花と低山を目指して

気ままに、花や景色を撮っています。ときどきは、近場の低山を歩いています。

今年のカッコソウ、みどり市小平にて、2017年

2017年04月23日 | 山の花

カッコソウ(サクラソウ科の多年草)の花が「小平サクラソウの会」の管理地で咲き始めた。今日、わたくしは同会によるカッコソウ祭りでのツアーに参加した。

管理地の杉林では、カッコソウが午後の木漏れ日を受けていた。管理地は小平地区(岩穴)にある。

花のクローズアップ

花を開き始めたばかりであろう。花びらが完全には展開していない。カッコソウには、長花柱花と短花柱花の2つのタイプがある。前者では雌しべが長いが、後者では雌しべが短い。このものは、雌しべが見える(長い)ので長花柱花であろう。そして、受粉は異花柱花の間で行われる。

こちらの花では雌しべが見えない(短花柱花)。

*******

ツアーでは、サクラソウの会員と桐生・みどり市地区環境アドバイサーによって案内されて管理地内の通路を歩く。


*******

カッコソウは、鳴神山(群馬県桐生市・みどり市)の固有種として、環境省「種の保存法」で国内希少動植物に指定されている。ツアーでの案内によると、かつて小平地区では山一面がピンク色になるほどカッコソウの花が咲いたが、自生地は盗掘などによって壊滅状態になってしまったとのことである。


管理地にて。週末には花の数がさらに増えるだろう。


4月23日午後、群馬県みどり市小平、管理地(岩穴)にて。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 夕日の木漏れ日を受けるミツ... | トップ | 今年のカッコソウ、みどり市... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新しい場所ですか (mino)
2017-04-26 07:32:30
おはようこざいます。

ここは鳴神山とは別な場所でしょうか
ずいぶん花が密集して咲いているようで
見ごたえがありますね。
雌しべの長いのと短いものの間でしか受粉が行われないのですね。
これも強い子孫を残すための仕組みなのでしょうか
写真を見ると、ここも杉林のようですね
場所について (kotsunagi567)
2017-04-26 10:26:52
minoさん、おはようございます。

管理地は鳴神山のそれとは別の場所です。鳴神山の西、ひと山越えた所です。
みどり市の施設「小平の里」の先にあります。管理地はフェンスで囲まれていますが、
一般公開されているときは中の通路で花を見ることができます。
受粉についてはそのとおりです。カッコソウは他家受粉でのみ種子をつくるようです。
杉林は半日陰の場所を好むカッコソウにとって居心地が良いようです。この地は木漏れ日を
浴びている花を見たい人にとって魅力的です。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿

山の花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。