こたとら

2008年5月18日に我が家にやってきた仔猫「こたろう」と「とらまる」の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ移転のお知らせ

2008-06-30 01:59:20 | こたとら
ブログを移転することにしました。

新しいブログのURLは下記になります。
申し訳ありませんが、ブックマークのご変更をお願い致します。

http://kotatora.blog116.fc2.com/


こちらの過去記事はコメントごとごっそり引越し済みです。
旧ブログでのコメ欄の絵文字は新ブログでは表示できませんので削除させて頂きました。何卒ご了承下さい。


以上、お手数をおかけしますが何卒よろしくお願い致します。

この記事をはてなブックマークに追加

しつけ問題

2008-06-27 16:52:26 | こたとら
昨日、しつけ対策第2弾として、新聞紙を丸めたのを作ってみた。
これで、きゃつらがテーブルに登ったときにテーブルを叩いてびっくりさせ、テーブルに登ると嫌なことがある、と学習させる寸法である。

そうこうする間に、早速テーブルに登るこたとら兄弟。飛んで火に入る夏の虫。
バシコーーーン!!!とテーブルをぶっ叩く。叩く。叩く。叩く。
・・・・・・・・・。

きかぬ!きかぬのだ!!© ラオウ

てんでテーブルから降りやしない。

ていうかね。もう、ビクビクッて目をつぶるこたろうの姿を見て、胸がすごく痛んだ。何、この、バイオレント・マザー。

ごめんね!もうしないよ!!(TдT)

と、こたろうをよしよしと抱っこした。しつけの真逆をいってしまっている。
一方とらまるは、目を丸くしてキョトーンとしていた。そういうやつである。

いい方法はないものか。やっぱ、テーブルに両面テープ?






こたろう、トラブルメーカーのとらまるに激怒。


にほんブログ村 猫ブログへ 人気blogRanking
↑↑よろしければ応援してください↑↑
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

いたずら王ふたたび

2008-06-26 15:09:33 | こたとら
やられた。
夕べのことである。いたずら王とらまるに、ガラス製のキャンディポットを叩き落とされた。しかもご丁寧に二つ。パッシャーンとはじけ割れ、中身の紅茶が散乱。

お前は今日から破壊王だッ。

腹ぺこで晩飯を食べ始めたばかりのわたしは、泣く泣く箸をおき、とらまるを隣の部屋にぶっこみ、ついでに罪のないこたろうもぶっこみ、後片付けをした。
実は、とらまるがカウンターワゴンに登ってゴソゴソしていたのに気付いていた。が、腹が空きすぎていたわたしは、目前のほかほかごはんと豚シャブを優先してしまったのだ。後悔先に立たず。なので、過失割合は7:3(わたし:とらまる)というところか。でも・・・でも・・・二つも落とすことないやん・・・

というわけで、相変わらず登って欲しくないところに登ってくれるこたとらーズであった。
え?しつけの水シュッシュはどうしたのかって?
実は現在休止中である。なぜかというと、とらまるの真菌症を悪化させる恐れがある為。代替方法として、丸めた新聞紙でテーブルや床をバーン!!と叩くのも効果的のようである。試してみよう。





わ、わたしだってとらまるの味方やもんっ。愛ゆえに!愛ゆえに!


にほんブログ村 猫ブログへ 人気blogRanking
↑↑よろしければ応援してください↑↑
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いたずら王とらまる

2008-06-24 11:08:27 | こたとら
とらまるはイタズラばっかりしてくれる猫である。
本人(本猫?)にはイタズラをするつもりはないのかもしれないが、結果的にもたらされる被害によって、イタズラ認定をされてしまう。
こないだは、炊飯ジャーの中に入っていた。まだ湿ったご飯粒が残っていたのに。いや、これは百歩譲って、ふたを開けていたわたしに非があると言えよう、たとえこたろうが同じことをしていなくても。
また、先日は各種お菓子が詰まったスーパーの袋をくわえてとんずらしようとしていた、中身をぶちまけながら。いやいやいや。これも目に付くところに置いておいたわたしが悪い、たとえこたろうが同じことをしていなくても。

そして最近、とらまる的ブームなのか、台所に立っているわたしに登ろうとする。そんなわたしは開放感を求めてユニクロ特製部屋着ズボン、いわゆるゴムズボンを着用している。
すると、こうなる↓↓(本日は人道的に写真ではなく絵でお送りします)











これを日に5回はやられる。そして、尻に生傷が絶えない。

ジーンズを着用していた場合は、肩まで登りきる。皿洗いをしているときなど、泡だらけの手ではすぐに降ろすこともできず、とらまるはそのままインコよろしく肩にとまり、家事をしている様子をながめている。

そして、仔猫は、兄弟のしていることを真似て育つそうである。
こたろうがその様子を見て、飼い主登りにチャレンジしだしていて――――

お願いします。やめてください。



コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

こたとら劇場-我が身が大事

2008-06-20 16:01:01 | こたとら













ここ2~3日は暑いからか、離れて寝ていることが多い。
本当はこんな感じ。助かる助かる↓↓



とらまるの患部は、皮膚がポロポロと落ちてきており、まだ赤みがある。ましになっている箇所もあるが、全体的にそんなに変化はない。
今のところ、こたろうは無事である。とらまるも耳以外はセーフである。
でも油断は大敵、さらに掃除を頑張る所存である。


にほんブログ村 猫ブログへ 人気blogRanking
↑↑よろしければ応援してください↑↑
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加