門前の小僧

能狂言・茶道・俳句・武士道・日本庭園・禅・仏教などのブログ

12/14禅と中世日本文化研修「最終回 禅と能(能楽堂見学会)」

2016-12-10 09:54:15 | カルチャー講座
12月14日(水)10:00~15:00、日本文化体験交流塾において、
禅と中世日本文化シリーズ研修「最終回 禅と能(能楽堂見学会)」を開講します。
http://www.ijcee.jp/culture/mizuno-zen/1214/

約2年ぶりとなる、矢来能楽堂での実地見学終日講座。
今回は座席の改装がなった、新しい矢来能楽堂で、見所から桟敷席、本舞台、楽屋裏まで、能楽堂のすべてを直接見学できる特別メニュー。
650年の歴史をもつ、我が国最古の伝統芸能のポイントを、入門者目線でくわしく、わかりやすく、かつ面白くご案内していく講座です。
「のう のう」、と能役者になった気分で橋掛かりを歩いてみませんか?


実施日:12月14日(水) 10:00~15:00
受講料:IJCEE会員 5,800円、一般 6,800円
定員65名


・研修メニュー

◇午前の部(10:00~12:00) 
「講義」(日本文化体験交流塾本部@小石川)

●能の歴史
●世阿弥とは
●風姿花伝とは
●能〈井筒〉〈小鍛冶〉ビデオ鑑賞講座


◇午後の部(13:30~15:00)  

「能楽堂見学会」(矢来能楽堂@神楽坂)

●能楽堂の歴史と構造
●能の各流派と観世九皐会
●能舞台と能の演技の秘密

●能楽堂バックステージツアー
【持参物】和装の白足袋(足袋ソックス・女性用薄いストッキングは不可)
※おもちでない方には能楽堂にて当日、足袋を販売します(600円)。

◇番外編

●神楽坂あるき(15:15~16:30)

研修終了後、有志で神楽坂の街を探索します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寺子屋新クラス「南方録」12/... | トップ | 名言名句第五十八回 『述懐... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。