花と低山を目指して

四季折々の花、景色、そして近場の低山歩き

梅雨どきの緑、キレンゲショウマなど、2017年

2017年06月17日 | 庭の花

今日も梅雨の晴れ間とは思えないほどの青空が午前中は広がっていた。昨夕は窓ガラスが振動するほどの至近距離で雷鳴が響いた。

さて、雨が降ると、キレンゲショウマなどの新緑が目立つようになってきた。


 

数年前に種苗会社から購入した苗が、今年も順調に芽ばえて面白い形の葉を広げている。昨年は数輪の花が咲いた。今年はどのくらいの蕾が花を開くだろうか。

花や蕾を食害するクロハウリムシの活動が活発になる前に、花は盛りとなってほしい。



レンゲショウマの蕾。数年前に苗を種苗会社から購入したものであるが、昨年は全く蕾ができなかった。一作年、花が多く開き過ぎたようである。今年は花が見られそうだ。なお、レンゲショウマはクロハウリムシによる食害を受けないようである。


ツルニンジン。このものには生命力が満ちている。長野県の栽培農家からの苗は春になると、必ず姿を現す。

昨年の蕾と花。


ホトトギスの葉も緑が濃くなった。そばでは、セキヤノアキチョウジ(薄紫の花を開く)が草丈を伸ばし始めた。

昨年の花から。

 

撮影、6月中旬(昨年の花は7-8月)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 6月12日の燃えるような夕焼け... | トップ | 寸景、浅間山などの遠望 201... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キレンゲショウマ (田舎人)
2017-06-17 17:27:39
今日は。
キレンゲショウマと言えば、徳島では剣山(標高1955m)の山頂付近で見かける花ですが、そちらでは、低地でも咲くのでしょうね。
キレンゲショウマ (kotsunagi567)
2017-06-17 20:37:49
田舎人さん、こんばんは。
剣山はわたくしにとりまして憧れの山です。一度はこの山で咲くキレンゲショウマを見たいと思っていますが、
いまだにこのことは夢物語です。こちらでは、日光市の植物園などにおいてのみ花を群れを見ることができます。
当地は関東でも山に近いところですので、キレンゲショウマが頑張ってくれているようです。
問題は光沢のあるものを好むクロハウリムシによる食害です。キレンゲショウマの花や蕾は光沢がありますので、
この害虫の標的になってしまいます。今年もクロハウリムシに今から神経質になっています。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。