コトノハコウタ

総合芸術至上主義。
80年代中心に洋楽の和訳を 一覧はカテゴリ「索引」からどうぞ
日々の出来事も雑多に綴っています

The River of Dreams / Billy Joel 和訳

2017-06-17 23:04:33 | 和訳
ザ・リヴァー・オブ・ドリームス / ビリー・ジョエル


夜の真ん中で
眠りの中 僕は歩き出す
信念の山から
とても深い河へと
何かを探さなくちゃいけないんだ
失ってしまった 神聖なる何かを
でもこの河は
渡るには広すぎる

そのことを知っていてなお
僕は毎晩歩き出してはこの岸辺に立つ
対岸へ渡ろうとして
それで最後には 探し物を見つけ出すんだ

夜の真ん中で
眠りの中 僕は歩き出す
恐れの谷を抜けて
とても深い河へと
この魂から抜き去られた
何かを探し続けていたんだ
決して失いたくなかった
誰かに盗まれてしまったもの

なぜ夜に歩き出すのかは分からないけど
疲れちゃってもう歩きたくないな
ずっと探しているものを見つけ出すまで
残りの人生全部 使い切らないといいけど

夜の真ん中で
眠りの中 僕は歩き出す
疑いのジャングルを抜けて
とても深い河へと
何かを探していることは分かってる
それはひどくもやがかっていて
何も見えない閉じた眼でしか
見ることができないんだ
この夜の真ん中で

見つけ出した後の人生がどうなるのかは よく分からない
僕が崇高な男でいた試しなんか無いって 神様はご存じだ
火で洗礼を受けて あの河へと歩みを進める
約束の地へと流れる河を
夜の真ん中で
眠りの中 僕は歩き出す
真実の砂漠を通って
それは深い河へと
僕らは皆 海へとたどり着く
小川から始まって
夢の河の流れに
揃って運ばれてゆくんだ
この夜の真ん中で


――――――――――――――――――――――――――――――――


本日はビリー・ジョエルの同名アルバムより、The River of Dreamsです。
(ちなみにこのアルバム、私と同い年らしいです)

おそらくあんまり有名な曲ではないと思いますし
私もyoutubeの連続再生で偶然耳にしたんですが、
もっと評価されていい曲なのではと思います。
何と言っても高音のサビがエモい。
ゴスペルっぽいというか、いわゆるR&Bに分類されるのでしょうかね?
楽し気なリズムと明るい音色からは、
眠りに落ちる直前の中間的な感覚や浮遊感をなんとなく思い出します。

歌詞に関して補足すると、
「約束の地」というのは聖書で出てくるカナンのことでしょうね。
「乳と蜜の流れる場所」と記述され、アブラハムの子孫に与えられる事が
「約束された地」なのだそうです。

そして、印象的に繰り返される
"In the middle of night"というフレーズ。
最初は「夜の途中で」と訳していたのですが、
わざわざmiddle ofと言っているあたりにポイントがあるのかなと思い
上記のような訳にしました。

ビリー・ジョエルの詞はすごく文学的で、
その世界に触れられるのが楽しいです。



ところで、OffspringのDays Go Byから始まったこの和訳ブログも
もうすぐ一周年になりそうです。
何か企画しようかしら?
とか言っといてできるかなー?(笑)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この時代でCDにこだわる理由 | トップ | 昨日の出来事 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (のびた)
2017-06-27 11:07:46
ビリージョエル 名前は若いころから知っているエンターティナー ラジオから何気に流れていた曲 詳しくはありません(笑)
でも この曲なら心地良く車の運転しながら聴きたいものです
Re:こんにちは (小唄)
2017-06-27 12:59:17
>のびたさん
ご無沙汰しておりましてすみません~(*_*)
コメントありがとうございます。
ビリー・ジョエルは私も最近になってようやく聴き始めたばかりです!
それでもこの曲聞いたことがある、というキャッチーなメロディーが多いのが流石ですよね。
これからの季節、爽やかな風を浴びながら音と景色を楽しむのも良いですね(^o^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL