コトノハコウタ

総合芸術至上主義。ご依頼等はコメント(承認制)かkohta.kotonoha@gmail.comまでお気軽に。

仕事を辞めることになった。

2016-10-14 22:55:31 | 雑感
電通の社員の方の事件が痛ましいですね。
謹んで哀悼の意を表します。


脅すようで申し訳ないけど、
できれば就活生にこれを読んでほしいから
ジャンルを就職活動で登録した。
最後に私なりのアドバイスを書いたから、
しんどければちょっと飛ばしてそこだけでも読んでほしい。
全体的に、ただの私の愚痴になってるのはすみません。


「頑張らなくて良い」

日本の教育ではこれを教えてくれない。


頑張るのは美徳、その一点張りで引き際を教えてくれない。
学校では「いじめ」と認識されるはずのことが、
社会だと抑止力も無いままむしろ横行していたりする。


結局、職場に味方が誰もいないと判断して辞めた。
思えばただのスケープゴートだった。
嫌われすぎててちょっとした用事で話しかけることすら
嫌がられてる上司の連絡通路が気付けば私だけになっていた。
それが会社の一番核となる作業の進度に直結するので、
私がちゃんとやらないと何もかも回らない、という恐怖感に支配されて、
まだ正社員でもない新卒が役員間の意見調整を必死に行っていた、
そんな異常事態の出来上がり。
いやテメーらで会議でも何でも開けや俺を巻き込むな。
そんな問題は把握していたのに、結局何も対策は講じてくれなかったわけで。

今となればこれぐらいの口が叩けるが、こういう判断すらつかなかった。

いいや、これごときでブラック企業なんて言っちゃいけないだろう。

定時では帰ってるし…。
(とは書いたが体が持たないので無理矢理帰ってた感はある)

私のやり方が下手なんだ。もうちょっと上手くやんなきゃ。

新卒だからまだ、社会の厳しさに慣れてないんだ…。

そんなことを考えて、おかしいと思いながらも数ヶ月我慢していたら、
多分、複雑性PTSDとパニック障害を併発していた。
(素人判断だからあまり大きい声では言えないが)



お願いがある。
世の中のいわゆるブラック企業と呼ばれる環境で働いている皆様。

お願いだからそんなに頑張らないでくれ。
そんなに頑張らなくて良いってば。
自分のこと大事にされてください。
それ以上に大事なものなんてありません。
そんなに命まで掛けて頑張られるとこちらもどうしようもなくなる。


今何らかの違和感を持っている、これを読んでくれてる方々。
命あっての物種、どうか今一度自分に正直になって考えてほしい。
本当に大事なものは何なのかと。
人に気を遣うのは自由なんだけど、
でもその人達はあなたの人生に責任取ってくれないんですよね…。

あと、今度映画化される『ちょっと今から仕事やめてくる』っていう
小説、元気出るのでオススメ。
悲しいことに、読書なんてする元気も無い人が多いでしょうけど…。


職場に様子のおかしい人がいるなと思う方。
何でも良い、本格的に関わるのがしんどければ上司にそれとなく
「○○さん大丈夫ですかね」と話題にするだけでも良い。
なんかしてやってほしい。

間違っても「辞めようと思ってて…」と打ち明けたら開口一番爆笑しやがった
私の元先輩の様にはなってほしくない。
それでヒーラーをしてるそうなので恐ろしいです。


退職が決定した人。
お疲れ様でした。
あなたのこれからの未来が少しでも良いものになりますように。
共に頑張りましょう。


まだ無い内定で焦ってる学生さんへ。
焦ると思うけどハローワーク使うのはちょっと考えて。
ハローワークへの求人掲載は無料なんです。
業務の要となるはずの人材の募集にお金をかけない…後は分かりますね?
各大学の支援センターに頼るとか、マイナビとか使うとかのが良いと思います。
私は年度末に焦って、ハロワで見つけた求人に飛び付いてこのザマです。

公務員志望の人でも、民間の知識はちょっと入れといた方が良いかもね。
私はそこもまずかった。

お祈りが出る度に心も弱ってくし、焦る気持ちは死ぬほど分かる。
でも自分が劣ってる、自分が悪いとは思わないでほしい。

就職サイトの支援とか受けつつ、誰かに頼りながら頑張ってほしい。
これは頑張る気力があるなら、の話。
頑張れないなら無理に頑張らなくて良いと思う。
変なところに引っ掛かるくらいなら、休むのも良い。
仕事は生活の大きな部分になるわけだから。


内定が出ている人にはビビらせる内容になったかもしれないけど、
そうならないことを心から願っているけど、
万一入った企業がおかしかったら、
自分の感覚を大事にしてほしい。
んで、家族でも友達でも先輩でも、
大学時代の先生とかにでも、誰でもいいから相談してほしい。
感覚が麻痺しないうちに。



所々、読む人によっては分かる内容も入れたので、
万一関係者が辿り着いたら特定されるかもな。
別に良いけど、それでも。
特定されようが何と思われようが、もう関係無いし。


悲しくて辛くて悔しくて、母には全面に依存してた上に、
こんな文章を改めて読ませることになって申し訳ない。


自分の辛い、が段々引いてきたら、
自分が情けなくてしょうがなかった。


こんな事で負けてられないから、
親孝行がしたいから私は頑張ります。

こんなとこでわざわざ宣言することじゃないのは分かってるけど、
何かねえ、いつか旅行とかプレゼントしてあげたいし。
何より今の職場楽しいよ頑張れてるよって報告したい。

いつも心配かけてばかりでごめんなさい。
いつも聞いてくれて、支えてくれてありがとう。

吐き出しもしたし、ちょっと身の回りを整えて、
まずはやれるところから一歩ずつ進んでいきます。
ジャンル:
就職活動
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クイーンシリーズ セルフラ... | トップ | なぜブラック企業は無くなら... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (コウタノハハ)
2016-10-15 15:23:49
母の姿を反面教師にして「自分は決してあんな風にはなるまい」と誓ったはずなのに、小唄よ、なぜ同じ穴に落ちるのか…!?
つくづく似た者親子なんだと思う。


ある種の「賢さ」を持った人がバカみたいに正直で誠実な人を食い物にして生き延び、バカな人は蝕まれて息も絶え絶えになってしまう。
賢い人は自分を正当化する事に長け、バカな人は罪悪感にも苦しめられる。
悲しいかな、そんなことが横行しているのが現実の社会なんです。

私がもっと「いい加減 あきらめ 中途半端 責任放棄 責任転嫁 etc. 」そんなことを示せていれば、もっと「賢く、したたかに」生きる力が付いたのではないかと悔やんでみたり…。
でも、私たちにはそんな気持ちの悪い生き方は無理なんじゃないかと思い直してみたり…。

でも、「これは本当に私がやるべきことなのか」「本当に私のせいなのか」を考えること、「できません」「無理です」と言うことは、可能なのでは…。
それに、人に頼ること、甘えることも、最初は多少の気持ち悪さは伴っても、「分かち合う」というスタンスなら可能なのでは…と思う。

だけど、今の小唄の職場では、それすらも難しかったね。
それは、小唄にとって「場違い」だったということ。
淡水魚は海で生きていくことはできない。
場違いに気付いたら、一時も早く改める、つまり辞める勇気を持つことが大事なんだね。
今回、改めてそんなことを考えさせられた。

小唄のことだから、きっと最初は、1年も勤めあげられない自分を責めたと思うし、なるべく穏便に退職したいなんていう欲を出したものだから、なかなか事が進展できずにいるうちに、身体症状が迷いを吹っ切ってくれたというのがホントのところだけどね(笑)
だけど、よく決心したね。英断だったと思うよ。


小唄はまだ若い。何度でもやり直せばいい。


それに、母に頼ることを申し訳ないとか、自立できていない自分が情けないとか、そんな寂しいことは思わないでほしい。

母は、小唄のおかげで「生き直し」ができ、過去の自分を清算しつつ、新しい気付きもたくさんもらっている。


これからも、楽しく嬉しいことだけでなく、辛く悲しいことも分かち合っていこうよ!!

 









小唄ったら (小唄)
2016-10-15 16:32:16
バカヤロウじゃな~い!!!(落とし穴に落ちながら)

>でも、私たちにはそんな気持ちの悪い生き方は無理なんじゃないかと思い直してみたり…。

まさに、その通りだ。
自分の美学は曲げない。
でも、その美学を貫き通すための努力はする。
そのために甘えたり、人を頼ったりする。
そういうことを目指してくべきなんだね。
根っからの気質だから、馬鹿真面目に生きていくしかないよね、我々は(笑)
そういられる自分が本当は一番好きなはずだしさ。

>身体症状が迷いを吹っ切ってくれたというのがホントのところだけどね(笑)

不思議なことにね、揺らいでると
嫌な出来事が次々と降りかかってくんのね!
辞めろと言わんばかりに!そうだった!
身体症状ありがとう(笑)


本当に場が合うのかどうかって、大事だね。
しかも実際やってみないと分からないところだし。
自分に合った「場」がどこなのか、改めて探しに行くよ。
迷ったり道を間違ったりしても、何回だってやり直せばいいね。


改めてありがとう。
これからも、色んな事を分かち合わせてもらうよ。
それで、二人で全力で生きて行こう。
これからも、よろしくね。

母ちゃんの娘に生まれて来られて良かった。
本当にいつもありがとう。
素敵ではないか! (かりん)
2016-10-19 04:25:46
いいねー、親子って!
でもこんな親子関係は、ガチで向き合ったからこそだね✨
Re:素敵ではないか! (小唄)
2016-10-19 20:53:42
>かりんさん

自分で言っちゃいますが仲良し最強親子です!
本当に色んなことを話しまくって共有してきましたからね。
時にぶつかることも含めて、ガチで向き合って来ました(`ー´ゞ-☆

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL