コトノハコウタ

総合芸術至上主義。ご依頼等はコメント(承認制)かkohta.kotonoha@gmail.comまでお気軽に。

なぜブラック企業は無くならないか

2016-10-15 17:35:38 | 雑感
どうして人はブラック企業に捕らわれてしまうのか。
それは色んな事が考えられます。
以下に今の私なりの考えを三つ記します。


(1)正常な判断ができなくなるから
つまりは会社による刷り込み・洗脳です。
「それで当たり前」みたいな態度を一致団結して取られると、
新入社員、ましてや新卒なんて黙らざるを得なくなる。

そうやって認識を歪められるうえに、
疲れてても休みたくなくなっちゃんうんですよ。経験談。
だって、寝たらあっという間に朝が来て
また会社に行かなくちゃいけなくなるじゃないですか…。
なんで、どんどん問題を解決しようとかいう気力も無くなって行きます。
なんとなく解決すればいいのになーとか思いながらやり過ごす。

多分そうして残った人であの会社は成り立っていたのだと思います…。
ちなみに社員番号から推測するに、
ここ3年ぐらいで今現在の社員数の倍ぐらいの
人数が出入りしてた可能性がありました。


完全にカルト教と一緒ですね。
あっちなみに宗教にしてもスピリチュアルにしても、
それ以外のものにしても
「ここから離れると・こちらへ来ないと・これをしないと不幸になるぞ」は
もれなく地雷だから気を付けてね。

ついでに脱線するけど、
「この人しか救いの道は無い!」とか信じなくて大丈夫だからね。
その教祖さんとかヒーラーさんしか世界を救えないんだったら、
魂の自由意思とか御託ぬかしてないで
さっさと全世界に平和と幸せをもたらしてほしいわー。


(2)日本人の精神、それまでの教育での植え付け
よく言われますけども、日本人は頑張るのが美徳が故に頑張りすぎる。
サービス水準もすごいですもんね。
前職(まあ厳密にはまだなんですけど)でも、
海外の生産レベルと日本人の顧客に求められるレベルが違ってて、
そこもかなりストレスになりました。
どうせ文句言われるんだから全部日本製にしとけば良かったのに!!!

私の愚痴がカットインしてしまいましたが、続き。
教育っていうのは、私が特に論じたいのは高校のことですね。
私の経験から言うんですが、(自称)進学校って
まさにブラック企業の雛形だったなと気付いてしまい、今日一日震えていました。
いつも母と一緒に県立予備校なんてちゃかしてたけど、まさにそう。
これについては記事を独立させて、詳しく書きますね。


(3)社会がそれで成り立ってしまっている
転職サイトを見ていると、残業月20時間以内で
残業殆ど無しだと堂々と謳われています。
最初は嘘だろそんなに夢も希望も無えのかよこの国と思ったけど、
逆に残業ありません!!なんて言ってるとこのが怪しいし、実際大ボラだったりする。
これまで私は45時間分みなし残業代込みの給与でしたから、
それよかよっぽど良いし。


前記事で書いた通り、いつの間にか私は役員間の意見調整係に
成り下がってしまいました。
でもそれをやらないと肝心要の商品開発が何にも進まなくなるうえに、
実際納品が全然スムーズに行かず
大問題が起きそうになったことがあって、
それで滅茶苦茶怖くなって頑張りすぎるようになりました。
(※新卒です)

つまりは、「それを言い出すと何にもできなくなる」っていう
構造そのものがヤバい状態。

日本全体としても、突然ブラック企業が軒並み潰れたら
経済崩壊するんじゃないすかね。多分。
ブラック企業だらけだもの。
そういう恐怖が根本的にあるんじゃないかな。
ごめんねこういう知識は無いからすごく適当だけどここは。


といった感じですかね。

私がありのままをこうして綴ることで、
一人でも多くの人が異常な状況から離れる勇気を持てますように。
ジャンル:
就職活動
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕事を辞めることになった。 | トップ | ブラック企業の雛形としての... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL