薔薇騎 麻衣  一人語り集

一人語りで川柳やつぶやきで日常の事を書きます。
今はカメレオンになりたい。
自由に色を変え染めてみたい。。

<私は もう そこにいない。パート3> 「燃え尽きて 夏は終わりか 蝉の穴」蝉川柳

2017年08月13日 06時41分42秒 | 団塊世代









土のあるところ 蝉の穴だらけ。

コンクリートジャングルの都会でも

土があれば そこから生まれる。


「燃え尽きて 夏は終わりか 蝉の穴」


        薔薇騎 麻衣  著



わずか一週間に 燃えて燃えて

全エネルギーを使い果たし

何もなかったように去って行く。

何が使命なのか。

蝉の一生プログラムは。

暑い中に 蝉はうるさいほど 自分のエネルギーを使い切る。

たった1週間の命に。

『ポエム』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« < 涼しくて 美味しい湧き... | トップ | 『いつまでも あると思うな... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む