コタロウ日記

カメラ初心者の私と、相棒「コタロウ」との散歩日記です。

古き良き日本家屋 ~小林古径邸~

2017年11月14日 | アルバム
数寄屋建築家屋の縁側。



こちらは、小林古径(こばやし こけい)邸。

小林古径は高田出身で、大正から昭和初期に活躍した日本画家。

吉田五十八が古径の依頼により設計し、京都の宮大工棟梁、岡村仁三氏の施工で完成した木造2階建住宅。

小林古径邸は、吉田五十八の数寄屋建築として現存する数少ない作品のひとつ。





畳敷きの縁側や、雪見障子など住宅としては贅沢な作りであるが、

その贅沢さを感じさせないほどのシンプルさが心地いい。

襖の厚みも左右で変えるなど、細部にわたり意匠に対するこだわりが詰まった家。

当時の宮大工の高い技術がうかがえる。

そして、小林古径の繊細で優しい画風がとても似合う住宅である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイムスリップ 高田散歩

2017年11月05日 | ちょい散歩
新潟県高田市。

約400年前に、松平忠輝公により高田城が築城され、お城を囲むように町が作られた。

メインストリートには北国街道を通し、問屋や商店、旅籠が建ち並び賑わったという城下町、高田。

加賀の前田氏も190回の参勤交代のうち、
181回は金沢→高田→信濃→江戸のルートを通ったと言われている。

江戸後期の町屋や寺院などの建物も残っており、国登録有形文化財に指定されているものもある。

その空間は、タイムスリップしたかのようである。







これらは、ほぼ当時のままのもの。

町屋の多くは、奥行きが長く、大きな吹き抜けがある。

艶のある石畳や、土間の凹凸を目にすると、長い時間が過ぎたのを感じる。

想像ではあるが、ここで営まれていた生活が思い浮かぶ。

まだまだ見所がありそうな高田。

次回へつづく!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぶらり 海津散歩♪

2017年10月21日 | ちょい散歩
なかなか、秋晴れに恵まれない日が続いている北陸。

コタロウとの定番スポット海津へぶらり散歩へ。

桜並木の葉も、少しずつ色づいています。



この日は風があったので、湖面は少し波立っていましたが

いつもと変わらず静かな風景・・・。

地面にも赤い葉っぱが、ちらほら落ちていました。



これから、紅葉本番を迎えますね。

いろんな季節を見つけたいですな!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コタロウ リニューアル!

2017年10月13日 | 日記
日曜の午後。10月にしては、暑い1日だった。

カフェで一息。テラス席は予想以上に日差しが強い。

たまには、こんなのもありか(笑)

飲み物を待っている間、師匠にコタロウのプロフィール写真を撮ってもらった♪




めちゃめちゃイカしている!カッコいい!

まるで、田舎者の素人がプロにスタイリングとメイクを施されたかのよう。

師匠の写真を見て、あぁ、こんな風に撮れるのか~と感心するばかりだ。

なんだか、コタロウに申し訳なくなってきた … (^-^; が、

コタロウと焦らず、思い通りの写真が撮れるように頑張るのだ!(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鏡池 休日の過ごし方

2017年10月01日 | 風景
今回は、またまた戸隠の巻。

戸隠に来たときは必ず立ち寄る 鏡池


戸隠神社の奥社と中社の中間にある静かな池だ。

その名の通り、水面に鏡のように映り込む景色が美しい。

この日もますまずの映り込み具合。





紅葉の時期ともなれば多くの人が訪れる。



この日は、写生を楽しむ年配の方々が数人いた。

手段は違えど、景色を存分に楽しめたのは、私とコタロウも同じだ♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加