アコギとフォーク

アコースティックギターとフォークソングに関係する身近な話題をあれこれ綴ってみます。

ギターの買取と下取りと委託

2017-05-12 16:40:08 | ギター
今回SJ-200を売ったお金でDCPA1 Plusを買いましたが、普段から大変お世話になっているお店だったので相場の3〜4割増しで下取りをしてもらえました。これはとってもラッキーでした。

先日大手の楽器屋さんにとても気になるギターがあったんですが、あまりにも高価なので下取りを何本か入れてみようかなと思って下取り価格お聞いてみました。

ギブソンのJ-45のカスタムショップ、例えば60thや50thの復刻版。またはThe 59。全て新品同様のコンディションで12万がマックスだそうです。
まあそんなもんだとは思いますが、売値とのギャップは大きいですよね。

下取りなら交渉であと1万円くらいは何とかなりかもしれませんが、ちょっと売却は勿体無いですね。

じゃあ委託販売は?良心的なお店で委託手数料が15〜20%くらい。大手だと30%というところもあります。
20万円(税別)で売って、手取りは14万円。これでは買取とあまり変わらないですね。
15%なら手取りは17万円なので、委託手数料によって大きな違いがあります。

まあ、売る事を考えるとギターは買えないのであくまでも仮定の話ですが、ギター屋さんとしてもそのくらいの利益がないとやれないって事でしょうね。

やっぱり買ったギターはどんどん使わないと元は取れないですね。
お気に入りのJ-45。これは買取だと最高12万円だそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Martin DCPA 1 Plus | トップ | Martin DCPA1 Plus 到着 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL