雪浦だより

自然豊かな雪浦での暮らし

雪浦小学校 恒例のケーナづくり。

2016年10月16日 | 雪浦小学校

雪浦小学校には、小規模校だからこその特徴的な学びがあります。その一つが、ケーナづくりです。15年以上前から、地元の川添成行さん(川添酢造さんのご主人)のご指導のもと、ケーナ作りからケーナ演奏までの活動を、授業に取り入れています。

10月12日、川添さんと2人で9人の5年生のケーナづくりに行ってきました。

川添さんは、40年ほど前から、ケーナという竹の笛を吹き続けている、笛の達人です。フォルクローレグループ「スマンドス」のリーダーでもあります。

まず、用意した竹に、キリで穴をあけていきます。

その穴を川添さんが大きくしてくれます。

一音づつ音を合わせていきます。

この日は、長崎ケーブルテレビの取材がありました。26日に放映予定です。

マイケーナが」出来上がりました。これから、子どもたちは、川添さんの指導を受けながら、年間を通して練習を続けます。雪浦ウィークでは、路上演奏をし、たくさんのお客さんに、聞いてもらいます。

このような貴重な体験を通し、子どもたちは、たくましく成長していきます。
これは、雪浦小学校の特徴的な活動の一つです。
少人数な学校だからこそ、このような活動がつづけられています。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マルシェdeあんばんね 10月2... | トップ | 雪浦の真光寺 鐘つき堂 建... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL