あなたのすきな本は何ですか?

桔梗です
訪問ありがとうございます
いろいろな想いを残してくれたお気に入りを紹介しています

漁港の肉子ちゃん 西加奈子

2013-01-30 16:25:24 | ★な・は行の作家
漁港の肉子ちゃん
西加奈子
幻冬舎

肉子ちゃんは太ってる

肉子ちゃんは不細工だ

肉子ちゃんは男運がない

肉子ちゃんの本当の名前は菊子だ
だけど 自分を捨てた男を探しに行った北陸の港町で うおがしという名の焼き肉屋で働くようになり
よく肉を食べ よくしゃべり よく笑う菊子ちゃんは 
肉子ちゃんと呼ばれ そして町中の人に愛されている


大人になると 自分の心のままに笑ったり泣いたり怒ったりできないことも多い

それはダメと言われて気持ちを奥に押し込んだり イヤだという言葉をムリに飲みこんだり
その度に心はメキメキと音をたててつぶれていくけど つぶれる音を聞くのにもだんだん慣れっこになるけど

肉子ちゃんは いつでも全力で肉子ちゃんで
空気なんて読まない 誰の心にもずかずかと入っていく 
いつも笑ってていつもやかましくて 最初は馬鹿にされたり冷たい目で見られたりするけど

でもなぜかいつの間にやら 肉子ちゃんの周りの人達は肉子ちゃんのファンになってしまう


人間 お腹や頭だけじゃなくて 心が痛くなる時だってある
そんな時は 痛いって声に出して言ってもいいんだ
痛いと泣いたからって つき放したり迷惑がったり嫌ったりしない
そんな肉子ちゃんの隣にいると みんな安心して 自分でいられるんだろう


「サリンジャーっ!なんとか戦隊の名前みたいやなっ!」

肉子ちゃんがそんなふうに笑い飛ばしてくれたら きっと悲しい気持ちもさびしい気持ちもぜーんぶ空に放り投げて 一緒に笑い転げられるんだろうなと思う


大丈夫 私だけじゃない 誰だってみんな ダメな大人なんだ
そうして みんなが少しずつ ダメなところを赦しあって生きてるんだから
まるごとの自分でいいじゃないか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

邂逅の森 熊谷達也

2013-01-30 16:22:07 | ★か行の作家
邂逅の森 (文春文庫)
熊谷達也
文藝春秋

とても力強い 生きる力の凄みを感じさせる小説

時は大正時代 秋田の山奥の小さな村で
マタギの家に生まれた男の一生を描く

代々受け継がれた独特の狩猟法で狩りをするマタギ 
それを生業として生きていた若い富治は 有力者の一人娘と恋に落ちたことで 村を追われ 鉱山で工夫として働くことになる

それでも山や狩りへの思い 愛おしい人への想いを断ち切れない富治は 再びマタギとして生きる決意をし 厳しい道を歩むことになるのだが…


常に山の神や自然への畏怖や敬意を持ちながら 獣たちと命をかけて闘うマタギ
頼れるのは己の感覚と力のみ
つい何十年か前までは こういう武骨な男の人達が本当に生きていたことに感嘆する
最後のクマとの格闘場面の 本当に目の前で繰り広げられているような臨場感に 読み終わってからもしばらく心臓がドキドキしていた

そして愛おしいものを守ろうとする女性たちの 芯の強さにも感動
子どもであったり 夫であったり 想う相手の幸せを願った時の女の強さは半端ではない


男と女のこととか 何が幸せかとか かたちはひとつではない

普通だとか一般的であることがただひとつの正解とは限らないと思う

いつの頃からか人は 周囲と同じものを欲しがり 誰かが決めた枠に自分を当てはめるのが当然になってしまったけど
私たちは本来 もっと自分の感覚を頼りに いろんなことを決めてきたはずだ

たとえば 豪邸や高級車や美しい女性を手に入れる それを手にする男性に選ばれて豪奢な生活を送るのが 富の象徴であり成功の証である
そんなたったひと通りの無味乾燥な価値感に 私たちはいつから縛られるようになってしまったのだろう

たった100年前の日本人にはもっと豊かでたおやかな感覚があった
でも 今さらその頃に戻ることは不可能だろう
どうにもならないことというのは ある

それでも 人間も森にすむ獣と同じ「生き物」である 

自分の生業や伴侶 自分の生き方そのものを 私たちはもっと己の感覚を信じて選んでもいいのではないかなと思う
 

「邂逅」とは思いがけなく偶然出あうこと

人生において深い影響のある出会いや 切っても切れなかったりまた繋がるような縁もあり
たとえ偶然の出会いでも そこには必ず意味がある 
人生は邂逅の連続だなとあらためて思う
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永遠のゼロ 百田尚樹

2013-01-30 16:12:13 | ★ま・や行の作家
永遠の0 (講談社文庫)
百田尚樹
講談社

ゼロは零戦のゼロ
義理の祖父を持つ姉弟が 戦中零戦パイロットだった実の祖父のことを調べるため 生き残りの人達を訪ね話を聞いていく
生きて帰りたいと言って周囲から臆病者扱いされていた祖父が なぜ最後に特攻で自ら命を落とすことになったのか…
真実がすべて明らかになるラストでは 読みながらいろんな想いが込みあげ ゼロにも他の意味が見えてくる 

特攻隊に限らず あの時代戦っていた人達はみな お国のために天皇のために喜んで死んでいったわけではない
人は道具なんかじゃなく感情を持つ生き物
喜んで死にたい人なんているわけない
それでも みな大事な家族のため愛する人のためと 死ぬ理由を自分なりに見つけて納得して戦っていたんだろう
死ぬことと向き合うということは 自分はどう生きるかということと向き合うのと同じ
どう生きたいのか みなそれを考えて死んでいったんだと思う

「たとえ死んでも、それでもぼくは戻ってくる。生まれ変わってでも、必ず君の元に戻ってくる。」

また逢いたいと思うのも 君の元に帰りたいと思うのも 相手の幸せを願うのも ただ見守るのも
たぶんそれは全部 多くの不器用な男の人達のせいいっぱいの愛情
言葉はなくとも 形あるものはなくとも それは伝わり ずっと心の奥に灯をともし続けるものなんだろう



「ゼロ」は何もない状態だけど すべて失くしてもまたそこから始められるという意味だと思う
私たちは 永遠にまたゼロから始められる

無いことを憂うより これから与えてもらうものや手にするものを大切にしよう

読後そんなことを思いました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

街場の文体論 内田樹

2012-10-17 19:35:39 | ★あ行の作家
街場の文体論
内田樹
ミシマ社

愛がない

最近 言葉に対して人々の愛が足りないよと思ってた
読む側も そして 書く側も

たくさんの人がいろんなところでいろんな文章を書いているのに
せっかく書かれたものでも 読んでて何がおもしろいのかわからず心に響かないものが多い

言葉はただ情報伝達や行動記録の道具であり 言葉は使い捨てるものである
そんなふうに扱っている人が多いように思うのだ

もちろん それも間違いじゃない
それも言葉の持つ機能や性質のひとつだし
いかに速く正確に大量の情報をやり取りできるかが重要な世の中で 言葉の扱いが変わっていくのも自然なことかもしれない

それも仕方ないってわかってても 私の中には何だか小さな違和感があったり

でも この内田樹さんの「街場の文体論」を読んで もやもやが晴れた感じ


『言葉にも「命のある言葉」と「命のない言葉」がある。書き手や読み手の「生きる知恵と力」を高める言葉があり、生きる力を損なう言葉がある。その違いを熟知して、生命力が感じられる言葉だけを選択的にたどってゆく能力は、これからの時代を生き延びるためには必須のものだと思います。』

命のある言葉というのは 「生きた言葉」であり 読み手に対する「敬意のある言葉」で 
そういう言葉こそが相手に「届く言葉」なんだそう

『情理を尽くして語るという態度が読み手に対する敬意の表現であり、同時に言語における創造性の実質だと思うんです。』

『読み手に対する敬意と愛は技術でもあるし、心がけでもある。「他者」とのコミュニケーションという言語活動の本質にかかわる知見にも深くかかわってきます。』

今私たちの周りで行き交っている言葉の多くは「届く言葉」ではなく
ただ「自分を尊敬しろ」と命じる言葉でしかないんだそう

修辞的で論理的で 充分に意味のある立派なことを言っているけど
でも悲しいほどにその文章からは “私”に敬意を示せと読みとれる
そしてその敬意にふさわしい威信やポストや財貨を私のもとに運んでくるようにという 隠されたメッセージが透けて見えたりもする

そこには読み手に対する敬意なんかまるでない


『書きながら、自分が何を言いたいのか、何を知っているのかを発見する。書き始める前に頭の中に書くことがそろってるわけではない。』

『自分の中に自分とは違う言葉を使って生きているものがいて、その人に向かって語りかけている、言葉はいちばん生き生きとしてくる。言葉を作りだすというのは、そのようなうちなる他者との協同作業なんです。』

