賢い子に育てたい! ~家庭学習で中学受験2018~

中学受験に向けての学習や日常の些細な出来事など、いろいろ書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2~3歳の知能教育

2011年05月30日 | 幼児教育
前回の続きになりますが、2歳からの教育について書きたいと思います。

2歳と言えば・・・「魔の2歳児」ですよね
私はずっとmixiで日記を書いてきているので、我が子が2歳の頃はどんな感じだったか読み返してみました。
書いてあるのは、「酷い反抗期」とか「毎日イライラ」なんて内容がいっぱい
親にとっては本当に大変な時期でしたが、子供にとってはすごい成長期なんですよね。
いろんなことを吸収していたんだと思います。


それでは、2歳からの具体的な遊びを紹介します。
この時期は「覚える」ということがとても楽しく感じるようです。
先ずは、子供の好きなものを覚えることから始めましょう。
我が子は「鉄道」が大好きでした。
鉄道図鑑やDVDなどを見て、新幹線や特急などの名前をほとんど覚えてしまいました。

それを利用した遊びが、メモリーゲーム(トランプの神経衰弱)です。
我が家では、鉄道のカードを作って遊んでいました。


数字・50音・アルファベットなどを覚えるにも良い時期です。
小さい子供というのは「写真記憶」のような感じで物を覚えるらしいので、目で見て暗記する方法が効果が高いようです。
子供が好きなものがあれば、それを使うとラクだと思いますよ。
我が子の場合はとにかく「鉄道」だったので、50音も鉄道カードを作りました。

これで50音は完璧

次に数字についてですが、教えるときに注意しなければならないことがあります。
それは、ただ数字を言うのではなく、きちんと物を数えさせること。
「数は50まで言えるんだけど、物を数えられないんだよね…」と、悩んでいるママさんが結構いました。
そうならない為に、先ずは物を数えさせることから始めましょう。
幼児期は、大きな数字なんて言えなくていいんです。
「1」から「10」までの数をきちんと把握できていれば大丈夫です

10までの物の数をきちんと数えられるようになったら、簡単なたし算に挑戦してみましょう。
↓ 私は、こんなものを使っていました。

数字カードを渡し、その数だけボールを入れます。
次にもう1枚数字カードを渡し、その数のボールを追加します。
ボールを全て出し、何個あるか数えます。
使った数字カードも一緒に置き、その横にボールを置かせて、合わせて何個という計算を教えます。
こうすれば、たし算の概念が理解できますよね。

この方法は、かけ算の概念を教えるときにも役立ちます。
かけ算の場合は、例えば「2個セットが3個ある」なら、2個入っている入れ物を3個用意して説明します。
そして、全部で6個になると教えてみてください。
九九を教える前に、必ずかけ算の概念を教えましょうね。


あとは、図形の力もつけていくと良い時期です。
見本通りに積み木を組み立てるというような、目で見てそれを形にする練習をしてみましょう。
↓ あるプレイランドに置いてあった玩具です。

これはちょっと高度なので、2歳後半ぐらいからやってみて下さいね。


他には、「すごろく」などもいいですよ。
サイコロを使うので数字にも強くなりますし、何個進むとかも理解できます。
それに、勝ち負けも経験できますしね


しつけ面でも、2歳というのは大切な時期です。
社会のルールを教え始める必要があると思います。
例えば、我が家では電車でのおでかけを頻繁にしていたので、電車の中でのルールをしっかり教えました。
当たり前ですが、騒がない、隣の人に迷惑をかけない(体をぶつけない)、イスに座るときは靴を脱ぐ、などなど。
あと、公園などの遊具で遊ぶときなどになりますが、順番を守ること。
危険なことは何かを教え、そういうことはしないということ。
言っても言ってもなかなかできないこともありますが、根気よく教えましょう。
ここで教えたことは、その場ではなかなかできなくても、後々効果が出てきますよ


次回は、3歳からの教育について書く予定です。


 最後まで読んでくださってありがとうございました
↓ ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

0~2歳の知能教育(早期教育)

2011年05月24日 | 幼児教育
今日は、ご質問がありました1歳前後の「早期教育」について書きたいと思います。
私が実際に子供にやってきて、とても役に立ったと思われる内容も含めて書いていきます。

0歳の頃は、はっきり言って「教える」ということはあまりなかった気がします。
それより、子供がやりたいことをやらせるようにしていました。
でも、しつけはきっちり!
「0歳へのしつけって何?」と思うママさんもきっといらっしゃいますよね…。
この0歳からのしつけがすっごく大事なんです

例えば、食事です。
2歳ぐらいで、最後まできちんと座って食べられる子って意外と少ないですよね
フードコートなどに行くと、食事中に歩き回っている子供をよく見かけます。
3歳になっても、立ち歩く子は結構いるんです…。
何故だと思います?
これこそ、0歳からのしつけができているかいないかの差なのです。
離乳食の頃から、しつけは始まります。
あっ、本当はミルクからですね
ミルクをあげるときは、テレビは消しましょう。

離乳食が始まると、ママはどうしても「しっかり食べてほしい」という気持ちが大きくなります。
食事の途中で子供が「もういらない」となって、遊びだしたとします。
少ししてまた戻ってきて「食べたい」となったとき、ママは続きをあげちゃいますよね。
これが実は、問題なんです。
大切なことは、食事の途中で遊ばせないこと。
もし遊びだしたら、その手を止めて食事を続けさせる。
それでも嫌がって遊びたがったら、食事はおしまい。
これを徹底させれば、子供は学習します。
「遊んだら、もう食べられない」と。

0歳でそのしつけをしていない子は、自分で歩けるようになると勝手に立ち歩こうとします。
それも同じです。
立ち歩かせないで食事を続けさせる。
それでもダメなら食事はおしまい。

「靴のままイスに上がらない」というのもそうです。
「靴は履かせているけど、まだ歩けないから汚れてないし、このままイスにのっけてもいいかな。」というのは、親の勝手な考えです。
小さい子供にとっては、靴が汚れてる汚れてないなどわかりません。
「靴を履いていたら、脱いでから上らせる」というのを徹底しましょう。
そうしないと、言葉が理解できるようになった頃に突然親に注意されるようになり、子供は疑問を持ちます。
「今まで何も言われなかったのに、何で急にダメなの??」と。

「0歳だから言ってもまだわからないし…」という考え方はやめて、ダメなものはダメとしっかり伝えましょう


さて、本題の教育内容についてです。
1歳前後は、空き箱(我が子は離乳食の箱が好きでした)や積み木で遊んでみましょう。
好きなように積ませていくうちに、だんだん高く積めるようになります。
どのように積めば倒れずに高く積めるのか、自然に学習してるんですよ。
何度やっても倒れてしまうようなら、ママが高く積んで見せてあげるといいと思います。
あとは、ママが高く積んだものを倒させる。
小さい子供は、「倒す」「壊す」などが大好きですよね~。
だから、思う存分させてあげましょう。
でも、一つ重要なことがあります。
「倒していいよ」と言ってから倒させるようにしてください。
そうしないと、一生懸命作っている途中の作品を倒してしまうかもしれません。
これは、今後お友達と遊ぶようになったときにトラブルになりますよね。
「人が嫌がる(悲しむ)ことはしない」ということを、小さい頃から教えてあげましょう。

0歳6ヶ月~2歳にかけては、指先を使う遊びをたくさんするといいです。
「型はめパズル」なんかがいいですね~。
まる・さんかく・しかく・ハート・ほし、などの形や色も教えてあげられます。
すっごい効果があったのは、ピープルの「指先の知育フルコース」です。
これは本当によかったです。
おす・ひっぱる・つまむ・めくる、などが全てできるんです

1歳ぐらいからは、絵カードなどで遊んでみましょう。
果物・野菜・乗り物など、いろんなものを覚えられます。
カードを並べて、ママが「りんご」と言って子供に取らせるというような遊びは楽しいです。
もし英語教育に興味があれば、ついでに英語を教えてみてもいいいかもしれません。
ただ、子供が混乱しないように「英語の時間」というのを決めて遊んでみてくださいね。

余談ですが・・・我が家では2歳ぐらいの頃、「英語の時間」に英語で会話するようにしていました。
幼児との会話って結構限られているので、使う英語もそんなに難しくないんです。
ただ、私は英語が苦手だったので、英会話ポスターを作成して部屋に貼ってました
それを見ながら子供に話しかけてましたよ~。
英語に関しては、語りかけが一番効果があるようです。


2歳近くになれば、パズル・ブロック・おえかきなどもやれるようになります。
積み木もレベルが上がってくるので、左右対称のものを作らせてみるとおもしろいです。
お城とか
有名な「パターンブロック」も1歳半ぐらいからやってみてもいいかもしれません。


あとは、おもちゃ(ミニカーとかでもなんでも)を積んでバランス感覚を見に付けるとか。
2歳を超えたら、「大工遊び」のおもちゃもいいですね。

そうそう、一般的ですが「こどもちゃれんじ」はなかなかいいですよ~。
我が家は「baby」から「ぽけっと」までやってました。
子供の発達についてよく考えられている商品だな~と思います。

