門前の小僧

能狂言・茶道・俳句・武士道・日本庭園・禅・仏教などのブログ

6/15(木)よみうり恵比寿カルチャー 南方録講座「滅後」第三回 

2017-06-13 20:41:28 | カルチャー講座
6月15日(木)よみうりカルチャー恵比寿にて、『南方録』講座があります。今回は<滅後>七から、一〇へと読み進めていきます。

【言の葉庵】カルチャー講座一覧
http://nobunsha.jp/img/kozalist.pdf


◆6/15(木) 10:30~12:00
よみうりカルチャー恵比寿
「千利休と侘び茶の世界」~南方録を読む
http://www.ync.ne.jp/ebisu/kouza/201704-01510201.htm

南方録<滅後>の第三回講座。
講座予定内容を以下にご案内しましょう。

<滅後>の段落、七から一〇にかけては、利休と同時代の侘び茶人のエピソードを一人ずつ紹介していく内容となっています。

七 津田宗及
季節ごとに数度「一風思切ったるはたらき」のある才人、天王寺屋宗及。ここでは利休との、雪の暁の会を紹介。利休が不時の客を迎えるために用意した香は、なんとあの蘭奢待でした。そのおもてなしに応え、宗及もまた、数百年伝えられる予想も出来ぬ「はたらき」で主人に報いるのでした。
<ミニ講座>1.蘭奢待秘話 2.侘び茶人の正装、紙子・十徳とは

八 住吉屋宗無
「禅学に志し深かりし」山岡宗無の点前は、未熟の衆から見れば、変化が少なくてがたいものでした。しかし、利休が一段と褒めたその手際とは。

九 今井宗久
点前の姿がひときわ「見事」と称された宗久。それゆえ利休におとらず、太閤に愛顧された茶人であったといいます。

一〇 瀬田掃部
利休七哲の一、瀬田掃部。「はなはだ奇異の人にてとび切たるはたらき」で、師利休にも認められたとしています。一五では掃部が考案した「水湖茶碗のさらし茶巾」の点前を見てみましょう。


■お問合せ・お申し込み
Tel 03-3473-5005 〈東京都渋谷区・よみうりカルチャー恵比寿〉

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6/9(金)「寺子屋素読ノ会」... | トップ | 今週の「寺子屋素読ノ会」の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。