醤油の香りに包まれて

せんべい屋おかみ修行とウラ稼業日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マヌカオイル

2005年07月10日 16時39分26秒 | つらつら
マヌカオイルを買ってみた。

いつも取引しているところでは
扱いがないので、
お店用ではなく、私個人で
別のところから購入。

このオイルはとても殺菌力が強く、
塗ったところは乾燥してしまうのだ。
つまり、じくじく気味の湿疹なんかに
よかろうと。
ちょっとできた吹き出物を
ちょっと掻いたつもりが、
思いっきり掻いてしまい、
何が悪かったのか、
アトピーの湿疹のようになってしまった。
しかも広がってる。
レスキュークリームでも追いつかなかった。

「塗ると乾燥する」
おお!
乾燥して、傷になったところを殺菌して、
はやいとこ直さないと、
汗がしみていたい。

マヌカオイルはオーストラリアに自生する、
ティトゥリーの仲間だ。
この花のハチミツもマヌカハニーといって、
やはり殺菌力が強い。
胃に住むピロリ菌をやっつけるチカラがあるというので、
今注目されている食品。
オーストラリアに古くから住んでいる人たちは、
この、マヌカをとても上手に利用してきた。
ケガの治療、部屋の殺菌、歯磨きなどなど。

ティトゥリーの仲間だというので、
キッとした清涼感のある香りかなと思ったら、
甘い。 不思議な感じ。
マヌカハニーも独特な香りと後味がある。

原液を直接肌に塗るのは、
安全性が確認されているモノだけだし、
希釈したオイルも、必ずパッチテストをしてから
マッサージなりバスオイルなりに使うのが鉄則。
ぜったいにビンから直接手のひらにとっちゃダメですよ。
希釈濃度も1パーセントから2パーセント以内に
とどめないとダメですよ。
それ以外は自己責任で使用してください。

というのは、アロマの常識です。

でも、何となく大丈夫かな~と思って、
マヌカオイルをホホバで希釈して
塗ってみました。
たぶん濃度は50パーセントぐらい。

これがやっぱりすごい!
かゆみも収まったし、べたべたしていたのが
固まって、かさぶたのようになってきた。
いいねぇ。
あまり頻繁につけてもいけないので、
お風呂上がりだけにしたけれど、
二日目にしてだいぶイイ感じ。
まあ、湿疹の周りまで塗っちゃったので、
ちょこっと乾燥ぎみだけど、
湿疹を掻き壊すよりはイイ。

クレイにしようか、マヌカオイルにしようか、
実に迷ったところだけれど、
今回はマヌカで正解だったかな。

自然の中には本当に役に立つものが
たくさんあるね。

昨日は蚊の針から、痛くない注射針を作ったと
いうことや、蓮の葉から撥水加工とか、
ほぉぉ~とテレビに釘付けになった。

生き物としては昆虫や動物・植物の方が
先輩なワケだから、
その生態から人間が学ぶのは理にかなってる。
ちょっと謙虚に自然を見渡せば、
いろいろなモノを教えてくれるんだね。

   謙虚・謙虚
     
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 届きますように | トップ | 映画にマスク »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
通りすがりです。 (chibiko)
2007-02-09 11:18:07
こんにちは、通りすがりです。マヌカオイルを検索してここに来ました。マヌカはオーストラリアではなく、ニュージーランドに昔から自生する固有の植物です。オーストラリアのTea Tree よりもはるかに殺菌力があるそうです。ニュージーランドに住んでおりましたので。お間違いなく!情報はよく調べてください!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。