コトノハコウタ

総合芸術至上主義。
80年代中心に洋楽の和訳を 一覧はカテゴリ「索引」からどうぞ
日々の出来事も雑多に綴っています

あるツイートから

2017-04-20 23:06:45 | 雑感
本日、こんなツイートと出会いました。




このツイートを読んでの、
私の救われポイント一個目は、
「性格を無理に変える必要は無いんだ」ということ。


そして何より、もう一つのポイントが
このツイートの主軸でもある
「良い(善い)悪いとかじゃなくて、『価値観を増やしていく』」ということ。


私は今まで、ブログ記事を書くにしても
「正しい事を、為になる事を書かなきゃ!!」と
肩ひじ張っておりました。

それこそが人の為になるのだと思っていましたし、
何よりそんな自分になりたくて、必死に頑張っていたのだと思います。


でも、「私はこう思う」という意思表示で
良かったんだとはっとさせられたのが冒頭のツイートだったのです。



何度か書いていますが、
「正しくありたい、善い人でありたい」という願望を必死に抱えてきて、
行き過ぎたその思いの高慢さに気付くという
そんなプロセスを踏んできたのがこの一年だったような気がします。


そしてこれまでの人生、私はどうして人と違うのだろうと悩んできましたが
それは同じような境遇の人に寄り添える、
ある意味で貴重な存在にもなり得るのだなというのも
ここ数ヶ月での気付きでした。



ということで、そのままの自分を認める事と
それを出していくのを恐れないようにしていきたいなと思います。

もうマウンティングの餌食にはなりませーん(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Take It Easy / Eagles 和訳 | トップ | 前職の経験から »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ポンまま)
2017-04-20 23:25:59
ふふふ( *´艸`)
私ね、30歳を過ぎた頃に
第二夫に言われたことがあるの。
「性格は変えられへんかもしれんけど、考え方は変えられるやろ」
この一言がね、私の人生を大きく変えてくれたと
今も時々思い出します。
そっかー、性格と考え方って、別物なのかーって
当時の幼かった私は目から鱗が落ちるようでした。
小唄さんが言ってることと、
多分、ちょっと似ていると思います。
正しいことって、人によって違うものだしね。
それこそが、考え方なのだと思います。
「正しくありたい」のは、自分の考え方に
忠実でいたい・・・というのなら良いのだけど
その「正しい」が、ひとつだと思っていると
結局、高慢になってしまうってことよねー。
若い内にそれに気付けるというのは
本当に素晴らしいことですね。
小唄さんの未来は、間違いなく明るいぞヽ(^。^)丿
Unknown (小唄)
2017-04-21 00:34:22
>ポンままさん

語句の違いだけで、まさにですね!
思考なら「もしかしたらこういう考えもできるかも」って転換ができますもんね。
二番目の旦那さんのその考えが素敵です。

そうなんですよね、究極的に言えば「私が正しいと思っている」にしかなれないのですよね。
たとえ人に反論せざるを得ない場面になったとしても、
それを知っているのと知っているのでは違ってくると思いますので
今こうして知る事ができて良かったです。

ポンままさんにそう言っていただけると、自信になります!
これからはもっと身軽に楽しく生きていきたいです(^_^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL