年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

仕事柄、日本中を飛び回っていて、その出張先での外食を日記にしています
たくさんのコメントを待ってます

名鉄豊川線八幡駅:『魚々屋』      穂ノ原の工場地域近くにあるジャンボ海老フライが名物だという和食店

2016-10-10 22:58:05 | 東海
PA103322.JPG

最近曜日ボケをしているワタシ
月曜日だということでアポイントを入れていたのですが、今日は体育の日ってことで祝日だったんですね
まぁ、フリーで仕事をしているワタシにとっては関係ないことなのですが、飲食店にとっては忙しい日と言うことでクライアントさまにはご迷惑をおかけしてしまいました



PA103321.JPG
打ち合わせを終えての夜ごはんは『魚々屋』ってお店
庭木とライティングにオシャレ感を感じる入り口は、これからいただくお料理のおいしさが感じられるステキな店造りでありますし…
こちらの看板メニューは海老フライであるとのことで、その大きさには一見の価値があるということでお邪魔することにいたします


PA103324.JPG
お昼からずっと鰻料理のお話をしていたために舌は完全に鰻になっていたこともあって、看板料理の海老フライも食べたいし鰻も食べたいと迷うワタシなのでありまして…
大きな海老フライが名物だというだけあって、その商品はジャンボ海老フライだけではなく、スーパージャンボ海老フライってものまであって、頭の中では太い海老の身のムチッとした食感が渦巻き始めます
そんな時に鰻と海老フライのふたつを一緒にいただくことが出来る御膳を見つけて、早速それを注文することにいたします
提供されたソレはかなりボリューミーでありましてテンション高まるモノであったのですが、やはり鰻は専門店でいただくに限りますね


PA103331.JPG
さて、名物であるジャンボ海老フライ
なるほど300mm弱と立派な大きさでありますし、その太さやムチッとした食感は期待通りなのでありますが…
海老の甘みや旨みと言う点では些か大味であったことが残念でありまして、海老好きとしてましたは大きさよりも旨みを求めたいところであります



雰囲気が良いお店でありますから、チャンスがあれば次回はお刺身を中心としたお料理をいただいてみようかと思います



【和食・海鮮 魚々屋】
愛知県豊川市市田町河尻100-2
0533-89-4441
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JR山手線東京駅:『珉珉』 ... | トップ | 東京メトロ有楽町線新富町駅... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL