異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

93回目の関東大震災の日に。「虐殺」に走った人と、とめた人を分けたのは、何だったのか?=今だからこそ読み返したい一冊 「九月、東京の路上で(加藤 直樹著)」

2016-09-01 23:50:28 | 差別 レイシスト カウンター

http://syuklm.exblog.jp/26158073/よりの転載

2016年 09月 01日

93回目の関東大震災の日に。「虐殺」に走った人と、とめた人を分けたのは、何だったのか?

 

 

今だからこそ読み返したい一冊。

 

 

九月、東京の路上で  

  1923年関東大震災ジェノサイドの残響」

                               加藤 直樹さん

 

 

b0343370_21575927.jpeg

 

                    b0343370_21573761.jpeg

 

 

■自警団だけではなかった

 



1923年9月1日の関東大震災後。

「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んでいる」

「鮮人が暴動を起こす」という不確かな情報に

恐怖を感じた人たちの手で、

数千とも言われる人の命が、

わずか数日の間に奪われました。

 

 

 

在日韓国朝鮮人の人たちだけでなく、

中国人労働者や、

標準語を発音できなかった聴覚障害や

沖縄の人たちも犠牲になっています。

 

 

 

犠牲を大きくしたのは、自警団だけでなく、

未確認情報を拡散したメディア、

「暴動鎮圧」のお墨付きを与えた警視庁、

そして朝鮮本国での弾圧さながらに出動した軍隊でした。

 

 

b0343370_21572618.jpeg

 

後から事実無根に気づいた警察が事態を収拾するまで、1週間。

 

 

 

虐殺の嵐が吹き荒れる一方で、それに抗して、

在日の人たちを命懸けでかくまい、

守った人たちも存在していました。

 

 

b0343370_22041014.jpeg
 

 

その人たちと、「虐殺する側」とを分けたものは、一体なんだったのか。

 

 

 

この問いこそ、私が知りたかったことでした。

 

まさにそれがこの本の白眉となっています。

 

 

 

***シェアココから**

 

 

 

”朝鮮人を殺した日本人と、朝鮮人を守った日本人。

その間にはどのような違いがあったのだろうか。

 

 

 

朝鮮人虐殺を研究する山岸秀はこれについて、

守った事例では、

「たとえ差別的な関係においてであっても、

日本人と朝鮮人の間に一定の日常的な人間関係が成立していた」

と指摘している。

 

 

つまり、朝鮮人と実際に話したこともないような連中とは違い、

ふだん、朝鮮人のだれかと人としての付き合いを持っている人の中から、

「守る人」が現れたということだ。

 

 

言ってしまえば当たり前すぎる話ではある。

だがこの当たり前の話を逆さにしてみれば、

「ヘイトクライム(差別扇動犯罪)」とは何かが見えてくる。”

 

 

”ヘイトクライムは、

日常の場を支えている最低限の小さな結びつきを

破壊する犯罪でもあるのだ。

 

 

ごく日常的な、小さな信頼関係を守るために、

危険を冒さなくてはならなかった人々の存在は、

日常の場に乱入し「こいつは朝鮮人の、こいつは敵」と叫んで

暴力を扇動するヘイトクライムの悪質さ、

深刻さをこそ伝えている。”

 

 

”「非人間化」を進める者たちが恐れているのは、

人々が相手を普通の人間と認めて、

その声に耳を傾けることだ。

 

そのとき、相手の「非人間」化によらなければ通用しない歴史観やイデオロギーや妄執やナルシズムは崩壊してしまう。

 

 

だからこそ彼らは、「共感」というパイプを必死にふさごうとする。”

 

 

 

 

”私は、90年前の東京の路上に確かに存在した人々のことを

少しでも近くに感じる作業を読者と共有したかったからこそ、

この本を書いた。

 

 

記号としての朝鮮人や日本人ではなく、

名前を持つ誰かとしての朝鮮人や中国人や日本人が

そこにいたことを伝えたかったのだ。

 

 

 

「共感」こそ、やつらが恐れるものだから。

 

 

 

そして、文章をまとめていくなかで気づいたのは、

実は90年前の路上もまた、

「非人間」化と共感がせめぎあう現場だったということだ。

 

 

ときには同じ人間の中でそのせめぎあいがおきている。

殺してしまった相手を、殺した人間が供養するのは、

そういうことだろう。”

 

 

 

”右翼政治家たちがけしかけ、メディアが展開する、

集団ヒステリーのような「非人間」化=

レイシズム・キャンペーンを、誰も疑問に思わない状況。

それはどこにたどり着くのだろうか。

 

 

 

私たちはそのなかで、

いつまで当たり前の共感を手放さずにいられるのだろうか。”

 

 

 

***シェアココまで****

 

 

 

b0343370_21571426.jpeg
 

 

 

■「当たり前の共感」が、ヘイトスピーチ禁止へ

 

 

 

この本の発行(2014年)の後、今年5月、

ヘイトスピーチ(差別扇動表現)を根絶するための法律が、

ついに国会で可決。

 


さらに6月、川崎市は、

在日コリアンや様々な人たちが共生する街・桜本を標的にしたヘイトデモに対して、

「市民の安全と尊厳を守るため」、

使用許可を出さないことを決定。

 

 

 

共生へ希望貫く川崎・「ヘイト」デモ中止↓

http://www.kanaloco.jp/article/177372

 

 

”わが街で、わが子の目の前で

「ゴキブリ朝鮮人、死ね、殺せ」と言われた絶望が、

「きょう、みなさんと一緒に希望によって上書きされた」。”

(崔 江以子さん)

 

 

 

 

 

法案成立前に野放しだったヘイトデモが

桜本の小さな商店街に入ろうとした時、

路上に身体を投げ出して阻止したのは、

何十年も同じ街に住み、同じ商店街で買い物をし、

同じ地域の祭りを担ってきた住民同士、

全国から駆け付けた同じ思いの人達でした。

 

 

 

この日常的な共感こそが、

小さな結びつきひとつひとつが、

紡いだ結晶だと思います。

 

 

 

 

■結晶を壊させないために

 

 

 

一方で、津久井やまゆり園の障害者襲撃事件に露わになった、

「障害者は抹殺していい」という思考。

 

日本人人質事件後に巻き起こった、イスラム教徒への排除…。

 

 

 

まさにいま現在進行形で、この日常空間で、

せめぎあいが続いています。

 

 

 

2016年を、ヘイトスピーチ・ヘイトクライム廃絶の元年にできるように。

 

 

どこの街でも、誰に対しても、

ヘイトスピーチ・ヘイトクライムをさせない。

 

制止・禁止するだけでなく、

生み出させないために。

 

 

 

小さな結びつきを手放さないで、

繋ぎ続けていきましょう。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新潟 泉田知事 立候補取りや... | トップ | [インタビュー]「慰安婦被... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「朝鮮人のみが不逞の輩」 (真実史観)
2016-09-02 17:49:00
被害者成り済ましコリアン泣き売! 朝鮮人のみが殺されたのではなく、「朝鮮人のみが不逞の輩」だった!関東大震災!
 日本列島は天災列島なので、助け合い無き者は淘汰され、生存出来得なかった。日本民族は助け合いを宗として、歴史を刻み、生きてきた。互いに助け合わなければならない大震災時に、なんと、前代未聞の、火付け盗賊強盗強姦の不逞集団がいた。災害救助の最中、自警団を組織した日本民族は、不逞の輩をことごとく成敗した。当然である!

 成敗の不逞の輩を調べたら、なんと驚くことに、ことごとくが、朝鮮人であった。救助が最優先の不測の震災時に、顔のよく似た朝鮮人のみを選り分けての殺害は、不可能! これは常識!
 朝鮮人のみが殺されたのではなく、「朝鮮人のみが不逞の輩」だった!
 この記事は、考える回路(常識)が無い欠陥朝鮮人や成り済まし罪日の、典型的なサンプル。北海道・朝日・毎日・東京・中日・神奈川・信濃毎日・西日本・沖縄タイムズ・琉球新報等々の日本の新聞も、同類!

詳細は下記を選択し検索
朝鮮族捏造日本人差別碑関東大震災碑群馬県強制連行犠牲者追悼碑等々

真実史観

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

差別 レイシスト カウンター」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。