レカンフラワーリボンのmama

レカンフラワー教室*サロンド ジュリア*(旧姓) 近藤三枝子
日々の小さなステキを見つけて・・・・

乾燥花

2017-04-21 | レカンフラワー



主人がお見舞いに頂いた花束を
やはり乾燥花にしています


頂いた方にレカンフラワーにしてお返しにしても良いかと思ったりしたものですからね



大ぶりのバラの花も乾燥上がりました


















等々少しづつ乾燥花にしています~



杉野先生のブログで発表された今年のアートクラフト展
昨年に続き東京で開催されますね


今年も楽しい作品作ってみたいです
レカンフラワーは乾燥花が出来上がるだけでも見ていてうっとりしちゃいます
保存ボックスに居る時の方が輝きを放つ感じ(笑)
なかなか輝かせる作品を作るのは難しいですが
今年も何か作りたいです
まずは乾燥花の在庫の整理をしなければ・・・・・・・・

毎年岡山のクラフト展で体験の時の乾燥花を事務局にお届けするのですが
今年も整理してご用意しないといけませんね

この体験の花を選ぶのも難しいものが有りますが
拙い経験で言えば
私達のような経験者は綺麗な色の花を見るとテンション上がるのですが
一般の方達は落ち着いた早い話がくすんだ色の様なアンティーク系の物の方が好まれることが多いです

もうこれは限界かと思われる古いような花が結構好まれます
そう言われるとそうですよね
赤や黄色やピンクに青とそろえると
幼稚園の子の絵の様な感覚でしょうかね
分からないでも有りませんが・・・・・・・

なので処分間際の花が好まれると言うそんな事実も有るんですよ
自分としてはそんな気分なのですが
毎年とても好評で使って頂けたら幸いに思います~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一扇友の会 | トップ | チェーンウォレット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む