花と低山を目指して

四季折々の花、景色、そして近場の低山歩き

赤い太陽が沈んで行く 2017年3月

2017年04月05日 | 夕景

春の到来を告げるかのように、この頃は晴れていても霞がかかることが多い。先月19日は、濃い春霞で西方向に位置している浅間山が全く見えなかった。それでも、落日のときに浅間山のシルエットが浮かび出ることを期待して、わたくしは市街地に近い山に向かった。夕日が浅間山の山頂に沈む場面を撮りたかったからだ。

日の入りの時刻が近づくにつれて、太陽が次第に赤く見えるようになった。しかし、シルエットが全く現れなかったので、山頂に赤い太陽が沈む場面は現れなかった。それでも、赤い太陽が沈んで行く場面は印象的であった

市街地の西に浮かぶ赤い太陽。

 

太陽の明るさに、露出を合わせてみた(マイナス側に補正)。画像は望遠 200 mmで撮ったものをトリミングしたものである。現像での色温度は曇り(6500 K)に設定した。


くっくりと、赤い太陽が撮れた。しかし、黒点が写っていない。インターネットで公開されている太陽観測データには、3月6日から3月20日までの間、観測された黒点数はゼロであったと報告されている(宇宙天気情報センター・太陽観測データ)。

なるほど、赤い太陽を黒点の数がゼロであるときに撮ったことになるのか。Google Scholarにおいて「太陽 黒点 気象」をキーワードとしてを検索すると、国内で500 件強の学術報告や解説などがヒットする。


太陽が雲に沈み始めた。このときの願いは雲よ去れであった。


望遠 200 mmで撮ったものをトリミングする。

 

次第に、赤い太陽は見えなくなった。

 

 

3月19日午後6時頃、群馬県桐生市にて。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ミツマタの花(その2)、青... | トップ | ミツマタの花(その3)、香り... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はる)
2017-04-06 04:42:25
本当に印象的ですね。
この空気感、この色彩は印象派の絵画のようです。
トリミングされた赤い太陽は鮮烈でしばし釘付けでした。
Unknown (kotsunagi567)
2017-04-06 13:41:05
はるさん、こんにちは。
このときは、赤い太陽がある景色を魅入られたように眺めました。
印象派の絵画に例えていただきありがとうございます。
わたくしは絵を鑑賞することが好きですので、あの画家ならば
どのように描くだろうと空想しながらシャッターボタンを押しています。

コメントを投稿

夕景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。