賢い子に育てたい! ~家庭学習で中学受験2018~

中学受験に向けての学習や日常の些細な出来事など、いろいろ書いていきます。

首都圏模試「第4回 統一合判」成績速報

2016年12月07日 | 中学受験
この前の日曜日に受けた「統一合判」は、微妙な手応えでした
問題を見てみると、全体的に難しい印象…。
息子は相変わらず国語と社会の点が取れず、算数では勘違いでのミスがあり、今回はかなり下がりそうな予感がしていました。


先程、前回の成績を確認しようとHPを見てみたら、明日公開予定の今回の成績速報が既に出ていました
早速見てみると、平均点がすっごく低い
やっぱり難易度が高かったようです。
そのおかげで、恐ろしい結果にはならず一安心。

理科>75>算数>3科>70>4科>2科=65>社会>60>55>国語

3科と4科は、前回とほぼ同じでした。
社会は目標の60をクリア
算数は変なミスをしてしまったのに、意外と良くてびっくり。
理科は自己採点通り1問ミスでした。

そして、あまりにも酷かった国語…。
過去最低の成績でした。
解答用紙が返却されてみないとわかりませんが、どの問題を落としているのか気になります。
もし読解問題が出来ていなかったら、対策を練らないといけません。
この点数だと、いつものように「漢字・語句」のせいではない気が…。
読解問題も結構落としているはずです。
ここのところ順調だったので、ちょっと残念
どういう問題を落としているのか、返却されたら分析してみます。

そうそう、算数の勘違いでのミスというのは「選挙」の問題でした。
こういう問題を今までに解いたことがなかったのも原因なのですが、実体験が1番の原因です。
息子の小学校のクラスでは、誰かを選ぶ際に立候補者は投票をしないらしいのです。
その為、息子はこの問題で、立候補者の3人を除いた人数で解いてしまいました。
問題文には「クラス全員が投票する」と、ちゃんと書いてあるんですけどね…。
これで15点も落としてしまいました
でも、次回からは間違えないでしょう。(笑)


志望校判定は、第3~8志望は80%でした。
第1志望と第2志望には、まだまだ届きません

・・・国語、頑張ろう





↓ ランキングに参加しています。応援クリック、よろしくお願い致します

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へにほんブログ村

ジャンル:
受験
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 来年度の仕事について | トップ | 久々に叱りました・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最高水準ノートについて (保護者)
2016-12-08 12:30:38
小4女子です。
最高水準ノートをウチもちょっと前までやっていました。
評判が良いので。あれはあれで、良いものだとは思うのですが、あれだけをやっていると、一時期、国語のテストが以前よりも出来なくなってしまいました。これが原因だとはっきりしているわけではないのですが。最高水準ノートの内容は結構偏ってますから通常の問題を解くコツを忘れてしまっていたような気がしました。よって他の問題集に切り替えました。すると、徐々に復活しました。たまたまかも知れませんが、最高水準ノート一辺倒は良くないのかなと判断しました。どう思われますか?
保護者 様 (kotetsumaman)
2016-12-08 15:58:52
初めまして。
コメントありがとうございます!

なるほど!
最高水準ノートは、確かに偏りがありますよね。
他のタイプの問題集も並行して進めた方が良いのかもしれません。

実は昨夜、模試の国語の問題を解いてみました。
そして、息子がミスしているであろう問題と照らし合わせみると、語彙力を必要とするものをほとんど落としていることがわかりました。
最高水準ノートで鍛えたようなタイプの問題は正解していたので、やはり違うタイプの問題演習もやっていく必要があるようです。

先ずは語彙力…。
どうにかしないとです

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。