知育玩具に関してはこんな感じです。
でも、一番大切なことは「ママとの会話」です。
前に書いた「知能教育って…」でも触れましたが、子供はなんでも知りたがります。
「なんで?」と聞いてきます。
1歳ぐらいだとまだ上手に話せませんが、知りたいという欲求はすごいです。
言葉じゃなくても、態度で聞いてきます。
それをママはしっかりキャッチして、できる限り答えてあげましょう。


無理のない早期教育をすれば、確実に効果があります
私自身も試行錯誤しながら、本当に良いと思うものをじっくり試してきました。
その結果なのか、我が子が4歳のときの知能診断結果は180でした。
でも、これは早期教育をしてきた子供によくある異常高数値なので、成長に合わせてもう少し下がるはずです
そうだとしても、「知能教育」は子供の思考力を育てていく効果はあります。
注意点としては・・・「とにかく先取り」という間違った教育はしないようにしてくださいね。
子供の思考力にあった進度で、勉強ではなく遊びを通して楽しんでやっていきましょう

次回は、2歳以降の知能教育について書く予定です。


 最後まで読んでくださってありがとうございました
↓ ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

「鏡映像」

2011年05月20日 | 小学校受験
今日は、リクエストが多かった「鏡映像」について書きたいと思います。

「鏡」ってなんでしょう?
子供にとっては難しい質問です。
「反対に映るのよ」と言っても、「反対って??」とよく意味がわかっていませんよね…。

簡単に言うと、「線対称」なのです
まずは、そこから理解させてみましょう。

急に絵をみせて「線対称っていうのは・・・」と説明しても、きっとわかりません。
最初は、下の写真のようなものを使うことをおすすめします。



「線で折ったら、ぴったり重なるんだよ」と教え、色を塗らせてみましょう。
わかりにくいようなら、それぞれ切り取って、実際に折って透かして見せるといいかもしれません。
理系タイプの子には、「線から何個目は何色になる」という方法で説明するとわかりやすいと思います。

四角いマスに慣れてきたら、次は○をいくつか描いて色分けしてみます。
今度はマスのように隣がくっついてないので、ちょっと難しいかもしれません。
その後、○△□などの図形もやってみましょう。

ここまで完璧にできれば、「線対称」は理解できたということです。

次の段階として、簡単な絵に挑戦です。
カップとか、子供が描きやすい物が良いと思います。

慣れてきたら、折り線(対象の軸)なしで練習してみましょう。
絵だけ見せて「鏡に映ったらどうなる?」と質問し、描かせてみます。

このように段階を踏んでいけば、子供は理解しやすいと思いますよ。

小学校受験の問題を見ると、とっても複雑なものもありますよね…。
でも、基本がしっかり理解できていれば解けるはずです
焦らずに、基礎から順番に教えてあげましょう


 最後まで読んでくださってありがとうございました
↓ ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「シーソー」「つりあい」

2011年05月16日 | 小学校受験
今日は、小学受験問題で多くのママが頭をかかえてしまう「シーソー」と「つりあい」について書きたいと思います。


こういう問題って、説明するのが難しいんですよね…。
何度説明しても子供はわかってくれない…。
ママはイライラ・・・子供は焦ってますますわからなくなる・・・ママはもっとイライラ・・・爆発
なんてことになっていませんか?

子供にとっては、紙に描いてある絵を見てもなかなか理解しにくいんです。
ご家庭で立体シーソーを手作りするというのは大変なので、平面シーソーを作ってみましょう。
割り箸でも細く切った厚紙でもいいので、それをシーソーとします。
お子様の好きなものを3種類、紙で作ります。
ここでは、「りんご」「みかん」「もも」で説明しますね。
あと、子供に「りんご」「みかん」「もも」を描いた紙を渡しておきましょう。

シーソーの両端に、その紙を1つずつ乗せます。
例えば「りんご」と「みかん」を乗せ、ママが「りんご」を下に傾けます。
「どっちが重い?」
「りんご!」
そこで、重かったほうに「○」、軽かったほうに「×」を渡しておいた紙に描かせます。

次は、重かった「りんご」と「もも」をシーソーに乗せ、「もも」を下に傾けます。
「どっちが重い?」
「もも!」
そして、「○」と「×」を描かせます。

この時点で、「りんご」は「○」「×」、「みかん」は「×」、「もも」は「○」となっていますよね。
「○」だけしかないものが一番重く、「×」だけしかないものが一番軽いことを教えます。
目で見て明らかにすれば、子供も理解しやすいですよ

これができたら、次はもう1種類「いちご」を増やします。
「もも」と「いちご」をシーソーに乗せて、「いちご」の方を下げてみます。
そうすると、「もも」が「○」「×」になり、「いちご」が「○」だけになりますね。
「いちご」が一番重いということです。

もし反対に、「もも」を下げてみたとします。
結果は、「もも」が「○」「○」で、「いちご」が「×」になるので、「○」の数が多い「もも」が一番重いということになります。

こんな感じで、いろんなパターンで練習してみてください。


この平面シーソーは「つりあい」の問題にも使えます
どちらかというと、「シーソー」よりも「つりあい」の問題の方がつまずく子が多いかな…。

「つりあい」では乗せる物の数が多めに必要になるので、色が違うおはじきとかそういう物の方がラクだと思います。
あと、シーソーも2つ用意してください。
左側に「赤」を1つ、右側に「青」を2つ乗せます。
これがつり合っている状態です。
「つり合っている」=「同じ重さ」ということを、最初にしっかり理解させてくださいね。

ここからが重要です。
「赤」が1つ=「青」が2つ
これを完全に理解させなければなりません。
この状態のシーソーを、そのまま横に置いておきます。

次に、左側に「赤」を1つ増やします。
そこで問題を出します。
「シーソーはどっちが下になる?」と。
子供は左側を下げるはずです。
ここまではきっと、ほとんどの子がわかりますよね。

次に、「右側に何を乗せれば、つりあうかな?」と聞いてみましょう。
もしここで、右側に「赤」を乗せたとします。
左側に「赤」を1つ乗せたのだから、右側にも「赤」を1つ乗せればつりあうというのは、自然な考えです。
ここで、横に置いたままのシーソーを見せましょう。
「赤」1つと「青」2つがつりあっています。
それなら、今置いた「赤」を「青」に換えるとどうなるか。
これは「おきかえ」の問題の基本にもなります。
実際に、子供にやらせてみましょう。
「赤」1つと「青」2つを交換することになりますよね。
そうすると、「赤」2つが「青」4つとつりあうことがわかります。

ここで、右側に「青」を1つ足してみましょう。
「シーソーはどうなる?」
子供は右側を下げますよね。

こんな風に、実際に物を使って練習してみてください。

いつもいつも書いていますが、ペーパー問題はその後ですよ


 最後まで読んでくださってありがとうございました
↓ ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「みぎ・ひだり」と「四方からの観察」

2011年05月12日 | 小学校受験
今日は、ママ友から相談があった「みぎ・ひだり」について書きたいと思います。


小学校受験をする場合、この「みぎ・ひだり」がわかっていないとお話にならない・・・なんて言われてますよね
それでママは必死に教えようとする…。
ペーパー問題を見ながら「自分の手でやってみなさい!」「違うでしょ!こうでしょ!」と、ついつい怒ってしまうという話はよく聞きます。

この段階に行く前に、まずは「右側」「左側」がわかっているかどうかを試してみてください。
子供って、意外とわかってないんですよ~。
「う~んと・・・こっちが左かな~」というようなレベルなら、まだ理解できていないということです。
即答できるぐらいにならないと。

次に、2人で鏡の前に立って練習してみましょう。
ママや子供が手を上にあげて「どっちの手?」と問題を出し合う。
これが即答できるようになったら、今度は子供の前にママが立って練習。
そしてやっと、ペーパー問題です。

でも実は、これだけではまだ完璧ではないんです
「みぎ・ひだり」の問題というのは、いろんな向き&形の手の絵がたくさん描いてあって「左手はどれでしょう?」というような問題が多いですよね。
ここで利用するのは、「四方からの観察」なんです。
これって、意外な落とし穴ですよね~

「いろんな方面から手を見たら、こんな形になる」ということが理解できていないと、全く問題が解けません…。
前に書いた「幼児教育とは…」でも少し触れましたが、「平面」で描いてあるものを「立体」として見る力が重要なんです。
積み木・ぬいぐるみ・ポット・カップ・・・など、いろんな物で練習してみましょう。
もちろん、実際に物を置いてやってみてくださいね。
ペーパー学習は、その後です。

「手のみぎ・ひだり」については、ママが実際にやってあげましょう。
ママの手をいろんな方向から見させて、慣れてきたら形もいろいろ変えてみてください。

焦らずゆっくり、やさしい気持ちで~
ママがピリピリしてはダメですよ


 最後まで読んでくださってありがとうございます
↓ ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです
人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加