花と低山を目指して

気ままに、花や景色を撮っています。ときどきは、近場の低山を歩いています。

フォトアルバム(13)、冠雪の浅間山

2016年12月24日 | 雑感

 

 

 浅間山と剣ヶ峰との対比

 

 このときは、浅間山の活動がやや活発であった。

店の背後で夕日を浴びる浅間山と自分達の車(シビックRS)。店の主人から、この付近で絵筆を握る人は多いと聞いた。

 

今年も残り少なくなった。しかし、間もなく新しい年を迎えるのだとの実感がわたくしには湧いてこない。それは定年そして非常勤として在籍するに及ばずとの年齢制限で、職場を今年3月に離れたためかもしれない。それでも、ときには若者たちの報告会とその後のコンパに参加するすると、ついつい自分の年齢を忘れて、その場の雰囲気を楽しんでしまう。出過ぎないように思いつつもである。

閑話休題、これからは近くで(ときにはやや近くで)眺めた山や花の画像をアップしたいと思う。今回は佐久市内で眺めた浅間山である。この山については、自分が小学生であった頃(何十年前であったろうか)からの思い出がある。たとえば、100 km以上も離れた場所に住んでいたにもかかわらず、火山灰が降ってきた。そして、ときには噴火音が響いてきた。

日頃、富士山を思わせような姿の浅間山を遠望している者としては、近くで見る山の姿に迫力を感じて感動し、そして畏敬の念を持たざるをえなかった。このときは、そのような思いで、わたくしたちは浅間山のビューポイントを探した。


撮影、2008年11月中旬、佐久市にて。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 落日の光景、雲のいたずら、2... | トップ | 接地逆転層が生み出す朝景、2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。