求

訴状提出後、記者会見する原告弁護団。=20日、司法記者クラブ(東京地裁内) 撮影:筆者=

訴状提出後、記者会見する原告弁護団。=20日、司法記者クラブ(東京地裁内) 撮影:筆者=

 米軍のオスプレイ用ヘリパッド建設に反対する運動を弾圧するために税金を使って沖縄に警視庁の機動隊員を派遣したのは違法である ―

 東京都民314名と弁護士67人からなる原告団が前警視総監と現警視総監を相手どり2億8千万を都に返還するよう求める訴訟を、きょう、東京地裁に起こした。

 機動隊を沖縄に派遣している神奈川県、大阪府、福岡県などでも違法支出に対する監査請求が住民から出されているが、訴訟になったのは東京都が初めて。

 他府県の住民監査請求に影響を与えるのは必至だ。

品川ナンバーの機動隊車両が我が物顔で沖縄の県道を走る。=7月、高江 撮影:筆者= 

品川ナンバーの機動隊車両が我が物顔で沖縄の県道を走る。=7月、高江 撮影:筆者= 

 訴状によると原告は機動隊派遣の違法性を次のように指摘している―

・アンケート調査では高江住民の82・2%がヘリパッドでのオスプレイ運用に反対している。

・派遣は警察庁の通知によるもので自治体警察の原則に反する。

・「機動隊員による住民らへの暴行」「住民のテント・車両の強制撤去」などは警察法第2条1項に反する。

 警察は住民の反対を違法な力で封じ込めるために夥しい数の機動隊を長期間投入してきたのである。『田中龍作ジャーナル』では幾度も指摘してきた。

 前警視総監と現警視総監を被告としているのは、機動隊派遣の決定権者だからである。

 原告代理人弁護士によると警視庁は機動隊員140人を5ヵ月にわたって派遣してきた。

 辺野古の埋め立て工事が再開されれば、さらに派遣期間が延びる可能性がある。税金からの支出はさらに増える。

  ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

沖縄

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 潘・国連事務総長:「アレッ... | トップ | 惨敗!プーチンに授業料3000... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

沖縄」カテゴリの最新記事