花と木と、五七五(時々七七)な私と、…

ふと思ったこと、感じたことを五、七、五で言ってみる。ささやかな日常を五、七、五で切り取ってみる。
開けゴマ、開け私!

夜の顔とはまたひと味違うのですね。

2017年02月19日 | 日記



春待つや
雲に見紛う
朝の月










〈作者のひと言〉
今朝の、さっぶいゴミ出しに見上げた空。

〈挿画人のひと言〉
「あっ 月から見たゴミ出しおばさん!
すごい発想!感激しました~。」というメール
を作者の葉月まきさんからいただき、こちらこそ感激!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妹の退職祝いを買いに

2017年02月19日 | 日記



春近し
ショーウィンドウの
萌黄色










〈作者のひと言〉
実妹への贈り物を物色。
ショッピングモールは春色満載だ。
スプリンググリーンのスカーフとピンクのメガネケースと
ベージュのハンドバッグを買った。
◯子ちゃん喜んでくれるかなぁ…。

〈挿画人のひと言〉
あんな変てこなマネキン人形、いるわけがないのは知っているのですが、
あれで精一杯。勘弁してください(汗)。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聞いてくれるだけでいい

2017年02月18日 | 日記



母を恋う
心の森に
さ迷うて










〈作者のひと言〉
尽きない悩み、終わりの見えない繰り返し。暮らし。
生前母には本当によく愚痴を聞いてもらった。最高の聞き手だった。
だった…?
いや、今もそれは変わらないのだ。
現に今日も私は愚痴っていた。心の母に向かって。

〈挿画人のひと言〉
このカテゴリーの句は、とにかく絵にするのが難しい。
仕方ない。私も一緒にさ迷うか…。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこかで春が

2017年02月18日 | 日記



雪解けの
かそけき音や
澄む空や









〈作者のひと言〉
雪解けの音、勝手口を開けた時に聞こえるいつもの家庭排水の音とは違う、可愛らしい音。
不思議だが下水管に響く雪解けの音って、排水のそれとは違うのです。

〈挿画人のひと言〉
冬枯れの野原に点在する草と、硬く小さな芽をつけた一本の木に
弱々しくも確かな春の気配を感じてもらえたらうれしいです。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうそこまで来ているよ。

2017年02月17日 | 日記



笹鳴きの
声を聞きつつ
小道行く
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だるま、雪だるま、服だるま

2017年02月12日 | 日記



躊躇いて
ナイトウォーク
着ぶくれる


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

兆し

2017年02月12日 | 日記



やわらかき
芽 みえはじむ
大地如月

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとすじの

2017年02月11日 | 日記



屈しいる
心を割って
二月の陽



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

閑静な都会の街を娘と歩く。

2017年02月09日 | 日記



空の色
風の匂いや
春浅し
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜に向かうふしぎな時間帯に

2017年02月09日 | 日記



黄昏や
梅の香りの
風にのり
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

娘夫婦に誕生日を祝ってもらう

2017年02月08日 | 日記



冬薔薇と
メッセージの
こそばゆさ
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の福

2017年02月08日 | 日記



福は内
おどける小鬼
あねいもうと
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛らしい痕跡

2017年02月08日 | 日記



空になるはずの
クレヨン
残されし



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天の川下り

2017年02月08日 | 日記



空浮かぶ
白いゴンドラ
冬三日月





















コメント
この記事をはてなブックマークに追加