賢い子に育てたい! ~家庭学習で中学受験2018~

中学受験に向けての学習や日常の些細な出来事など、いろいろ書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダンスイベント&今後の学習計画

2016年04月25日 | 中学受験
昨日は、ダンスのイベントがありました。
いろいろなダンススクールの人たちが参加するもので、発表会とはちょっと違う感じです。
午前の部と午後の部と2回参加するので、1日中かかってハードでした

息子はソロで踊る部分があり、結構緊張気味
空き時間にみんなで練習!



イベント後、メンバーで集合写真を撮りました



良い思い出になりました



話は変わって・・・
塾をやめることにしたので、先週から家庭学習計画を変更して進めています。

塾での使用テキスト『中学受験新演習』にどうも慣れなくて、理科は早速、社会は5年下(歴史範囲)から『合格自在』に変更です。
(私が働いていた塾では『合格自在』を使用していたので


★朝

【月~金】
『漢字日記』
ドリルの王様 日本地図ドリル

【土日】
宮川式10分作文らくらくプリント (小学校低学年編)


★夕方

【月】
啓明舎が紡ぐ小学国語 読解の基礎 3年~5年向け
『漢字日記 5年上』(言語事項)

【火】
『合格自在 理科 5年上』(説明・ワンポイントチェック)
『中学受験新演習 社会 5年上』(説明・トレーニング)

【水】
難関中学に合格する!!数の性質トレーニング (YELL books)』2問
難関中学に合格する!!算数脳を鍛える図形トレーニング 増補改訂版 (YELL books)』2問
難関中学に合格する!!相似形と面積比・図形の移動トレーニング 改訂3版 (YELL books)』2問
『合格自在 算数 5年下』(例題)

【木】
『合格自在 理科 5年上』(実力アップ問題)
『中学受験新演習 社会 5年上』(基本問題)
『合格自在 算数 5年下』(例題)

【金】
『漢字日記 5年上』(言語事項の復習)
出口汪の新日本語トレーニング―基礎国語力編(下)
『合格自在 算数 5年下』(基本問題)

【土】
『合格自在 算数 5年下』(標準問題)

【日】
予備日(『合格自在 算数 5年下』が全て解き終わらなかった場合)


この計画で進めると、夕方の学習時間は40分~60分となります。
通塾していた頃と比べると、とってもラクになりました。
今まで削ってしまっていた算数に時間をかけることができ、息子も嬉しそうです

習い事は水曜日のダンスだけとなり、友達と遊ぶ時間もたっぷり取れます。
これでストレスは軽減されるかな…。

ただ、理科と社会の演習が足りないので、夏休みや冬休みなどに『復習自在』を解きたいと思っています。
国語については、前回の記事にいただいたコメントを参考にし、夏休みから『四科のまとめ』などを始めます。


今後の模試については、コメントへのアドバイス通り「首都圏模試」を受けてみる予定です。
6年生になったら四谷大塚の「合不合判定テスト」を受けます。

私立中学の志望校ですが、息子が麻布はやめると言い出しました。
家を6時半頃に出ないと間に合わないことを知り…。
6時前に起きるのは嫌だそうです。
麻布に行きたいという気持ちは、そんなもんだったのかぁ
なんだか拍子抜けしてしまいました…。
まあ私自身も、お弁当作りとか考えると遅いほうがありがたい…。
6時起きで間に合う学校にします。(笑)







↓ ランキングに参加しています。応援クリック、よろしくお願い致します

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コメント・メッセージをありがとうございました!

2016年04月20日 | 中学受験
今週からやっと仕事が落ち着き、余裕のある日々となっています。
先週は新しい職場の初授業が5クラスもあった為、精神的にきつかったです
でも、今週からは2回目の授業となるので気がラクです。


さて、本題に入ります。
日曜日の夜に「塾をやめる」という報告記事を書きましたが、それについてたくさんのメッセージをいただきました。
応援してくださっている方、厳しいご意見をくださった方…。
それらのメッセージに書かれてあることを、1つ1つじっくり読ませていただきました。
お返事はゆっくりになってしまうかもしれませんが、必ずさせていただきます。


