コトノハコウタ

総合芸術至上主義。
元々80年代洋楽の和訳がメインでしたが、日々の出来事なども雑多に綴っています。

前職の経験から

2017-04-21 22:41:16 | 雑感
昨日の話の続きのようなもの。


私は前職で編集者をしておりました。

その会社では、ある一人の作家さんの本が主力商品でした。


主力なんて言うからには、面白いし為になるから売れてると思うじゃないですか?
実際そうなんですけど…。


正直編集がキツくてしょうがなかった…



もう離れてるし具体的な事には触れないので、書いちゃいますね。


何かって言うと、この方の文章はとにかく長かったのです。

それ本筋からずれてるよっていう話すらも補足していました。
それも一般人には真偽すらよく分からない
科学的根拠の話まで詳細に。

挙句の果てに自分の根拠を打ち消すような科学的主張すら、
「念のため」とでも言いたげに書き連ねているのです。


「結局何が言いたいのこの人…?」って頭を抱える事も多かったですね。
出版側がこんなに悩むのに、
不特定多数のお客様の手にこれが渡るのか…?
っていう葛藤もありました。



その著者の方は「恐れないで」というメッセージを送り続けていましたが、
その人自身の恐れが私には見えるようでした。

他者に「それは違う」と言われたくなかったのですよね。


だから、他者の反論を封じ込めるためのありとあらゆる情報を
文章に載せていたのではないでしょうか。

ですが、どこにもない完璧さを追い求めるあまり
一番大事な部分がなおざりになっていたように私には見えました。




…と、他人の事はよく見えるんですよね。

昨日から書いている通りで、
まさに私も同じ姿をしているんです。

ついつい、「一番大事な事を分かりやすく伝える」という
目的から外れて長文を書き連ねてしまいがちで…。

ということで、今後は文章のスリム化を目指したいなあという
決意表明でございました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

あるツイートから

2017-04-20 23:06:45 | 雑感
本日、こんなツイートと出会いました。




このツイートを読んでの、
私の救われポイント一個目は、
「性格を無理に変える必要は無いんだ」ということ。


そして何より、もう一つのポイントが
このツイートの主軸でもある
「良い(善い)悪いとかじゃなくて、『価値観を増やしていく』」ということ。


私は今まで、ブログ記事を書くにしても
「正しい事を、為になる事を書かなきゃ!!」と
肩ひじ張っておりました。

それこそが人の為になるのだと思っていましたし、
何よりそんな自分になりたくて、必死に頑張っていたのだと思います。


でも、「私はこう思う」という意思表示で
良かったんだとはっとさせられたのが冒頭のツイートだったのです。



何度か書いていますが、
「正しくありたい、善い人でありたい」という願望を必死に抱えてきて、
行き過ぎたその思いの高慢さに気付くという
そんなプロセスを踏んできたのがこの一年だったような気がします。


そしてこれまでの人生、私はどうして人と違うのだろうと悩んできましたが
それは同じような境遇の人に寄り添える、
ある意味で貴重な存在にもなり得るのだなというのも
ここ数ヶ月での気付きでした。



ということで、そのままの自分を認める事と
それを出していくのを恐れないようにしていきたいなと思います。

もうマウンティングの餌食にはなりませーん(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Take It Easy / Eagles 和訳

2017-04-18 23:16:06 | 和訳
テイク・イット・イージー / イーグルス

道を走り抜けているんだ
この背の荷物を降ろそうと
思い浮かぶ7人の女性が俺の頭を悩ませる
そのうち4人は俺を飼おうとした人
2人は石を投げつけてこようとして
もう一人は 「友達だよ」って言ってきたっけ

気楽に行こうぜ 焦ったってさ
自分の車輪の音に 頭がおかしくなってちゃ
しょうがないだろ
まだできるうちに手かげんしなよ
無理に理解する必要なんてない
ただ立ち上がって
そのまんまでいられる場所を見つけるんだ

ええとな 今 アリゾナのウィンズローの
曲がり角に立ってるんだ
そりゃあ良い眺めだよ
ああ神様 平台のフォードに乗った女の子が
俺を見ようとスピードを落とすんです

来なよ 「たぶん」なんて言わないで
分かっちゃったよ 君の甘い愛が
俺を救ってくれるんだって
きっと俺らは何か失って でも何か手に入れる
二度とここに来る事も無いだろうから
ドアを開けて 登り始めようか
なあ 気楽に行こうぜ

この背の荷物を降ろそうと走り抜けてるんだ
こんなものは 俺の世界を苦しくしちゃう
俺の格好悪さをばらさないでくれる恋人を探してるけど
そんな人なかなかいないんだよね

