はい、福石歯科医院です。 院長は私ですが。。。

毎日が楽しい。有楽町の歯医者さんの仕事をみなさんといっしょに。

新年のご挨拶

2015-12-31 23:54:16 | 日記
新年明けましておめでとうございます!



本年もよろしくお願い申し上げます。

2016年は、自分自身にも期待をしている1年です。

頑張ります!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来年に向けて。。。

2015-12-28 20:04:07 | 日記
みなさんこんにちは!有楽町・銀座・日比谷のオフィス街中心で診療を行っている福石歯科医院・院長の吉野弘三です。



 早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。

 年末年始の休診期間は下記の通りです。
〔年末年始休診期間〕 12月30日(水)~1月5日(火)
 (29日は午前予約診療のみ)

 新年は1月6日(水)12:00より診療開始となります。

福石歯科医院のホームページはこちらから
http://www.f-dcdirect.com


 夜になるとぐんと冷え込むようになりました。くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。



 今年、新たにこのホームページを開設させていただいてから、多くの患者さまからのご質問をいただき、来院してくださいました。

 そして、歯について悩んでおられる方々が数多くいるということにも改めて気づかされました。

 当院の「歯を大切にしながら治療を進める」ということを来院された方々、ホームページを閲覧されている方々に伝えることができたと思っております。



 来年は更なる発展・飛躍に向けて、海外で世界の歯科医療に触れることができるのでとても楽しみにしております。

 そして、今まで以上の充実した歯科医療を患者さまに提供できると思っております。

 それでは、みなさま良いお年をお迎えください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

閲覧できないとの事で。。。

2015-12-04 12:49:02 | 日記
みなさんこんにちは!有楽町・銀座・日比谷のオフィス街中心で診療を行っている福石歯科医院・院長の吉野弘三です。

前回、HPに「むし歯治療について」を掲載したのですが、

あるブラウザでは閲覧できないとのご指摘をいただき、現在調整中です。
http://www.f-dcdirect.com

なので、こちらで掲載いたします。


今回は、今までの問い合わせで一番多かった
「むし歯の治療はどのように行っていますか?」
についてまとめてみました。




金属の被せ物の隣の歯の間が少し黒くなっているのがおわかりですか?そこがむし歯になっています。



青いシートで「ラバーダム防湿」を行い、むし歯の除去を行います。

また、金属の被せ物を傷つけないように特殊な装置でプロテクトを行います。



健康な歯質を極力削らずに、むし歯のみを除去する方法を「ミニマルインターベンション」と言います。まずは、健全歯質と歯髄(歯の神経)の保存を目的に行います。

ちなみに・・・今回の治療も無麻酔で行いました。健全歯質を削らなければ、痛みはほとんど感じられません。もちろん、むし歯の大きさや歯髄までの到達度、患者さんの痛みの感じ方など状況により麻酔を行います。



歯質の強化・材料との接着性の向上を目的として歯面処理を行います。部位や歯面の状態によって使用する歯面処理剤は異なりますが、隣在歯に処理剤がつかないように白いカバーを行います。



このような歯の間の詰め物をする際は、隣在歯との接触・隆線の形態などを重要視するために特殊な装置を使用して行います。



これはこの修復治療に使用する材料の一部です。



ここで使用する詰め物を光重合型コンポジットレジンといいます。



特殊な光線で硬化する歯の色に適合できる材料です。天然歯はいろいろな色調・透明感があり、この光重合型コンポジットレジンも何種類かを合わせながら充填してゆきます。





咬み合わせ・コンタクトなどを形態修正・研磨を行います。



充填直後の状態です。どこをむし歯治療したのかおわかりですか?



2ヶ月経過しました。特に問題はありません。

これが、当院で行っているむし歯治療の一例です。

もちろん、むし歯の大きさや症状などの理由でご紹介した治療方法をすべての症例に提供できるとは限りません。しかし、歯髄の保存などを最大限考慮した上で治療方法を選択しております。

もし、むし歯治療でお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください。

また、HPのでも症例を併せて説明をしておりますのでご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加