誰かが書いたものや有用な情報の大事な部分だけを切り取って貼り付けるコピペは とても便利な方法ではあると思う

でもそれは「生きた言葉」にはならないということだろう


私たちは文章を読むときに ただ情報を取り入れるためだけに読んでいるわけではない
楽しいとか悲しいとか 喜びとか怒りとか 自分の中に湧きあがってくる感情や 他人の感情を共有して どきどきわくわくしたいから読んでるんだと思う
命のある言葉を楽しんでいるんだろうと思う

自分自身の言葉で綴られた考えや想い それを伝えようという熱意 
相手のことも知りたいという欲求 そして読み手への敬意


私も 命ある言葉を使えるように 心がけていようと思う
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鍵のかかった部屋 ポール・オースター

2012-09-17 22:30:26 | ★な・は行の作家
鍵のかかった部屋 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)
ポール・オースター/訳・柴田元幸
白水社

美しい妻と小説の原稿を残して失踪したかつての友人ファンショー
残された小説を託された「僕」はそれを出版し さらにファンショーの伝記を書くことになった
友人の過去をたどり 今の居場所を探しまわるうちに 僕の中に確かにあった何かが少しずつ壊れはじめる

ファンショーは今どこにいるのか はたして生きているのか
いや 今までも本当に存在していたのか 
ひょっとして 僕の心が創り出した ただの幻なのか

今目の前にあるものは本当にそこに在るのか
部屋も その中にいるはずの人間も 実は自分の頭の中だけにしか存在していないのかもしれない
自分さえも 今この世に存在していると証明できるものは何一つない
だとしたら 僕を僕たらしめているものは一体何なのか―


『すべての人生は不可解なのだ。いくら多くの事実が語られたところで、いくら多くの細部が伝えられたところで、いちばん大切な部分は語られることを頑なに拒むのだ。誰それはどこで生まれてどこで育ち、これをしてあれをしてそのように生き、やがて死んでいきました―などと並べ立ててみたところで、大事なことは何も伝わらないのだ。』

『おそらくわれわれは自分自身のために存在しているのだろうし、ときには自分が誰なのか、一瞬垣間見えることさえある。だが結局のところ何ひとつ確信できはしない。人生が進んでゆくにつれて、われわれは自分自身にとってますます不透明になってゆく。自分という存在がいかに一貫性を欠いているか、ますます痛切に思い知るのだ。』

『人と人とを隔てる壁を乗りこえ、他人の中に入っていける人間などいはしない。だがそれは単に、自分自身に到達できる人間などいないからなのだ。』


その人が今どこにいて誰と一緒で何をしてて… 知りたいのはそんなことじゃない
私たちが 人のことを理解したいと思った時に大切なことは 
何を思い何を考え それをどんな言葉で伝えようとしてるのか
本当に知りたいのはそういうことなんだろうなと思う

それを知ったところで 全部を理解できるわけじゃあないけど
それでも 人を知りたいと思い自分を知りたいと思い くりかえし人と関わることで自分自身の形も作りあげていく
自分を知るってのは そういうことなんじゃないかなと思うのだ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学問 山田詠美

2012-08-19 20:14:50 | 山田詠美
学問 (新潮文庫)
山田詠美
新潮社

『ひとりっきりの秘密は、役に立たない秘密なんだ。』

学校の帰り ふたりで寄り道した蓮華畑 
蓮華を編んで作った紐のはしっこを お互いが握りしめて歩いた

ふたりの間をつなげていたのは蓮華の紐だけじゃない
裏山での出会い 社宅でのお祭り 生徒会室でのふたりきりの会話

秘密の共有という甘美な時間のひとつひとつは 
お互いを確かにつないでる
結びつきを証明するものは何もない きっと他人にはわかるまい
でも つなぐ何か
名前さえないそのつながりを ふたりは感じ とても大切にしているのがわかる

恋ってのは 堕ちるものだと思ってた
けど
本当は 囚われるものかもしれない

見えない蓮華の紐をふたりで持ち合う そんな感じなのかもしれないと思う


学校で教えてくれないものはいっぱいある

自分の身体の感覚や感情を頼りに 自分で学ぶのが 生きるってこと

囚われたり 放したり 結んだり 断ち切ったり 葬り去ったり
生きるってのは そのくりかえし
そうして 自分なりに まっとうして死ぬのが 生きるってこと

なんだろなと思う
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉祥寺の朝日奈くん 中田栄一

2012-08-19 20:06:22 | ★な・は行の作家
吉祥寺の朝日奈くん
中田栄一
祥伝社

吉祥寺に住む朝日奈くんは 役者への道をあきらめて バイトをしながらなんとなく毎日をすごしている
ルックスのいい朝日奈くんはもちろんモテるけど
どこか煮え切らないとこがあり 女の子とつき合ってもいつも数ヶ月で自然消滅
そんな朝日奈くんがうっかり恋をしてしまうのだけど その相手は実は…
 

これは私のただの推測だけど

彼はかっこよすぎるが故に 誰かに恋をする前に いろんな女の子から好きになられてしまい 
つき合ってと言われて断る理由もなく なんとなくつき合い始めるけど
それほど相手に対して強い想いがあるわけでもないので 
執着もしないし深く関わろうともしない

女の子の方でも 最初は彼の優しさを好意と勘違いしてるけど
それほど鈍くない女の子なら じきに気がつくもんである 
彼にとって自分は他ならぬ人ではないし それはこの先も変わらないだろうということに

応えてくれない相手に対する気持ちなんていとも簡単にしぼんでくもので 
愛想尽かした女の子からのさようならか はたまた自然消滅の繰り返しとなるわけか

かっこよすぎる男の子ってのも不憫だなと思う
ふと恋に堕ちる機会を 次から次へと寄ってくる女の子達に奪われてしまって
恋愛経験豊富に見えて実は 本当に人を好きになったことなんかないかもしれない

誰かを想って夜眠れないとか 人知れず涙を流すとか 
目が合っただけでドキドキするとか ひと言話せただけで一日中嬉しかったりとか
普通の人が経験するそういうありふれた想いを 知らないかもしれないのだ


けれど 朝日奈くんは 遅ればせながらだけどやっと本当の恋をした

よかったね そういう他ならぬ相手が見つかるってことは 幸せなんだよ


『いつまでものこるものは信仰と希望と愛で、一番すぐれているのは愛。けれど、僕たちの心の中は、どうしようもないほどはかない。永遠とか、絶対とか、そういうものはないのだ。愛があったはずなのに、それがいつのまにか消えてなくなっている。』

そうかもしれない

『あらゆることはすべてうつろうのだ』

そうだと思う

でも そうならないこともあるかもしれないし いつまでも残るものもあるかもしれない
理屈じゃなくて そんなふうに思えるようになることが 
本当に人を好きになるってことなんじゃないかなと思う


この表題作「吉祥寺の朝日奈くん」の他にも
「交換日記はじめました!」
「ラクガキをめぐる冒険」
「三角形はこわさないでおく」
「うるさいおなか」

全部で5編が収録されたほんわかとした読後感の短編集
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コトコノコ Cocco

2012-05-03 16:41:45 | Cocco
コトコノコ
Cocco
幻冬舎

最近歌以外の活動も広げつつある アーティストCoccoの体験と想いを綴ったエッセイ集


Coccoは 魚や野菜を料理するのが好きで 肉なんかめったに買わない
なのに 息子に「何が食べたい?」って聞いて 「ハンバーグ♪」なんて答えられたら
その瞬間 何だか泣きたくなるほどうれしくなって 風のように走って肉を買いにいって
そして 野菜やら残り物やら 気持ちの分の余計なものもいっぱい混ぜ込んで ハンバーグを焼いちゃう

たらふく食べて お腹いっぱいになった男の子はきっと 広い外に出て
好きなもの探して いろんなものみつけて また お腹を空かして帰ってくる
そして
冷蔵庫には豆腐とトマトしか入ってなかったりするのに
ひょうひょうとまた 「ハンバーグが食べたい」なぁんて言うんだろう

おんなじだ
男の子って いつでも誰でも同じ

こっちの都合なんてお構いなしに お腹すいたーとやって来て
お腹いっぱいにしてあげると すぐ満足して眠っちゃったり ぱーっとどこかへ行ってしまったり
でもそんな姿を見てると なぜかたまらなく愛しさがこみあげてくる

小さい頃 おばあちゃんは私や弟の顔を見るたびに 「お腹へってないかい?これ食うか?」と聞いてきた
母も 私や子ども達の顔を見ると必ず 「ごはんは食べてきたの?」と聞く
そして私も 学校から帰ってきた息子の顔を見るとまず 「おやつ何食べる?」って聞いてたりする

腹ぺこな相手のお腹を満たすこと
これは太古の昔から 女に備わってる本能みたいなもんだろうと思うことがある
男女平等が唱えられるようになって久しい 
女も炊事洗濯ばかりでなく 仕事を持ってどんどん外で働いてるというこの時代に 何を言ってるんだと笑われそうだけど
本来は 女の役割って 愛しき者をお腹いっぱいにしてやることなんじゃないだろか

いつでもどこでも 「ハンバーグ」のひとことで飛んでいくというCocco
私もそうするだろう
他の誰かのハンバーグを食べたくなるまできっと お腹がすいたと言われたら いつでもどこでもひとっ飛びしちゃうんだろうなと思う


人を好きになる 
その「好き」の質感って 人によって大きく違う
恋するってこととか つきあうってこととかの認識の あまりの違いにびっくりしたりするんだけど
でも Coccoとはすごくそれが似通ってる気がしてて
だから彼女の言葉が どこか自分と重なって だからきっとホッとするんだと思う
恋とか愛とか 幸せとか生きるとか ちょうどいい塩梅って ホントむずかしい
でもだからこそ楽しいのかもしれなくて


「誰か出会う いつか別れ逝くなら 笑って踊るように生きよ」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

蜩ノ記 葉室麟

2012-05-03 15:39:13 | ★な・は行の作家
蜩ノ記
葉室麟
祥伝社


七年前 藩主の側室との不義密通の罪で 小さな農村に幽閉された 元郡奉行の秋谷
家譜の編纂と十年後の切腹を命じられている秋谷の元に あるひとりの男・庄三郎が監視役として遣わされる
編纂を手伝いながら秋谷と暮らし その人柄に触れるうちに無実を確信した庄三郎は
七年前の事件の真相を究明しようとするが そこには幾多もの壁が立ちはだかる
無実の罪をかぶせられ 命の期限を区切られてもなお 清廉に気高く生きる秋谷
その心中に在るものは 彼が護ろうとしているものは…

秋谷の生き方が清々しい
人はこんなにも清く正しく美しく生きられるものなんだろうかと思う
そんな父の背中を見てまっすぐ育つ秋谷の息子 幽閉されてもなお寄り添い続ける妻 同じ想いで繋がる初恋の女性 そして農村で暮らす人たちもみな
秋谷を心から信頼し また秋谷もみなを信頼し大切にしている


幸せな人生というのは 本当はこういうものなんだろう

例えば 大きな家に住み 高級車に乗って きれいな奥さんを貰い 優雅な生活を送る
そういう目に見えるものって 本来 幸せとは関係ないのかもしれない
富を得ることとか 有名になることとか 夢だとか目標だとか 
わかりやすい目的がなくても 案外 人は充実した日々を送れるのかもしれない

一番大切なのは 自分の中にある「誇り」だと思う

外から あるいは後から付け加えた条件を満たそうとするのでなく 
もとから自分の中にある誇りを見いだし 
自分でその生き方に誇りを持つ 
それが 本当に心豊かで充実した生き方だと思う

そうして生きながら 周りをふと見回した時
こぼれる光に当たることばかりを考える人間ではなく 自らも光り人を照らしたいという人間がいることが
本当に幸せな生き方だと思う


秋谷のように生きるのは難しいけれど それでも こういう生き方に憧れ習うことを 忘れないようにしたい
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

たいせつなこと マーガレット・ワイズ・ブラウン作/内田也哉子訳

2012-02-29 17:19:02 | ★ま・や行の作家
たいせつなこと (ほんやく絵本)
マーガレット・ワイズ・ブラウン作/内田也哉子訳
フレーベル館

グラスやリンゴ 雨や風や花 などなど…
それぞれの物に役割はあるけれど でも一番大切なのは それぞれがありのままでそこに在るということだよね 
と やさしく語りかける絵本です

ついつい周囲の人の期待に応えようと無理しちゃったり
人の意に沿うように自分を抑え込んじゃったり
そんなの全然私らしくないと思うんだけど 
好きな人には不快な思いをさせたくないし いい人でありたいとか認めてほしいっていう欲張りな気持ちもあって
でも結局 あれもダメこれもダメなのかと
そうやって自分で自分を縛りつけちゃって 身動きとれなくなり 息苦しくなる
本当はそんなこと誰も望んでないし 誰のためにもならないのにね
もっと気楽に 好きに生きてもいいってことかなぁと思っていたところで


わたしにとってたいせつなのは わたしがわたしであること 

なのかもしれませんね


コメント
この記事をはてなブックマークに追加