今回は、通塾を始めた理由とやめた理由を書きたいと思います。

通塾を考え始めたのは、家庭学習で社会を教えることが難しくなってきたからです。
私は元々塾の数学の講師で、中学受験の算数と理科は教えた経験がありました。
理系講師のため、文系科目は中学生の英語と国語ぐらいしか教えることはできません。
子供の頃から社会が大嫌いで、成績も悪かった…。

息子が4年生になると社会の家庭学習も始まり、だんだん上手く説明することが困難になってきました。
そうすると、ただの丸暗記をするしかなくなってしまいます。
社会専門の先生とかなら雑学などを交えながら楽しく授業ができるのだろうなと思い、授業内容が本格的になる新5年生からは塾に通わせようと考えたわけです。

栄光ゼミナールを選んだ理由は、2つあります。

1つ目は、単科で受講できるからです。
期別講習でもお世話になりました。
4年生の夏期講習と冬期講習の社会担当の先生と相性がとても良く、息子は毎回楽しく授業を受けていました。
その先生が5年生の通常授業の社会を担当すると聞いたので今の校舎に通塾を決めましたが、実際通い始めてみたら違う先生で…。
息子、かなり落ち込んでいました。

2つ目は、麻布ゼミを受けたかったからです。
息子が麻布中学に行きたいと言い始めたときから、どこかの塾の麻布対策講座には通わせたいと考えていました。
私の力では、御三家レベルの国語と社会を教えることはできませんので…。
調べてみると、栄光ゼミナールのゼミの質がとても良いということがわかりました。
特に麻布ゼミの先生は素晴らしく、合格率も高いと。
5年生のアタックテストの御三家ゼミ認定回で偏差値63以上取れれば、麻布ゼミの認定が取れるという情報もありました。

それらの理由で、栄光ゼミナールに決めました。


実際に通い始めて、いろいろと不具合が出てきました。
先ず、家庭学習で自分のペースでぬくぬくとやってきてしまった為、塾のペースに合わせることが苦痛でした。
これは私の責任だと思います。
元々は塾に通わずに受験するつもりだったので、そういう計画を立てて昔からやってきていました。
それが急に、違う計画に変わってしまったことになります。
息子だけでなく、私にとっても苦痛でした…。
そのせいで、息子もイライラ、私もイライラ…。
親子関係がどんどん悪くなっていくのを感じていました。

それでも息子はこなしていました。
それは、やる気のない態度を取れば「受験やめよう」と私に言われてしまうからです。
言ってはいけない言葉だとわかっていながら、どうしても我慢できずに言ってしまったことが何度かありました。
こういうことも、息子を追い詰めていたのだと思います。

そういうストレスから、一部の大人に反抗するようになったのではないかと…。
本来なら私に向けて反抗したかったはずです。
でも、そうすると受験をやめることになってしまうのではないかという気持ちから、反抗が他の人に向かってしまった。
母であり先生であるというのは、こういう事態を招いていしまうのだと痛感しました。
精神的に正常な状態ではないですよね…。

それに気付き始めてから、少しずつ息子への対応を変えてみました。
すると、だんだん自分の本音を話してくれるようになってきて、前の記事「私立中学受験を見直します…」に書いた内容がわかったのです。
そこから私自身も自問自答し、今の息子にとって何が最善かを考えてみました。
そして、パパと息子と3人で話し合い、塾をやめることに決めました。



この決断が、本当に良いのかどうかはわかりません。
でも、通塾というイレギュラーなものがなくなり、当初の計画に戻っただけのような気もしています。
しばらくはこのまま家庭学習で頑張ってみようと思います。


月・火曜日の家庭学習は、久々に穏やかな気持ちで時間が過ぎていきました。
息子は「なんか楽しいね」と嬉しそうでした。
私もゆったりした気持ちで、息子が興味を持った部分には時間をかけていろいろ話したり、ときにはギャグを交えてみたり、昔のようなスタイルで教えることができたような気がします。
もしかして一番ホッとしているのは、私自身かもしれません。


志望校については、第1志望のサイエンスフロンティアはもちろん変わりません。
私立中学の方は、白紙に戻します。
今後、いろいろな学校のオープンキャンパスや体験授業などに参加予定です。
その中で、息子が興味を持った学校を志望校にしたいと思います。
偏差値などは特に気にせず、少しでも魅力を感じた学校にはどんどん参加してみようと思っています。



