ブログ 古代からの暗号

「万葉集」秋の七草に隠された日本のルーツを辿る

伏見稲荷神符18 <交い矛>から<交い大根>への変遷 

2009-09-28 21:36:42 | 日本文化・文学・歴史
出雲王朝の末裔という富家の紋章<交い矛>は平安時代になってから<交い大根>
に変えさせられた、という富氏の証言も確認すべきことと思い『日本家紋総鑑』で
<交い大根>を探してみた。これによれば陰と陽の二種類の<違い大根>があり、
陰の紋を用いる富田氏の注記には「出雲国より起こる宇多源氏佐々木氏族」とあり
陽の紋には本庄氏・丹後国宮津藩の大名家の定紋・美濃国高富藩の大名家の替え
紋とある。また丸に違い大根・丸に細違い大根・六角に違い大根・隅切り角に違い
大根など様々な違い大根紋が用いられていた。特に出雲国より興るという富田氏は
出雲王朝の富命の富を共有しており、富氏の証言の信頼性は高いと思われる。

<交い矛>から<交い大根>に変わったという富氏の紋章。
確かに矛は王権の象徴であり、新しい王権には目ざわりだったろう。しかし、富家
は大根紋に変えさせられたというよりは、あえて大根紋に変えたのではないかと私
は思う。絵柄は大根(だいこん)ではあるが、一族の思いは<おうね>という誇り
を末永く伝えようとしたのではないか?
富氏は熊野大社のクナドの大神を祀っていたと証言しており、出雲東部の意宇(お
う)が本拠地であったと思われる。出雲系の神々には<大国主命、大物主命、大三
輪、太田タネコ>など<おう・おお>を冠する神名が多い。国引き神話の地、意宇
は出雲発祥の地と思われる。


王権を象徴するという矛の紋も探してみたが、神社の紋・一般の紋ともに現存して
はいない。しかし建御名方富命との係わりで矛が存在するのではと『諏訪大社の御
柱と年中行事』(宮坂光昭・1992年・郷土出版社)で調べたところ、矛が見つかっ
た。

諏訪大社には上社と下社があり、下社は春宮と秋宮の二座一社の形態をとっている
ため、年に二回神霊の遷座の神事(下社遷座祭)が行われる。
その遷座の行列の古例によると、

 神霊を宝殿から神輿に移し、その行列の先駈二人は紺色素袍(すほう)に侍烏帽
 子に杖をもつ。薙鎌二人、以下の供奉は白丁姿。後紋付日麻御旗八人、<御矛>
 八人、萌黄地倭錦御旗二人、小御正台八人、<乱刃御矛>二人、紺地金襴御旗二
 人、榊二人、御筐三人、神輿、立烏帽子八人、大祝(おおはふり)騎馬、槍、薙
 刀、挟箱、五官祝騎馬、槍、薙刀、挟箱、両奉行、伶人(横笛・太鼓)氏子が
 続く。

出雲系の諏訪大社の神霊に十本の矛が供奉していたことで、直感が当たり満足であ
った。が、志村図書館で何気なく手にした『謎解き祭りの古代史』(ОB編集部・
1999年・彩流社)をパラパラめくりつつ拾い読みをしていたら、近江雅和氏が諏訪
大社の御柱祭について記述したページに釘付けになった。
なんと<諏訪大社のすべての御柱に三つの×印がついている>というのである。



いったい御柱のどこに×印があるのだろう?
勇壮な場面にばかり目を奪われて気付かなかったが、先の『諏訪大社の御柱と年中
行事』中の下社御柱を撮している小さな写真を拡大してみると、たしかに御柱の根
元から3メートルほどの位置に大きな×印が刻まれている。

近江氏は「この×印が、何を意味するかについては、いまだに触れられていない。
(中略)物部系、出雲系が関係するものには×印があるという事実に注目したい。
1984年、荒神谷遺跡から358本の銅剣が出土して話題になった。この銅剣に×印
の刻印がついていたのである。この銅剣は武器というより祭祀用のシンボルとして
の剣だろう。となると×印は神を示し、同時にその集団の系統を意味するマーク
だと考えられよう。」という。

出雲王朝の紋章<交い矛>は逃れていったとされる信州の諏訪神社の御柱に脈々
と伝えられていたようである。

2004年、私は諏訪を訪ねる機会があり、用事の合間に諏訪大社の下社を訪れた。
ところが現在の御柱は白木ののっぺりした柱で×印はどこにも見当たらなかった。
もう意味のわからない×印は消してしまったのだろうか。
しかし以前、長野県に行った時の記憶を手繰っているうちに、記憶が蘇ってきた。
昭和36年か7年ごろに訪れた諏訪の御柱には<赤い大きな×が三つ>刻まれてい
て、不気味な感じを抱いた事を思い出した。
確かに諏訪の御柱には三つの<交い矛>が刻まれていたのです。


  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伏見稲荷神符17 地中から... | トップ | 伏見稲荷神符19 対馬の銅... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。