アコギとフォーク

アコースティックギターとフォークソングに関係する身近な話題をあれこれ綴ってみます。

試してみました、DCPA1 Plus

2017-05-20 07:53:15 | ギター
今年はとっても忙しくて、フォーク酒場に一緒に行っているメンバーとの予定が全く合わなかったためもうすぐ6月だというのに1回もフォーク酒場に行っていませんでした。

フォークソングメンバー1人が海外に転勤になることが決まったため、昨日は無理矢理予定を合わせて今年初のフォーク酒場に行ってきました。

先週にゅうししたばかりのDCPA1を早速連れて行きましたが、ピックアップの使い方がよく分からなかったので取り敢えずEasy Modeというプリセットされたモードで演奏してみました。

Auraには9種類の高級マイクの音がプリセットされているらしくて、これピエゾを自由にブレンド出来るのが特徴のようですが、パフォーマンスモードはイコライザーの設定なんかが難しそうだったので昨日はEasy Modeで試してみました。

確かにピエゾ独特のモヤっとした感じはなくて輪郭がハッキリしたいい音が出てました。これならライブでの使い勝手はいいんじゃないかなと思います。迫力がある音が出るなっていう印象でした。


生音も充分に満足出来るレベルですが、やっぱりこのギターはアンプに繋いでこそ本領を発揮するギターだと思います。

Aura のシステムはこのシリーズ以外にもRetroシリーズにも搭載されていますので、生音を重視するのならD-35eとかHD-28e retro辺りを狙った方がいいのかもしれませんね。
あくまでも個人的な感想ですが、、、


ヘッドは縦ロゴこのシリーズのみに用意されてるデザインです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Martin DCPA1 Plus 到着 | トップ | カポ〜いい物を買いましょう。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL