アコギとフォーク

アコースティックギターとフォークソングに関係する身近な話題をあれこれ綴ってみます。

YAMAHA LL36 購入

2017-04-19 07:38:22 | ギター
先日購入したYAHAMA LL36がやっと手元に届きました。

下取りのつもりで委託販売に出しているGibson SJ-200がなかなかな売れなかったため
なかなか手元に来なかったのですが、SJ-200の売却を待っていたのではいつになるのか
分からないので支払い方法を変えることにしました。

昨日手元に届いたのですが、ケースはYAMAHAの重厚感のあるブラウンケースで、YAMAHAは初めての
私にとっては非常に高級感があって驚きました。

ギター本体は、バックに少しの線傷とサウンドホールホール上のピック傷がありましたが、いずれも車用の
ワックスでちょっと磨くと綺麗に無くなりました。(中古ショップではよくやっている方法です)

いずれにしても新品同様のコンディションなので満足の一品です。

夕べちょっと弾いてみましたが、自分的には5弦、6弦の音に芯が無い感じでもやっとした
印象です。高音弦はテンションがきついこともあってキラキラ感がありますが、これはテンションから
来るものなのかYAMAHAの特徴なのかは分かりません。

以前YAMAHA関係のブログで、LL36は弾きこんでいくと何年か後に音が変わるという記事を
読んだことがあります。特に低音弦の出方が変わるということだったと記憶していますので
楽しみに弾いていきたいと思います。

ちなみに、弾き比べの意味でD-28を久しぶりに弾いてみましたが、やはり低音はMARTINの
方が芯がしっかりしています。
これからの変化に期待したいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金比羅歌舞伎 | トップ | Gibson SJ-200が売れそうです。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL