団塊のしっぽが綴る ありのままの田舎暮らし

躊躇いながら近づいてくる未来と、静かに佇む過去のはざまで。

どこに向かっていくの?

2017-06-16 | 日々のこと。



昨日までの青空がどこかへ消えて、今日は一転、曇り空。気分もどんより・・・



70年安保を経験した団塊世代。
積極的に政治にかかわった人も、そうでなかった人も、
何らかの影響は受けていることでしょう。

私が通っていた大学は、あるセクトの拠点になっていて、
キャンパスでは、戦闘服やヘルメットでコスプレ(?)をした
勇ましいお姉さんやお兄さんが、幅を利かせていました。

私は当時の言葉を借りれば、典型的なプチブルのノンポリ女子大生。
友人の中には、そうしたセクトで活動していた人も何人かいましたが、
彼らの言っていることは、余りに荒唐無稽で共感はできませんでした。
だって、親から仕送りを受けながら、まるでサークル活動のような
軽快なフットワークで「革命」を語るのですから。

そんな私ですが、さすがに昨日の国会で起きたことには納得できません。

政府は民主主義を否定するつもりなのか。
共謀罪は、本当に一般国民には無関係なのだろうか?
そもそも、一般国民て誰のことを指すの?

かつての治安維持法も、よく似た過程で成立したそうです。
この国と、そして私たちは、どこに向かっていくのか?

前回、毎日がリゾート気分なんて、能天気なブログを綴った私ですが
やがて、そんなことを言っていられない日がやって来るかも。
嫌だなあ・・・


考えてみると、今から比べたらあの時代(70年前後)は、
ずっと自由で、大らかな空気に包まれていたのかもしれません。



ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭仕事の愉しみと苦しみ。 | トップ | 幾つになっても、名前で呼ば... »
最近の画像もっと見る

日々のこと。」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。