コタロウ日記

カメラ初心者の私と、相棒「コタロウ」との散歩日記です。

戸隠にて蕎麦を食らう!

2017年09月17日 | グルメ
8月最後の週末、まだまだ下界は暑かった。
新鮮な空気と、蕎麦を求めて いざ戸隠へ出かけることにした。

外気温20℃。車のエアコンは必要ない。
窓を開けて、ひんやりとした風を感じながら山道を登る。
避暑地とはこういうところを言うのである。
早くもすすきの穂が風に揺れ、秋の気配も感じる。

戸隠といえば、「蕎麦」。
戸隠神社周辺には、人気の蕎麦店がいくつもあり、
開店と同時に、長蛇の列ができる。

早朝から、予約表が店の前に出されており順番に名前を書いておく。
お目当ての蕎麦店で食すためには、遅くとも10時までには到着していたい。

この日は、気合十分に午前9時過ぎに蕎麦店に到着し、早速名前を書く!
すでに2組の名前が書かれていた。

本来の開店時間の11時。この日は、お客様が多いせいか30分繰り上げて10時半に開店となった。
大きな引戸が開けられた。どんどんお客様がやって来る。
20台ほど停められそうな駐車場は、あっという間に満車になってしまった。

早々に入店できた優越感に浸りつつ、延命茶を飲みながら、しばし待つ。



私は、「大ざるそば」に決めていた。
戸隠蕎麦は、ざるに蕎麦の束が並ぶ「ぼっちもり」という盛付けスタイルだ。
普通は5ぼっちのところ、大ざるは8ぼっち盛られており、蕎麦を満喫したい私には最適な量だ。



そして、待ちに待った、つやつやの戸隠蕎麦。




一口食べれば、「あぁ~、これこれ!」と瞬間に何もかもが満たされる。

私は蕎麦を食べるとき、あるルールを決めている。
それは、絶対に残さないこと。
蕎麦はもちろん、薬味もつゆも、ざるに残りがちな切れっぱなしも全部である。
蕎麦湯は、つゆを割ったものも、蕎麦湯のみも楽しむ。

本当に美味しい。

だから蕎麦店は、自分が美味しいと思うお店にしか行かない。


金沢から車をとばして約3、4時間。そこまでしてでも頂きたい蕎麦が戸隠にある。

あぁ、また明日も食べたい … と うしろ髪を引かれながら蕎麦店を後にする。

秋には 戸隠そば祭り が毎年催される。是非ともまた足を運びたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

念願の「ざる」入手!

2017年09月10日 | アルバム
私の大好物 … それは、蕎麦。毎日でも食べたい。
麺類全般が好きで、お昼に食べることが多い。
中でも、とりわけ蕎麦には、そこそこのこだわりと言うか、好みがはっきりしている。

そして、好きな蕎麦は、好きな器で食べたい!



そんな気持ちから、自分専用の蕎麦猪口や、箸置き、薬味用の豆皿などを
ちょっとずつ集めて楽しんでいる。

特に気に入っているのが、写真の二点。
日本の伝統模様 青海波(せいがいは)柄の伊万里焼 蕎麦猪口と、戸隠 根曲がり竹の「ざる」。
そして先日、ずっと前から欲しかった この「ざる」を手に入れたのだ!



戸隠の根曲がり竹を使ったざ「ざる」。
材料も、作り手の後継者も、減少している貴重品。

職人さんの手で、ひとつひとつ細かく編み込まれた 美しい編み目が気に入っている。

蕎麦店に行くと、素敵なざるに盛られていることが多い。
高台のあるものや、深さのあるものなど形は様々だか、いずれも職人さんの作品なのだろう。
なかなか高価なものだったので、今回は、直径20cmほどの平たいものを購入。
またひとつ、お気に入りの蕎麦コレクションが増えた。

大事に、大事に 使っていきたい。
我が家の蕎麦の日も、楽しみになる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏も終わり・・・

2017年09月03日 | アルバム
しばらくぶりの投稿。
前回は「さぁ、夏本番!」と意気込んだものの、
そうこうしている間に、夏は走り去ってしまった…。
そこで今回は、「コタロウの夏ロケ2017」ということで、成果作品の発表にしよう。

午後の越前海岸。
この日は、日差しは強いが気持ちのいい風が吹いていた。
カモメも風に乗って…



長浜タワーと青空。
レトロなタワーの赤いアルファベットと、空の色が好きな組合せの1枚。



琵琶湖は時間や、日の当たり具合でこんな色にもなる。
やっぱり、琵琶湖通いはやめられない!(笑)



コタロウの写し出すブルーは美しい。
OLYMPUSブルーを堪能し、今年も夏の思い出がたくさん撮れた!

先日は三脚を使っての撮影にもチャレンジしてみた。

まだまた、私とコタロウのロケは続くのだ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕空グラデーション 漁船の光

2017年08月06日 | アルバム
福井県には美しい海岸が多い。
この日もお気に入りの海で夕日を待つ。




人はまばらで、日課であろう愛犬との散歩をしている主人が1人通りすぎていった。

いつもより少し明るめの夕空。

薄い雲の白と、空の青色のバランスが気に入った1枚になった。

日が暮れると …



ポツリポツリと水平線に漁船の白い光が増えてくる。

烏賊釣りだろうか、これもまた、夏の風景のひとつだ。

さぁ、夏本番!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空に浮かぶ島

2017年07月30日 | 琵琶湖のこと
水色の空に浮かぶ 竹生島。



空と琵琶湖の境界がぼんやり霞んで、島がぽっかりと浮かんでいるかのようなこの景色。

波もなく静かな琵琶湖でしか見ることは出来ない。

忙しない毎日から離れて、コタロウと出かけるロケ散歩は、最高の楽しみ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加