花と低山を目指して

気ままに、花や景色を撮っています。ときどきは、近場の低山を歩いています。

合歓の花、桐生川ダムにて、2017年7月

2017年07月16日 | 山の花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当地では、蒸し暑い日が続いている。さて、桐生川ダムの周辺ではネムの木(合歓の木)が花を開き始めた。ネムの木は荒れ地に真っ先に侵入するものであるから、この木が多いことには何か複雑な思いを抱きたくなる。しかし、深緑を背景とする、長い雄しべの彩りは梅雨時ならではの風物詩である。

この彩りを眺めながら、私はダム湖上流の谷沿いの道(栃木県に通じる県道)をこの日も歩いた。余談ながら、定期的に検査を受けてきた特異抗原の値が正常範囲を越えたので、先々週は2泊3日の入院で生検を受けた。2週間後に判明する検査結果はどのようになるだろうか。霞んでいる湖畔の景色のように、結果を待つ気持ちはすっきりとしない。


撮影、7月14日午前、桐生川ダム(梅田湖)にて、晴れ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 初夏の花、ネジバナ、2017年6月 | トップ | キレンゲショウマの花が咲き... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おひさしぶりです♥ (はる)
2017-07-16 13:43:28
どうされたのかなぁ…(´^`)?? と思っていました。

楽しみにしておじゃましましたが、いつもの感じではない?と思いました。
最後にご近況が分かり驚きました。
ご心境と関係あるのでしょうか。
それとも水分の多い夏の空気のせいでしょうか。
でも5枚目のお写真はとても好きです(^^)
背景の水の色とネムの花の色の色合いがクラシカルで♥

浮き足だったコメントですみません (;^^A


初めましてm(__)m (雀(から) )
2017-07-16 17:04:46
読者登録、恐縮です🙏
私の ブログは 写真も何もない つまらない ブログで申し訳ないです😅
今は 山歩きも何も できなくなりましたが 山の風景 山の植物が 大好きで 思わず 読者登録してしまいました (*´-`)合歓の花 大木で 迫力ありますね 元気が で そうです 👼ありがとうございました🙋
ご来訪ありがとうございます (kotsunagi567)
2017-07-16 21:14:32
はるさん、こんばんは。
しばらく更新を怠っていましたが、なんとか記事をアップしました。
早速コメントをお寄せいただきありがとうございます。
定期的に受けていた検査の結果を知ったときは、遂に来るべきものがとの心境で生検を受けました。
このようなときは、スッキリとして青空や山並みの景色を眺めたくなりますが、当地では
霞がかかった天候が続いています。それでも、湖畔で咲く合歓の花の連なりは自分にとって
心和む景色です。
5枚目は花と水面の組み合わせに魅せられて撮りました。うれしいコメントに感謝いたします。
初めまして (kotsunagi567)
2017-07-16 21:41:49
雀さん、こんばんは。
こちらこそ、読者登録をいただきありがとうございます。
高い山は登れそうもありませんので、低い山をゆっくりと歩いています。
これからは蔵出しのような画像が多くなるかと思いますが、ご来訪をお待ちしています。
ダム湖の岸辺には大木が多いので、季節に応じての迫力と彩りが魅力的になっています。
また、春には水面にウグイスなど声が響き渡ります。
貴ブログの心温まる記事を読むことを楽しみにしています。
Unknown (でん)
2017-07-17 00:44:39
梅雨の末期に咲くねむの木、甘い香りが漂っているのが想像できます。
空模様を見てもスッキリしなくて、まだ梅雨明けしてないのだと実感しています。

梅雨明け直後の天気のように
こつなぎさんの気持ちも晴れるといいですね。
花の香り (kotsunagi567)
2017-07-17 09:02:08
でんさん、おはようございます。
今朝も日差しはあるものの、すっきりしない空模様になっています。
確かに、道には大木の花の香りが漂っていました。
朝霧が晴れるにつれて花が眼前に現れるの如くに、すっきりとした気分になりたいと
思っています。
お心遣いに満ちたコメント、ありがとうございました。

コメントを投稿

山の花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。