別件ですが・・・
ジュニア算数オリンピックに申し込みました!
2年前のキッズBEEでは銀メダルでしたが、昨年のジュニ算ではファイナルにも進めず…。
そのときに「来年こそは」と思っていたのに、通塾やらアタックテストやらで算オリ対策はほとんどできず
それでも、息子は挑戦するそうです。
ああいう問題が好きなんですよね
今週から、少しずつ対策をやっていこうと思います。
ファイナル進出は無理だとしても、楽しんできてほしいです♪








↓ ランキングに参加しています。応援クリック、よろしくお願い致します

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へにほんブログ村

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

塾、やめます・・・

2016年04月17日 | 中学受験
この週末にいろいろあり家族会議で話し合った結果、塾をやめることにしました。
詳細は後日、記事にします。

取り急ぎ、ご報告まで。







↓ ランキングに参加しています。応援クリック、よろしくお願い致します

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へにほんブログ村

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

私立中学受験を見直します・・・

2016年04月15日 | 中学受験
ここのところ仕事が恐ろしいほどに忙しく、自分のブログ更新どころかブロ友さんのブログもほとんど見ることができていない状態です。
その為、コメントへのお返事はもうしばらくお待ちください。


今日は仕事が午後からで少しだけ時間がある為、報告だけさせていただきます。

先週末のアタックテストの結果を、先程ネットで確認しました。
今回はとにかく酷い状態(精神的に)だったので、大幅に下がるだろうと予想していました。
私自身も時間的に全く余裕がなく、自己採点もしていませんでした。
息子も「今回は結果が出ても見ない」と言うほど、ボロボロだったようです。

今回はコンパスに名前が載らない成績なので、書いてしまいます。
4科も2科も60でした。
大幅ダウンです。
これでも予想よりはよかったぐらいですが…。


実は春休み中から、息子の家庭学習がうまくいっていませんでした。
いえ、春休みからというより、本当は新5年生(2月)になってからずっとですね…。
息子の勉強への意欲が、どんどんなくなっていきました。
そして、ストレスが溜まっているのが目に見えてわかりました。
それでもやらなければならないということは息子自身も頭ではわかっているので、仕方なくこなしていたんだと思います。
そういう態度が原因で私に「やる気がない」と言われ、息子はイライラし、お互いの関係がどんどん悪くなっていきました。

アタックテストの前日の夜にもちょっとしたきっかけがあり、「受験をやめよう」という話にまでなりました。
そんな状態での今回のテスト…。
息子の中では「どうでもいい」という気持ちになっていたのだと思います。
その結果として顕著だったのが、算数でのケアレスミスの嵐…。(算数だけは息子自身が気になっていたらしく自己採点していました)
こんなに酷い点数は初めてでした。


2月頃は「5年生の内容に入って学習量が増え、負担が大きくなったのだろう」と思っていました。
でも、なんだか違うような気がしてきたんです。
このままでは益々状況が悪くなると思い土曜日の塾帰りに話してみると、息子の本音がわかりました。

・塾に通っていなかった頃と今の家庭学習が全然違う。

だから、勉強が楽しくなくなってしまったようです。
今の家庭学習は、受験の為の勉強ではなくアタックテストの為の勉強になってしまっている。
いつもテスト範囲に縛られて、焦って勉強している感じがする。
それがイヤなのだそうです。

確かに、4年生までは毎月のテストなどなかったので、時間をかけたいところにはじっくり時間をかけることができたし、時間に追われて勉強する必要などありませんでした。
それが、通塾が始まってからはテスト範囲にこちらが合わせなくてはならず、勉強自体がただの作業のようになってしまっていたと思います。

息子にとっての私との家庭学習は、今までは「楽しいもの」でした。
それが、2月からは「つまらないもの」になってしまっていたというわけです。

息子からの提案がありました。

・アタックテストはテスト慣れの為に受けるけど、普段の勉強はテスト範囲に縛られないで前みたいに自分のペースでやりたい。

そうなるとアタックテストの成績は落ちてしまいますが、息子はそれでも良いと言います。
難関ゼミなどの認定も取れなくなりますが、それも別に良いそうです。


息子の意見を聞き、私自身も反省しました。
いつの間にか塾に縛られ、アタックテストの為の勉強になってしまっていた…。
そのせいで息子に「勉強がつまらない」と感じさせてしまった…。
それなのに「やる気がないなら受験をやめよう」などと、息子を責めるようなことばかり言ってしまった…。
本当に酷いことをしてしまいました。
こうならない為に幼児の頃から少しずつ受験準備をしてきたのに、全く無意味なことになってしまうところでした。


そういうわけで、今後は・・・
私立中学受験向けの家庭学習は、アタックテストの範囲に関係なく息子のペースで進めていきます。
第1志望校のサイエンスフロンティア対策としては、塾の「公立中高一貫コース」に通っているのでそのまま継続です。

アタックテスト自体を今後受けていくかどうかについては、塾の室長と相談しようと思います。
「公立中高一貫コース」だと本来ならば統一テストを受けるのですが、こちらから希望を出してアタックテストにしてもらっていました。
統一テストに変更したほうが良いと言われれば、そうしようと思います。

私立中学の受験(志望校)については、6年生になってからの「合不合判定テスト」を受けてみて考えます。
それまではアタックテストの為の勉強ではなく、受験の為の勉強として力をつけていければと思っています。







↓ ランキングに参加しています。応援クリック、よろしくお願い致します

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へにほんブログ村


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

認定証が届きました。

2016年04月07日 | 家庭学習
本日、栄光ゼミナール本部から「小5前期難関選抜ゼミ」の認定証が郵送で届きました。
ペラペラの普通紙ではなく少し厚めの紙で、意外としっかりしたものでした。
ゼミ参加を嫌がっていた息子ですが、嬉しかったみたい

事前に聞いていた情報では1日5時間の授業とのことでしたので、それに昼食や休憩の時間をプラスしても6時間ぐらいで終わると思っていました。
でも、実際は7時間弱の拘束時間
これは無理ですね…。
息子の精神力&体力では…。

内容的にも厳しそうです。
特に国語のカリキュラムは、今の息子の実力では苦痛なだけでしょう…。

もちろん息子自身も「受けない」と言ってるので、今回は見送ることにします。
後期の難関選抜ゼミの認定が取れたとしたら、そのときは前向きに考えたいと思います。
今の息子の状態だと、厳しそうだけど


今週末は「アタックテスト」がありますが、私の仕事がめちゃくちゃ忙しくて、テスト対策を手伝うどころではありません
来週から新しい職場での授業が始まります。
その準備が大変で、まったく余裕がありません

未就園児クラス用の制作物の準備、幼児クラス用の教材や宿題の準備・授業で使用する補助教材の作成、などなど。
今週は、生徒の家に「来週から始まります」というお電話をしなければなりません。
30人以上…。
今週は自宅作業がいっぱいです

そんな感じなので、息子には申し訳ないのですが制作物準備を手伝わせちゃったりして
ただではないですよ!
お小遣いあげてます。(笑)


ただ、仕事は私にとっての息抜きなんです。
だから苦ではないんですよね…。
今、一番苦痛なのは・・・息子の家庭教師(?)です。
やっぱりプレッシャーですよ~。
先生であり親であるというのは、気持ちのコントロールも難しいですし。
学習内容もだんだん深くなってきて、今までのようにさくさく進められない単元もあります。
息子がイライラすると、私もそれを見てイライラしちゃうんですよねぇ。
感情を抑えるのに必死です。
だから、ストレスが溜まる…。

でも、もう1つ息抜きになっていることがあります。
それは、息子の友達の家庭教師です
家庭教師といっても、我が家に来てもらってます。
昨年は1人だけだったのですが、今年度から2人増えて3人になりました。
本当に仲の良い信頼できるママ友の子で、小さい頃から知ってるので可愛くて♪
勉強の後は、子供同士で仲良く遊んでます
それも楽しいみたいです。


これからもっとストレスが溜まってくると思うので、うまく息抜きしつつ頑張ります








↓ ランキングに参加しています。応援クリック、よろしくお願い致します

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へにほんブログ村


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加