気楽に行こうぜ 焦ったってさ
自分の車輪の音に 頭がおかしくなってちゃ
しょうがないだろ
来なよ 「たぶん」なんて言わないで
分かっちゃったよ 君の甘い愛が
俺を救ってくれるんだって

簡単なことだったんだね
気楽に行かないとさあ


――――――――――――――――――――――――――――――――


色んな意味でお久しぶりです。
和訳、約二ヶ月ぶりなんですね…。
もうメインコンテンツとか言えないレベル…(笑)


さて、復帰作(かつプチリニューアル記念?)として
選んだイーグルスの「Take It Easy」。

なんでこの曲にしたかというと、

我らがFLOWのTAKEさんがファンクラブ内で
「Take it easy(略してタケジ)」というラジオを始めたから!

…ってそれだけではないんですが(笑)


このところでまた色んな事を考えて、
もがいたりもして辿り着いた一つの結論でもあったからです。


爽やかな空のもと風が吹き抜けていきそうな
カントリーロック。
日々の無駄な力みを解いてくれ、
さりげなく背を押してくれるような感じがします。
road, load, Lordの言葉遊びも面白いですね。


久しぶりに和訳やってみたらすごく楽しかったのと、
この曲も訳したいなーっていうストックも溜まってきましたので
ぼちぼち再開させていきたいと思っています。

もちろん、気楽にね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

浴びて私は

2017-04-09 22:33:22 | 日記
お題「お花見はしますか?」に参加中!
昨日ピアノ帰りに行ってきましたー!


目黒川沿いの夜桜ライトアップ。

見渡す限りの桜並木、上を見上げれば色とりどりに染められた満開の花。







出店で売ってたさくらハイボール。
桜の塩漬けが浮かんでいて、見た目も可愛いく美味しかったです。
ちなみにお酒は苦手なのでノンアルです(笑)


夜桜とともに。
ルネッサーンス



橋の上から。
青の光と水面に反射する紅が幻想的です。


人込みが基本的に苦手な私ですけれども、
流れも比較的スムーズだったし
何よりもそんなの気にならないぐらい幻想的で綺麗でした。

ピークは一週間前の見込みだったようで、
行った時期もちょうど良かったのかもしれないです。

来年もまた見に行きたいなー!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ピアノ日誌 2日目

2017-04-08 23:33:50 | ピアノ日誌
さて、今週も行ってまいりました。

前回あっという間だったので、今回は2時間で。
でもやっぱり疲れるね、来週からまた1時間でいっかー(笑)


今日の曲たち
・風の憧憬(クロノトリガー)
 冒頭はスーファミっぽい音を再現できたかな?嬉しい。
 左のベース音の取捨に迷ったので、原曲チェックしよう。
 一ヶ所はテンポ揺らす事にしたけど、もっと遊んでしまってもいいかも。

・魂を抱いてくれ(氷室)
 先週よりさらに戻ってきたかなという感じ。
 ペダルのタイミングが下手くそというか鈍くなってるので、
 もうちょっとパキッとやりたい。
 ラスサビ以降音数が増えるので見直しを。

・月光
 どの曲にも言えるけれども、主旋律と飾りのメリハリ。
 冒頭だけじゃなくて、鳴るか鳴らないかギリギリの音を
 もっと随所に散りばめてみてもいいかもしれない。
 
・哀歌・告白(平井堅)
 試しに弾いてみたら、全然ダメになってました…。
 段階踏んでまた頑張りたい。

・Around the world(FLOW)
 締めに弾いてきました。
 Bでちょっとリズム掴めてないとこあり。
 岳さんの音を自分でも弾けるのが嬉しい。


風の憧憬は昨日いきなり弾いてみたくなって、
今朝楽譜探したらあったので加えてみました。

あの冒頭の跳ねた音がなんとも不思議ですよね。
もの寂しさとか、そこはかとない慎ましさ、
でもノスタルジアを感じるような。
過去に飛んだ時に流れるBGMというのがぴったりですよね。


告白とか結構難しめの譜なんですけど、
大学2年か3年ぐらいの夏休みかな。
地道に自力で練習してたんですよね。

大学時代の夏休みとか実家でひたすらぐだーっとしてて
漫然と過ごしちゃったなあとか思ってたんですが、
無駄ではなかったのかもなと思えて嬉しかったです。

譜読みとか運指とかは慣れも大きいから、
早く取り戻せるといいなーと思っています。



余談。
高校までピアノを習っていた時も、土曜に通っていました。

帰りにご褒美にするかーと
一本電車を見送ってまで17のアイスを食べたりして、
なんだか習い事感というか、
昔に戻った感あるなあなんて思ったりもしたんでした。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加